日本製のDVD-Rって、もう無いのか…

2017年12月16日 土曜日

これは習慣だと思うけれど、色んなデータの保存はディスクメディアに頼って、余りフラッシュメモリは保存用には使っていない。
ディスクメディアとフラッシュメモリだとどちらが寿命が長いのかはよく知らないけれど、ディスクメディアの方が持つ様な印象。
それにテレビ番組を書き出して保存するには、BD-Rしか選択肢が無いし。

で、パソコンに溜めたデータの保存方法はDVD-Rって決めていたのだけれど、結構前に手持ちのDVD-Rが無くなったので新しいのを買おうと日本橋に行ってみたら日本製DVD-Rが全く売っておらず、何だ?と思いインターネットで調べてみたら、日本製DVD-Rが高騰していてビックリ。
どうやら唯一の日本製だった太陽誘電が2015年末で光ディスク事業から撤退したそうで、もう日本製DVD-Rが無いと知り、どうしようかなぁ…?と思案。

とにかく、色んな電気店等を回ってみる事にしたら、リサイクルショップでユニフィーノという会社の日本製と書いてあるDVD-Rを見つけたので「ラッキー!」と思い購入。
しかし、家でそのDVD-Rで焼いてみたらやたとエラーを吐き出し、最後まで真面に書き出し終えないし、書き出しても読み込まないとか、まあ使えない。

仕方が無いので他にも探し回ってみたら、家電量販店で50枚入りのスピンドルタイプの日本製DVD-Rを発見。
外の包装が結構ボロボロになっていたので、大分前に入荷はしたものの売れる事無く残っていたらしい。
TDKの日本製なので買って、家で焼いてみたら問題無く書き出せたし、読み込みも問題無し。
これで、多分一生分で使うDVD-Rは確保出来たので一安心。

しかし、これからのデータ保存って、何の媒体が一番良いのだろう?
やっぱり、外付けハードディスクに保存なのかなぁ?

女芸人No.1決定戦 THE W

2017年12月13日 水曜日

女性の芸人で争う「女芸人No.1決定戦 THE W」が放送していたので見てみたけれど、これはどの賞レースの中でも酷く、最低レベルの番組だった。

何より、観客が酷い。
一組目のはなしょーの時点から、まだ何も面白い事も言っていないのに「ぎゃはは」と大きな笑い声。
ちんこ謎かけの家元紺野ぶるまのネタなんか特に、まだ振りの面白い事言っていない時から大爆笑で、出ていた芸人のネタを殺しまくるし、芸人を殺しまくる観客が最低。
一組目の始まった時点で観客のわざとらしい笑い声しか気にならず、見る気が一瞬で失せた。

更に、”芸能人”の審査員がいるのに他の観客と同等の一票しか投票しなかったり、審査員の感想も真面に聞かないし、そもそも何でこの人?な審査員の顔ぶれで、「M-1グランプリ」「キングオブコント」「R-1ぐらんぷり」に並ぶ大会にしようとする意図があるはずなのに、審査員とその扱いが微妙過ぎる。まだ爆笑レッドカーペットなら分かる面子。
それに投票と結果発表も一番の見せ所なはずなのに、ヌルッと何時の間にか投票開始して、ヌルッと何時の間にか投票終了して結果発表という下手糞過ぎる演出だし。

それに微妙なのは大会自体も。
何人か「M-1グランプリ」や「R-1ぐらんぷり」に出ている人がいたけれど、特に出場制限の無い「キングオブコント」や「R-1ぐらんぷり」に出ていない人達が多数という時点で、この大会がどの程度かは分かってしまう。
女芸人という括りは分かるけれど、そう言えば最近はしっかりしたネタが受けて、テレビ番組の司会を何本もしているという女芸人っていないよなぁ…。山田邦子の次って生まれていないのかしらん?
「女芸人No.1決定戦 THE W」なのに司会はチュートリアルの徳井だったし、審査員も女性多めではあったけれど全員女性でもなかったし、「女芸人」を押し出すなら司会も審査員も全員女性でよかったのでは?と思うのだけれど。

あと、どんだけ松本人志に頼るんだ。
「M-1グランプリ」も「キングオブコント」も「IPPONグランプリ」もやっているのに、更にこれもって、もう日本のテレビのお笑いの大会は松本人志がいないと成立させられない程自分達ではどうしようもないと思っているのだろうか。
「女芸人」なんだから山田邦子とか、上沼恵美子とか、ダウンタウンの同期のハイヒールでいいじゃん。

今年の「M-1グランプリ2017」でもオール巨人が観客の良過ぎた反応に触れた位、観客が酷かった部分はあったけれど、この「女芸人No.1決定戦 THE W」はそれ以下の最低だったな。
そもそも、この「女芸人No.1決定戦 THE W」を製作・放送した日本テレビは芸人殺しとも言われている「エンタの神様」の局なので、この程度の番組にしかならなかったのかもしれないけれど、それにして酷いお笑いの大会だった。

M-1グランプリ2017

2017年12月06日 水曜日

第一回目から見てはいるし、去年の「M-1グランプリ2016」の最終決戦は非常におもしろかったけれども、何でか段々と見る前のワクワク感が無くなって来た「M-1」。
今年は特に、録画した「M-1」を見る前にボッーとしていてインターネットのニュースを開いてしまい、優勝したのがとろサーモンだと知ってしまってから見たのでワクワク感は一切無しになってしまう失敗を犯してしまった。

それでも今年は微妙。
始まりから、煽りのビデオが煽り過ぎだし、長くて白けまくりで、その漫才にかける熱意で大会を盛り上げようとするのは分かるけれど、非常にうっとおしい。
ご飯を食べながら見ようと思ったら、その煽りが長くて一組目のゆにばーすの漫才が始まるまでに三十分位もかかり、一組目が始まる前にご飯を食べ終えてしまったし。

で、漫才はジャルジャル以外はどの組もおもしろかったけれど、わたしはとろサーモンは一本目も二本目もそんなに。
かまいたちスーパーマラドーナの方がおもしろかったし、かまいたちは「キングオブコント」でのコントよりも今回の漫才の方がおもしろかった。
最終決戦も、やっぱりとろサーモンはそんなにで、走り過ぎた感じはしたけれど、わたしはミキが一番おもしろかった。

2015年に五年振りに復活した「M-1」だけれど、やっぱり構成や審査員はいまいち…。
今回は出番順が一組ずつくじで直前に決まる方式に急に変更になっていたけれど、これはいらない。
見ている方にとって、「次ぎは誰かな?」でワクワクなんかしないし、むしろ出る漫才師にいらない緊張感を与えるだけじゃないの?
一回一回くじを引くのも時間を取るだけで間延びしてつまらないので早送ったし。

それに審査員も、復活した2015年の時は審査員全員が過去の「M-1」優勝者だったのが、2016年にはベテランの漫才師、元漫才師に変更し、その顔ぶれが5人だけで関西勢ばかりだった事に対する批判があったのか、今回はその5人に春風亭小朝と渡辺正行という関東勢も入れているんだけれど、何故落語家とコント師?
別に二人が駄目でもないし、立場的にも審査員でいいのかもしれないけれど、漫才の大会なんだから審査員も漫才師の方が説得力があると思うのに。
まあ、そもそも関東のベテラン漫才師って、あんまりテレビに出ていないので視聴者に対する知名度の問題もあるのだろうけれど、漫才協会の会長青空球児とか、多分受けないと思うけれど爆笑問題の太田光とか関東の漫才師がいたらと思うのに。
ダウンタウンと爆笑問題が審査員として共演しているだけでも見所なのに、二人の採点が組によって相当差が出たりしたらおもしろいんだけれどなぁ。
ウッチャンも良いじゃんと思うんだけれど、ウッチャンは「にちようチャップリン」でお笑い王決定戦してるから駄目か。
じゃあ、ブッチャーブラザーズのぶっちゃあさん。

以前の「M-1」で構成や審査方法も完成したはずなのに、復活後三回で構成や審査員も毎回変えてしまうって、作り手側が今の「M-1」に相当マンネリ感を感じてしまっているのだろうか?
単に去年の「M-1」の視聴率が13.5%でいまいちよくなかった事に対する対策なんだろうけれど、このグラグラした感じは本当に不必要。
ここまで大会が大きくなったから、あーだこうだ言われるし、見る方も構えてしまうので、それこそ漫才・コント・ピンネタを若手・ベテラン混じって争っている「にちようチャップリン」のお笑い王決定戦位の適当さの方が楽しく見れるのだけれどなぁ。

タイタンフォールの実績全て解除出来た

2017年11月25日 土曜日

タイタンフォール」をワンコインで売っていたのを買って来たのが、ほぼ二年前だったけれど、それ以来時々やっていて、最近はXbox Live ゴールドメンバーシップが切れても更新せずにいたので、オンラインでしか遊べない「タイタンフォール」をしていなかった。

しかし、先日中古屋で見付けた「モンスターハンター」はパッケージ内に一ヶ月ゴールドが付いているので、「中古品なので、もう既に前の人がゴールドのコード入れて使っているだろうなぁ…」と思いつつも安かったので買って来てコードを入れてみたら、まさかの未使用でゴールドになった。

ゴールドになった時の何時もの「タイタンフォール」を久々にしてみたら、やっぱりおもしろい。
Xbox360版でも時間帯にもよるだろうけれど、「消耗戦」は遊べるだけの人がいる。

わたしはパイロットは10世代まで行き、全プレイ時間も10日を越えていて、実績もほとんど解除していたのだけれど、唯一、「緊急脱出中のパイロットをプラズマレールガンで倒す」という「もっとやれ!」だけが残ったままだったのが気になっていた。
「撤退戦中に単独でパイロットを全滅させる」実績「キル・ゼム・オール」は難易度的に高いみたいだけれど、わたしはマッチングして入ったら目の前に敵が出て来たので倒したら解除されてしまった。どうやら、たまたま1対1でやっていた所にわたしが入り、たまたま撤退戦の時で、たまたま相手を倒せたという幸運だった。
その「キル・ゼム・オール」よりも「もっとやれ!」が難し過ぎ。
プラズマレールガンは発射から着弾するまでが時間があり、地上にいる兵士やスペクターでさえプラズマレールガンだと外す事があるのに、緊急脱出中のパイロットは動き続けているので、まあ当たらない。
離れた場所から狙っても当たらないし、パイロットはクローク状態になって見えないし、動きの予測出来る真下辺りから狙おうとしてもニュークリア・イジェクトを付けている人が多いので真下まで近付けないしで、全然当たらない。
それが、たまたまニュークリア・イジェクトを付けていないタイタンに近付いて破壊出来、緊急脱出中のパイロットが上から素直に下に落ちて来たのでプラズマレールガンを発射したら見事に命中。二年越し、200時間以上かかって実績解除。
普段なんて黙々とゲームしているのに、この時は大きな声で「やった!」と無意識に声を出してしまっていて、気付いたらガッツポーズまでして喜んでいた。

これで「タイタンフォール」も終われるけれど、まだチャレンジが幾つか残っていて全てをクリアしておらず、「タイタンフォール」は相当、多分一番にはまったFPSなので、ここまで遊んだのだからチャレンジを全てこなす完全クリアまでやるべきなのかな?と思いつつ、こんなにおもしろいゲームなのにオンライン専用だと時間が経つにつれて人が減ってしまい、何時かは遊ぶ事もならないゲームになってしまうのか…と思うと、もったいない気しかしない。
「タイタンフォール」のDLCは無料になったし、ゲーム本体も中古屋に行くと今だと500円以下になっているし、シングルプレイがないのだから「Games with Gold」で無料にするとか、そもそもオンライン専用なんだからゴールド会員向けに無料にすれば人が沢山来てやりがいもあるし、「タイタンフォール」のゲームとしての寿命も延びるのにと思うのだけれど。
既に「タイタンフォール2」は発売されたので、「タイタンフォール3」が出る時に販売促進の為の宣伝に初代を無料開放にしないかしらん?

自転車のライトを盗まれた

2017年10月25日 水曜日

自転車をとめて、古本チェーン店に入って10分も経っていなかったと思うけれど出て来て、何時も通りに自転車の鍵を外して、後方のライトを点灯させて、前方のライトをつけよう…と思ったら、ライトが無い!台座はそのままでライトだけが無い。
直ぐに盗まれたと気付き、やり場の無い怒りが湧いたけれど直ぐに引き、何とも思わなくなってしまった。
「大阪だもんなぁ…」と。
人口当たりの犯罪発生率が一位の犯罪都市大阪ではこんな事はよくある事なんだろう…。
ますます大阪が嫌いになった。

分からないのがライトを盗むクソ馬鹿。
自転車のライトって統一規格みたいのが無いはずで、ブラケットとライトを合体させる部分は会社やライトの形によってバラバラで、ブラケットが違うとはまらないだろ。
ライトだけ盗んでどうするつもりだったのだろう?

望むらくは、わたしの使っていたライトは元々構造上難ありで、電池を交換する時にはカバーを外してその中にLEDのライト部分と電池を入れる部分がくっ付いて入っており、それを取り出さなくてはいけないのだけれど、引っ張り出すにはLED部分を持つしかないのにLED部分を持って引っ張ると電池を入れる部分から取れそうになってしまうので何度かボンドで貼り付けていて、電池を入れる部分のすき間に細い物を差し込んで引っ張り出すという方法じゃないとLED部分が千切れてしまうので、それを知らない窃盗犯は電池交換する時にLED部分を無理矢理引っ張って見事に壊れてしまっていて欲しい。