大学の若大将

2014年12月20日 土曜日

杉江敏男監督、加山雄三主演の1961年の映画「大学の若大将」。
若大将シリーズ第一作。
何故かBSジャパンで「土曜の若大将」として、毎週土曜日に全若大将シリーズを放送するらしいので、名前は良く聞くけれど見た事は無いので見てみる事にした。

京南大学の水泳部田沼雄一は、皆から若大将と呼ばれていた。夏休みに学費をバンドの楽器購入の為に使ったり、家業の牛鍋屋の良い肉を持って行ったりしたので父親から勘当される。色んな所でアルバイトしたり、色んな女性に引っ張りだこで、大学生活を謳歌する話。

話は、恋愛を交えた友情物語等、分かりやすい青春映画で大しておもしろくはないけれど、もう五十年以上も前の映画なので当時の風俗やこの時代の普通が分からず、どこまでが映画の虚構内のぶっ飛んだ設定なのか、この時代の現実に近い誇張なのかがピンと来ずに、ずっと不思議な感じだった。
主人公田沼雄一の設定も、今なら野球部やサッカー部のエースが王道なんだろうけれど、水泳部のエースが主人公って当時はカッコ良い部活だったの?ってのがまずあるけれど、その水泳部だからという設定が活かされた場面もあんまり無いので、水泳部という意味がいまいち分からないまま。家が老舗のすき焼き屋って笑かしの要素なのか真面目な設定なのか、今だと特殊過ぎて「何故?」となるけれど、当時だとすんなり受け入れられたのだろうかも分からない。あだ名も、まだ老舗の跡継ぎだから「若大将」も分かるけれど、大学生で「若大将!」と仲間内から呼ばれていたら完全にいじられているお笑い担当の子になると思うのだけれど、この時代は「若大将」でもカッコ良い奴だったのだろうか?
それに田中邦衛が何で「青大将」と呼ばれているのか、いまいち意味が分からない。田中邦衛の役柄としては不良側なのに、毒も無い蛇のあだ名で呼ばれても気にしないって何なのだろう?
大学でダンスパーティーをしているのって、当時のアメリカ映画のプロムに憧れて開催してみたのか、真似しているだけで現実には無かったのかも特に描写が無いので分からないまま。

五十年も前の映画なので時代性で今とズレを感じるのはしょうがないにしても、老舗のすき焼き屋が人が来ないからって、大学生の思い付きで近所で流行っているステーキ屋みたいにしてバーベキューを出したり、バンド入れてダンスホールみたいにしたら繁盛した…って、流石に駄目でしょ。当時の「古いモノは駄目なモノ。新しいモノが良いモノ。」という時勢が色濃く出ていて、「あ?あ…」と項垂れた。老舗の店なら今でも残っているだろうけれど、こんな店だとすぐさま潰れそう。
時代を感じるのは皆の喋り言葉もそうで、皆が江戸弁的な感じで、特に歳取った人は江戸弁なので落語を聞いている感じで物凄く古い世界に思えてしまう。田沼雄一の祖母役の飯田蝶子は19世紀生まれだし。

女性に対して余り興味を示さない風の男前は絶対的正義であり、男前ではないからこそ女性にガツガツ攻める男は悪者って、今でもそうだけれど、まあ典型的な類型で普通過ぎて面白味は無い。加山雄三が星由里子に対して「僕はあんまり女の子には興味は無いんだ。」と言ったので、まさか「実は僕はゲイなんだ。」と告白するかと思ったけれど、この時代の青春映画では当然ありえないか…。

だけれど意外だったのは、結構今でも使う様な言葉をこの時代から使っていた事。「お腹がぺこった。」とか、「プライベート」とか、今でも使う様な表現を使っていたのは驚き。特に「MMK(もてて・もてて・困っちゃう)」なんて、少し前に急に出て来て廃れた馬鹿みたいな言葉「KY(空気を読めない)」と同じじゃん。当時から女子大生や女子高生の頭の悪い感じは大して変わっていないって事か。

加山雄三はまだ24歳で若くてカッコ良い。この時の写真と今の加山雄三を見比べると別人にしか思えない。カッコ良いけれど、気になるのは胸毛。胸の谷間に一直線に胸毛が生えていて、凄い気になるし、見た目が気持ち悪い。水泳部なので泳いだ後の胸毛は、濡れて更に一直線で気持ち悪さしかない。何で誰か「剃るべき!」と言い出さなかったのだろうか?
ヒロイン役の星由里子はやっぱり可愛い。ただ、他の若い女優もそうなのだけれど、この時代特有の変な喋り方で演技は上手くは見えない。

この映画、加山雄三の役が立っていてシリーズ化されたのも分かるけれど、話は色んな事詰め込んだ割にどれも出来過ぎでおもしろくない古い青春映画の典型。この後の青春テレビドラマになるとぶっ飛んだ事して、真面目にしているのにコメディでしかなくなって、そっちの方がおもしろいけれど、この映画はそこが突き切らないのでコメディとしても中途半端。

☆☆★★★
 
 
関連:銀座の若大将
    ハワイの若大将
    海の若大将
    エレキの若大将
    歌う若大将
    レッツゴー!若大将
    南太平洋の若大将
    ゴー!ゴー!若大将
    リオの若大将
    フレッシュマン若大将
    ニュージーランドの若大将
    ブラボー!若大将
    俺の空だぜ!若大将
    若大将対青大将
    帰ってきた若大将

« | »

Trackback URL

Leave a Reply