Sponsored Link

ネットにはアメコミの色んな話が落ちているなぁ…突っ込みたい!と言う話

2017年06月16日 金曜日

いや、中々酷い記事を見た。
この「アメコミ作家の研究 その1 アレックス・トス Alex Tothhttp://www.sanspo.com/otacul/news/20170614/otc17061414310002-n1.html)」という記事。

時々アメコミ関連の権威らしい人のアメコミのヒーローモノをよく知らない人向けの記事って、アメコミのヒーローモノをちょっとだけ知っている人からも突っ込み所が多い事が多いけれど、この記事なんか正にそう。
一々突っ込んで行く所多過ぎ。ウズウズと突っ込みたくなってしまったので無謀にも突っ込んでみる。

まず、現在マーベルの公式サイトでも「マーベル」表記なのに、今だに「マーヴェルコミック」表記。しかも「コミックス」の「」を付けていないし。「DCコミック」も同様。

~米国でのアメコミ出版物のビジネスは低調で、~」と書いているが、いやいや、ちょっと調べれば分かる事なのに「1990年代のバブル的ブームが弾けて売り上げが落ち込んだけれど、2000年代になって徐々に回復し、最近ではそのバブル期以上の売り上げになっている(Comichron Comic Book Sales by Year)」という事も調べずに勝手な先入観で書いているじゃん。

その日本でのアメコミ出版物の人気だが、これも決して高くはない。だがそれは米国のように「刊行されているが売り上げ低調」なのではなくて「刊行されていないから売り上げがない」という状態。」と言うのも本気で知らないのか、それともその結論ありきなのでとぼけているのか?
日本語翻訳版はここ何年も、ShoPro Booksヴィレッジブックスから何冊も出版され続け、最近では毎月10冊弱出版されている第何次かのアメコミ翻訳本出版ブーム真っ最中。
しかも、映画の効果もあってか以前に比べて期間も長いし、翻訳冊数も半端無い状態って事も、アメコミの日本での現状を書いているのに本気で全く知らなかったら余りに間抜けだし、やっぱりこんな現状を無視しても結論ありきなのかしらん?
この現状を知っていても、それでも「刊行されていない」と言っているのか、それともShoPro Booksやヴィレッジブックスに儲けさせたくないから「刊行されていない」事にしているのかしらん?

アメコミの制作手順とは、ストーリー(原作)、ペンシル(下書き)、ドローイング(ペン)、カラーリング(着彩)、レタラー(吹き出し文字)、カバーアート(表紙画)などが~」と書いているけれど、普通は、「ライター(原作)、ペンシラー(下書き)、インカー(ペン・線入れ)、カラリスト(着彩)、レタラー(吹き出し文字)」と役職名で紹介するか、行程なら「ストーリーやプロットを作る(原作)、ドローイング(下書き)、インキング(線入れ)、カラーリング(着彩)、レタリング(吹き出し文字)」だよね。行程と道具と役職名が混ざっていて何を指しているのか分かり難い。
「知らない日本人向けに分かりやすく…」と言う事なんだろうけれど、何故大手の新聞記事で普通は使わない独特な呼び方するんだろう?流行らそうとしているのかな?

この記事の一つの結論として「まず根本的な問題として「作家ブランドの確立」がある。」と書いていて、どうやら日本の漫画の様に原作者や漫画家と漫画作品が繋がって認知されないとアメコミは売れないらしい。
だとしたらライターやペンシラーがよく変わるオンゴーイングは翻訳版出しても売れないという事になるけれど、ペンシラーが変わっている「New Avengers(Vol.1)」の翻訳版「ニューアベンジャーズ」シリーズは何故最終巻まで翻訳版が出版されたの?と言う話だし、ライターもペンシラーも違うデッドプールの様々なシリーズが出版され続けているのは何故?と言う話だし。

それに疑問なのが、今の日本でアメコミのヒーローモノを売り出すという話なのに何故アレックス・トスを出して来るのかも分からない。
アレックス・トスの作品を今出版すれば売れるって事?
今の「デップー!!」とか「俺ちゃん!!」と言って喜んでいる世代や、「DC:リバース」を翻訳本で出そうとしている現在の翻訳状況でアレックス・トスの本出してもどれだけ売れるんだろうか?と思うのだけれど。
前2ページと後ろのアレックス・トスを紹介する2ページは関係が無いのかもしれないけれど、だったら初めの日本どうこうの話は何?と言う話だし。

この「アメコミ作家の研究」が「その1」だし、この「その1」で日本でのアメコミ状況に言及しているから、今後は「ニューアベンジャーズ」シリーズが最後まで出たという事は日本でもそれだけ売れた、人気があったライターのブライアン・マイケル・ベンディスのどういった所が日本でも受けたのか?とか、「バットマン:梟の法廷」から始まる「Batman(Vol.2)」の翻訳版が今でも続いているのは、ライターのスコット・スナイダーやペンシラーのグレッグ・カプロの何が日本でも受けたのか?とかのアメコミ作家の研究になるんじゃないかと期待しているのだけれど。どうなんだろう?
 
 
この記事の著者の高橋信之と言う人、元々わたしが日本のアメコミ解説者?批評家?の人達を詳しく知らないので検索してみたのだけれど、この人のアメコミ関連の記事はほぼ見つからなかった。
出て来たのが「『バットマン』より強大だった『ドラゴンボール』。実は貧弱だったアメコミ市場http://blog.freeex.jp/archives/51501404.html)」という記事だったけれど、こちらも突っ込み所多過ぎ。

アメリカでのコミコンはサンディエゴのコミコンとニューヨーク・コミコンの「二つだけです。」と言い切っているけれど、ちょっと調べただけでも40イベントあったんですけれど…(List of comic book conventions
じゃあ別にシカゴ・コミコンとか、ボストン・コミコンが、あるわけじゃないんですね。」と言う問いに対しての「二つだけです。」と言う返答だけれど、シカゴでも「Wizard World Chicago」は前身のイベントは1970年代から開催され、「Chicago Comic & Entertainment Expo」といったコンベンションはあるし、ボストンでは正に「Boston Comic Con」が開かれているんですが、この人本当に専門家なの?

今はシーズンを分けて二つやってるんですよね。」と言うのも意味不明。
コミコン・インターナショナル(サンディエゴ・コミコン)は非営利団体のコミコン・インターナショナルが運営していて、ニューヨーク・コミコンの方は営利団体のReedPOPが運営している別イベントじゃん。

それにこちらでも「アメリカでも面白いのは、アメコミの市場ってあまり変わってないんです。部数も落ちてるかもしれない。」という意図的な嘘なのか、本当は調べも何もしていないのに知ったかしているだけのか分からないけれど、こんな事言っているし。

バットマンも全世界のライセンスを合わせても5~60万部ですよ。」とも言っているけれど、これも事実とは違う。
Diamond Comic Distributorsの2016年の売上上位だけをざっと見ても、バットマン・フランチャイズで300万冊越えていますけれど…。

マーベル・スタジオは映画の製作がメインの会社ですね。「マンガがあってもいいよ」ぐらいです。」って、マーベル・スタジオズとマーベル・コミックスは別会社だけれど、マーベル・スタジオズの人間って映画がヒットしているからそんなにコミックスに対して尊敬の無い態度なの?
ケヴィン・ファイギとかの発言はサービス・トークで、何処かでコミックスを見下した発言していた?これって、この人の単なる妄想でしょ。この発言って、マーベル・スタジオズの人に対してもマーベル・コミックスの人に対しても相当失礼な発言。

この高橋信之と言う人、「日本ではアメコミが売れていないのではなく、刊行されていない!」、「アメリカでもアメコミは落ち込んでいる!」と言う事実とは違う前提の話ばかりで、「日本の漫画・アニメ凄い!アメコミ大した事ない!」という信仰にも近い前提ありきで、ちょっと調べればこんなわたしでも分かる事実も無視のよくあるアレ。
こんなわたしみたいな雑魚のグダ話よりも、権威のあるアメコミ研究家さん突っ込んであげて…と思ったり、思わなかったり。

Xbox 360のAC アダプターが限界

2017年05月22日 月曜日

この週末の19~21日、日本だと20~22日辺り?は Xbox Liveが無料開放だったので、もう何ヶ月もゴールドにしておらずマルチプレイもしていなかったので、久々に「タイタンフォール」をやろうと思った。

以前から中古で買った Xbox 360 SのACアダプターから大きなファンの音が聞こえ始め、ある時は突然本体の電源が落ち、ACアダプターを見ると通常は緑色のランプが付いているのに赤くなっており、触ると物凄く熱を持っていて「ああ、そろそろ寿命かな?」と思っていた。

で、「タイタンフォール」を始めたら、ゲームにマッチングして少ししたら上記の突然のシャットダウンを何度も繰り返して、真面にゲームが出来ない状態に。
どうにかなるかと隅っこに置いていた電源アダプターをもっと開けた場所に置き、扇風機で風を送り続けたらシャットダウンをしなくなり、電源アダプターの熱も温い状態に。
「これで何とかゲームが出来る!」と思って、「タイタンフォール」をやっていたら、気付いたら七時間ぶっ続けで遊んでいた。
馬鹿みたいに「タイタンフォール」をしていた事は「タイタンフォール」がおもしろいので良いのでそっちじゃあなく、これからもXbox 360が使えるという方が重要。
しかし、Xbox 360で Internet Explorerが使えるんだけれど、これが真面にウェブサイトを表示しない、一つ前のページに戻らず同じページが表示されるので何度もBボタンを連打するとか、まあ使えなかったり、上記の様に電源アダプターも危ないし、後方互換も揃って来たのでそろそろXbox Oneが欲しい…とは思うけれど、先立つ物が無いしなぁ…。

リカンベントに乗りたい症候群

2017年05月05日 金曜日

毎年この時期って、丁度温かくなり、花粉の飛散も終わって来た頃なので自転車乗り日和で自転車に乗りたくなり、特にこの四月後半から五月頭位になると毎年無性にリカンベントに乗りたくなってしまう。

で、気付いたら現在のリカンベント販売状況とか、リカンベントを乗っている人達の話をインターネットで検索していた。
いや、家の庭に置きっ放しにしてあるリカンベントの「Pockey-7」あるんだから乗れば良いじゃん…と、訳の分からない状態になっている自分に対するツッコミが起こったので、久々、数年振りにリカンベントに乗ろうと決意。

しかし、ずっと置きっ放しだったのでまずは整備から。
汚れを拭いたり、タイヤに空気入れたり、チェーンに油塗ったり、諸々の整備したりで気付いたら二時間かかっていた。
この時点で結構疲れていた上に、お腹減ったのでご飯を食べようと思っていたけれど食べる機会を何だか失って十数時間ご飯を食べずにいた事もあって、久々にリカンベントで走ってみると物凄く疲れた。
走り始めてこれまでの様に快調に漕いでいたら、やたらと息は上がるわ、膝に疲れがたまわるわで「あれ?リカンベントって、こんなに重労働だったっけ?」状態。
日々のだらけの成果なのか、年老いたせいなのか、もっと体鍛えんといかんなぁ…と思いつつ、疲れたし、お腹減ったしで一時間弱で戻って来てしまった。

また、リカンベント熱が上がって来たので暫くはリカンベントの出動が増えるかな?
 
 
Pockey-7

中邑真輔がスマック・ダウンでデビュー

2017年05月04日 木曜日

最近はWWEは完全惰性でしか見ていなかったけれど、AJスタイルズが出て来たりして少しはおもしろくはなっていたし、今年の「レッスルマニア33」でのザ・ミズの素晴らし過ぎる観客の煽りで久々にWWEで大笑いし、大興奮したんだけれど、それに続き中邑真輔で興奮した。

This Week in WWE」を見ていたら、中邑真輔が今までNXTだったのが、「スマック・ダウン」に登場し一軍昇格の映像が流れた。
これが、入場曲流れると観客は大歓声で入場曲の大合唱。
中邑真輔は変わらずクネクネなんだけれど、まあカッコ良い。
久々に登場で興奮したぁ。
最近の傾向としてNXTで良い試合した選手とか、元々別の団体でスター選手だった人が「ロウ」や「スマック・ダウン」に上がって来れば歓声が凄いというのはあるけれど、どれだけ日本を知っている人がいるのか分からないのにこれだけの歓声って相当受けられているのか。

中邑真輔のWWEからの押しも凄く、「This Week in WWE」でも中邑真輔のエントランスは映像丸々流して、相当な好待遇。
WWEのYouTube公式チャンネルで配信しているこの動画とほぼ同じ尺で流していたし。

それにこの初登場はジョン・シナニッキー・ベラの結婚話を追い出しての登場だし、中邑真輔の抗争相手はドルフ・ジグラーだし、次回PPVの「Backlash」の宣伝でも中邑押しているし、WWEからの期待が凄い。

確かに新日本プロレスでトップを張っていた訳だし、あのクネクネはクセが凄いと言うか、個性が強過ぎると言うかで、見ていてもおもしろくてプロレスラーとしてもギミックの濃いスーパースターとしても抜群だから押すよなぁ。

WWEの日本人スターって、以前は変なギミックを与えられる事が多かったけれど、最近は外部からのWWEした有名選手は結構そのままのギミックだという事もあるけれど、中邑真輔は日本でも元々ヘンテコなギミックで人気が出たからそのままで行けたのか。

この中邑真輔の登場で、これからAJスタイルズとか、フィン・ベイラーとかのプロレス出来る人との試合とか見てみたいし、あの跳ねたザ・ミズもそうだし、急にWWE熱が上がって来た。

…にしても、以前からWWEは人は沢山いるのにスターがいない状態でヤバいだろ…と思っていたけれど、最近のWWE生え抜きが跳ねずに外様の中堅・ベテランの域に入って来たプロレスラーが多くなり、彼らに頼っているWWEって、やっぱりヤバい気が晴れないんだけれど…。

この週の「RAW」のメイン戦は「ケビン・オーエンズ&サモア・ジョー vs セス・ロリンズ&フィン・ベイラー」で最早何処の団体を見ているのか分からん状態。
WWE的には世界中の団体から良い選手を引き抜きまくって、「WWEこそが世界統一団体!!」にしたいんだろうなぁ。

チューブもIRC製品に変更

2017年05月02日 火曜日

2016年の去年の年末に自転車のタイヤを「IRC METROに交換」したんだけれど、チューブもIRC製チューブに替えた。
替えたと言っても、まだ実際に交換した訳ではなく単に買って来て、次のパンク時に交換しようかと思っているので使用感とかは一切分かんない。

話の主題はIRCのチューブではなく、ミシュランの自転車チューブの方。

以前から、もう五年以上は「自転車のチューブはこれ!」と決めているのがミシュランの「AIRSTOP」。
修理パッチで修理しまくっても大分長い間使えているので、わたしの中での信用が非常に高い。

クロスバイクでの移動時は常に予備のチューブを一本鞄に入れてるのだけれど、以前のパンクでチューブが裂けてしまったので新品チューブを使い、新たにチューブを買いに自転車屋に行くが仏式の700×25/32Cである「AIRSTOP A2」が全然売っていない。
自転車パーツを何時も買う自転車屋を数軒周って見たけれど、「A2」より細い「A1」は何処でも置いてあるのに「A2」が何処も全然置いていない。
このエアストップの「A2」って、もう売っていない?生産終了なの?
わたしは28cのタイヤ使っているので、丁度25/32Cの中間の「A2」が良かったんだけれどなぁ。
多くのチューブが「~28c」か「28c~」で丁度28cが境となっていて、28cのタイヤに「~28c」のチューブだとチューブが伸びて薄くなって、何かがタイヤを貫通した時の耐パンク性はどうなのか分からないけれど微妙に心配だし、「28c~」のチューブだと太くなる分重さも増えて、高々数十グラムの重さなんてどうだっていいのだけれど、だったら中間を行く「25~32C」のタイヤが良いんだけれどなぁ。

しょうがないので自転車屋で見かけたIRCの700 x 28C-35Cのチューブを購入した。タイヤと同じメーカーなのでこっちの方が良いのかしらん。