アンドロメダ…

2019年04月03日 水曜日

ロバート・ワイズ製作・監督、アーサー・ヒル主演の1971年のアメリカ映画「アンドロメダ…(The Andromeda Strain)」。
マイケル・クライトンの小説「アンドロメダ病原体」が原作。

地球に帰還した人工衛星がニューメキシコの村に落下した。
その人工衛星の回収に向かったアメリカ軍だったが、村人達が全員死亡しており、回収班とも連絡が途絶えてしまった。
緊急事態と悟った政府は科学者と医師四名を招集し、その中のジェレミー・ストーンとマーク・ホールが村の調査と人工衛星の回収へと向かった。
人工衛星を発見し回収するが、村人達は体内の血液が凝固した状態で死亡している事が分かったが、その中で何故か生きていた赤ん坊と死にかけの老人の二人の生存者を発見して研究所へと連れて帰った。
研究所での調査で人工衛星に付着した生命体らしい極小の物質が発見され、空気感染で村人を死亡させた事が分かり、更に調査を続ける中で謎の物質が変化している事も分かり出した。

地球外からの物質によるバイオハザードを描いた映画で、序盤は抜群に緊迫感があって、「何だ何だ?」で謎で引っ張られておもしろいのだけれど、中盤から急に間延びしてしまい、終盤は緊迫感は取り戻すものの、「何じゃそりゃ?」な結末で結構肩透かし。

導入での何が原因なのか分からない村人の全滅から始まり、主人公達が村を完全防護服で歩き回る異様さや、家を除くと同じ画面の別枠で死亡している人を次々と映して行く演出とかで非常に緊迫感があってスリラーとして抜群におもしろいし、謎の惹きつけも非常にある。
この掴みが抜群なんだけれど、話が地下の研究施設に行くと急に退屈になる。
感染防止の為に人間の除菌を何度も繰り返して地下へと潜って行くけれど、これが今までの緊迫した雰囲気とは一変し、冗談みたいなやり過ぎ除菌を何度も見せ、完全に笑かしにかかっているコンピューターと人間のやり取りとかで掴んだ緊迫感が台無し。
一番地下の施設では隔離された部屋に回収物があって、それを別の部屋からロボットアームを操作して調査や作業しているし、人間が部屋に入る時だって防護服をつけているんだから、あんなに除菌する必要ないじゃん…。
あの長い一連の除菌場面で緊迫感が無くなってしまうのも構成としてどうなの?だし。

そこから徐々に謎の物質が何なのかが分かって行くのはおもしろいし、科学者の一人が感染して、その窮地を今までの調査から救ったり、あれだけ振りに振っていた研究所の核自爆装置が起動して、止められるかどうかの緊迫感はあったけれど、速攻で人間の血液を凝固させ死亡させてしまうあの物質は空気感染するので地球はトンデモない事になってしまうのをどう止めるのか!?という部分が「物質が突然変異して問題無くなりました」とか、あれだけの大風呂敷広げておいての上手い結末思いつかなかったので余りに都合の良過ぎる落ちとか、見ていて呆れてしまった。
あれだけ秘密裏に作られて隔離された研究所だったので、結局物質の拡散を止めらずに世界が滅んであの研究所だけが生き残ったとか、序盤では軍や政府関係者が次々と出て来たので、最後は研究者達からそっちに話が移って全世界規模で対策が講じられる展開になるのかと思ったら、物質が勝手に変化してめでたしめでたしとか、本気なの?ふざけているのか?と思った結末。
正直しょっぱい。

この映画、序盤と終盤は緊迫感もあるハードSFとして地味さが非常に良い映画だっただけに、中盤の間延びしてしまった冗談みたいな除菌とどうしようもない落ちが無ければ良い映画だったのになぁ…と思ってしまった。

☆☆★★★

マッドマックス 怒りのデス・ロード

2019年04月02日 火曜日

ジョージ・ミラー製作・監督・脚本、トム・ハーディ主演の2015年のオーストラリアの映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)」。
マッドマックスシリーズ四作目で、三作目「マッドマックス/サンダードーム」から30年経っての公開。

シタデルという砦に捕らわれたマックスは病気の為に輸血しなくてはならないシタデルの戦闘員ウォーボーイズの輸血要員とされてしまう。
シタデルの隊長フュリオサ・ジョ・バッサは取り引きの為に部隊を率いて出掛けるが途中で道を変える。
フュリオサは身籠った女性達を連れて安全な地へと逃亡を図った。
フュリオサの逃亡を知ったシタデルの支配者イモータン・ジョーは女性達を取り戻そうと大部隊を引き連れて出陣。
その中には輸血を続けながら自動車に乗るウォーボーイズがおり、マックスは彼の輸血要員として自動車に貼り付けにされて否応なしにフュリオサ・ジョ・バッサの追跡に駆り出された。
マックスはシタデルの戦闘員から逃げ出し、フュリオサ・ジョ・バッサ達の逃亡を手助けする事になる。

わたしはこれまでの三作を全部見たけれど全然はまらず、言ってしまえばつまらない映画シリーズではあったけれど、この映画が日本でも公開された後はやたらと評判が良かった事を覚えていたので見てみた。
ただ、これまでのシリーズから比べると少しはおもしくはあったけれど、シリーズの他の映画と同じく、やっぱりおもしろくない映画だった。

おもしろくないと思ったのはマックスの弱さと延々と続くカーアクション。

この映画はシリーズ四作目と言うけれど、30年後の続編でマックスがメル・ギブソンでない時点でリブートされた新シリーズ一作目にしか思えず、そう思って見たら主役のはずのマックスの存在感が薄く、話的に主役はシャーリーズ・セロン演じるフュリオサで、何でマックスが中心で活躍しないの?とずっと疑問ばかり。
始まってから行き成りマックスが捕まってしまう場面を見せたのでマックスの反撃が話の主軸になるのかな?と思ったら、シタデルの馬鹿みたい格好をした馬鹿達の内輪揉めが始まって、馬鹿みたいな自動車を乗り回しての殺し合いが続き、やっとマックスが活躍し始めるのが映画が始まって30分位経ってからで、「ずっと何見せられているの?」とこの映画を見ている事の疑問が出て早い段階で興味が失せていた。
フュリオサの過去や行動の理由は結構見せるのに、マックスは過去に誰かを救えなかったという悪夢を見はしているけれど、それがフュリオサ達と行動する理由にはなっていないし、その救えなかった子供に関しては最後まで特に何かが分かったりもせず決着する事もないままで、ただ出しただけの投げっ放しで終わってしまい、マックスがフュリオサの行動に偶然巻き込まれたので付いて行っただけで主人公としての意思や行動原理が見えて来ないので主人公として話を引っ張って行けていない。
これが新シリーズの数作目とか、スピンオフ映画としてなら、これだけ女性を集めてフュリオサを主人公にしてやっているのは分かるけれど、トム・ハーディがマックスになってからの一作目で、これだけマックスが目立たない、脇役の一人位の扱いって何なの?これって「マッドマックス」じゃあないの?と思ってしまった。
それにマックスの声って、演じているトム・ハーディの声質なのか演技なのかは分からないけれど、終始喋る度にアフレコ?と思ってしまう籠り方と言うか響き方に違和感を感じてしまった。

それに、わたしは昔から自動車でのアクション場面になると何でか冷めてしまい、カーチェイスとか自動車がぶつかり合うカーアクションとかおもしろいとは思わないので、この延々と続くカーアクションは見ていても盛り上がらず。

あと、設定も緩いと言うか、これがマッドマックスシリーズなので敵がヘンテコな格好だったり、ヘンテコな自動車しかないというのはそういうモンだ…とは分かるけれど、イモータン・ジョーも見た目が悪そうだというだけで、水を支配しているから飢えて乾いた人々を統制出来るという社会がいまいちピンと来ないし、人々がトンデモなく酷く扱われて強制労働させられているとかの描写がないので最後で一気にフュリオサになびく人々もピンと来ないままだったし、残ったウォーボーイズも谷の岩をどかせば直ぐ砦に戻って来るはずで、それに対抗出来るだけの人員や戦力がフュリオサ側には残ってないのにめでたしめでたし…って、全然納得行かないし。
まあ、製作・監督・脚本をしているジョージ・ミラーの映画って、初めからの「マッドマックス」三作もそうだし、「ハッピー フィート」もつまらなかったし、特に一作目「ベイブ」が結構おもしろかったのにジョージ・ミラーが監督をした二作目の「ベイブ/都会へ行く」がクソみたいな映画になった事を思えば、何時も通りのジョージ・ミラーの映画って事なんだとは思う。

この映画、主人公のマックスを描くよりもフュリオサを描き、ストーリーを描くよりもカーアクションを見せたい!という意図なので、カーアクションが始まると「ふぅ…」とため息をついて盛り下がってしまい、それでは全然はまらず楽しめなかった映画。
「マッドマックス」シリーズにはまらなかったわたしでも知っているマックスの愛車V8インターセプターは出て来はしたけれど、破壊後修理されていたのでてっきりマックスが乗って戦うのかと期待したのに、結局最後までマックスが乗る事なく終わって肩透かしだったのもつまらなかった要員の一つ。
やっぱり「マッドマックス」のスピンオフ映画感がして、トム・ハーディ版マックスの一作目なんだから、真っ直ぐマックスがV8インターセプターに乗って暴れまくる映画で良かったんじゃないの?と強く思ってしまった。

☆☆★★★

関連:マッドマックス
   マッドマックス2
   マッドマックス/サンダードーム

眠狂四郎女妖剣

2019年04月01日 月曜日

池広一夫監督、市川雷蔵主演の1964年の映画「眠狂四郎女妖剣」。
シリーズ四作目。

眠狂四郎は二人の女性の土左衛門が流れ着いたのを見付ける。
その二人は大奥の女中で、大奥の菊姫が阿片を与えて殺していた。
その阿片は密貿易で儲けている豪商備前屋が更なる儲けの為に大奥まで手を伸ばしていた為だった。
眠狂四郎の元に一人の隠れキリシタンがやって来て、浜松にいるキリシタンのびるぜん志摩を救って欲しいと頼まれる。
興味の無かった眠狂四郎だが、びるぜん志摩は眠狂四郎も知らない自分の出生を知っていると言われ、助けを求めた隠れキリシタンは備前屋や菊姫の策略によって殺されたので浜松へと向かった。

このシリーズは何作か見ているけれど、確かに変わらず市川雷蔵はカッコ良いけれど、話は結構微妙。
それぞれの話の繋がりが悪いし、投げっ放しのままで終わってしまう事もあり、脚本がいまいち。

初めに菊姫の悪さを描いて中々菊姫の顔を写さないという展開だから、菊姫が話の主軸になり、最終的な敵が菊姫かと思いきや、菊姫の存在は大していらないという展開に「?」。
話は眠狂四郎の出生に集中するので菊姫の悪逆非道がどっかに行ってしまい、菊姫は結局どうなったのか?とかの話も無いまま、最終的には全く触れられずに存在が忘れられてしまって、何でこの物語に菊姫が必要だったのかがさっぱり分からないまま。

備前屋も、あれだけ追手を送り最大の敵として描き、最後には飛び道具もあると見せておいて帆が落ちて来て一瞬で死んで終わりだし、凄腕の宿敵として振りに振っていた陳孫との最後の戦いは中々白熱したけれど、突然陳孫が海に飛び込んで逃げ出したので、再び眠狂四郎の前に現れて最後に一騎打ちをするのかと思っていたのに、それ以降全く登場しないままで終わってしまって、何じゃこりゃ?
主要人物達の投げっ放しジャーマンったらない。

あと、よく分からない場面も多々。
小鈴に兄を救えると捕まったバテレンと関係を持たせたけれど、それが実は嘘で兄は処刑されるというやり取りは何で小鈴とバテレンにそんな事させたのかが分からない。
眠狂四郎から見ると哀れな小鈴と兄を見ての行動となるのは分かるけれど、役人側からだと「聖職者と言えども、高々そんなもんじゃん。やーいやい!」と言いたかったからだけ?

眠狂四郎が偶然通った村で偶然嫁入り行列に出くわし、それについていた巫女に誘われて行き、その巫女は実は備前屋と繋がっていたけれど、この巫女は元からその村にいた巫女っぽいけれど何で備前屋と繋がっているのか?とか、買収されたのか?嫁入りも偶然ではなく眠狂四郎が来るのを見計らって巫女が仕掛けたのか?とかの説明が無いので物凄くモヤモヤしたまま。
その後も備前屋の手下はやたらと眠狂四郎の先に回って罠を仕掛けているし、何故か菊姫は眠狂四郎の行動を知っているし、備前屋との繋がりがないだろうある藩の手下達は眠狂四郎の行動を知っていて呼びに来ているし、眠狂四郎って体の何処かや着物にGPSの発信機を付けられているのかと思うしかない位行動がバレまくっているのは何?
直ぐ近くに隠れている追手は気付いて切り殺すのに、尾行されている事には無頓着だし。

この時の芸名が城健三朗の若山富三郎が演じている陳孫って眠狂四郎と初めて顔を会わせた時にお互い知り合いなので何で?と思ったら、一作目の「眠狂四郎殺法帖」で登場していたとは知らず。
と言うか、「眠狂四郎殺法帖」の内容をさっぱり覚えていないので、調べてみて初めて知った。
この映画が登場二回目という事は、陳孫のあの締まらないままの海に逃げての退場も次回作以降の映画での再登場を考えての振りだった可能性があるのか。
しかし、その後若山富三郎が干されたらしかったり、大映から東映に移籍した為に眠狂四郎シリーズに出演する事が出来なかったのかもしれず、結局これ以降眠狂四郎シリーズには陳孫は登場しないまま。
その為陳孫って一応は強い宿敵なのに、最終的には逃げ出したまま行方をくらませたしょっぱい奴になってしまったのは勿体ない。

話はいまいちだけれど、映像は流石に綺麗だし上手い。
この映画から眠狂四郎が円月殺法で刀を回すと残像が残るストロボ撮影が使われたそうだけれど、これはおもしろい。
ただ、最後の陳孫との決戦で使うのかと思ったら使わず仕舞いで、後から思い返すと「円月殺法って、そう言えばあったな…」という感想にはなってしまう。
他にも、やたらと奥行きのある大奥の廊下とか、夜のチャンバラ場面の照明の当て方とか、二人の会話場面では二人が画面の左右に離れて座っていたり、二人が立っている真下から見上げる構図や見せ方とか、今見ても斬新だしおもしろい映像が多々。

この映画、眠狂四郎の出生でまとめるなら初めからそこを軸にすればいいのに、結局序盤の登場人物達がお座なりのままで投げっ放したままだし、直ぐにドンデン返る小話が連続するしで、話が何処行くの?でフラフラしていてまとまりが無い。
テレビドラマの1シーズンの総集編みたいになってしまっていて微妙だった。

☆☆★★★
 
 
関連:眠狂四郎殺法帖
   眠狂四郎勝負
   眠狂四郎炎情剣
   眠狂四郎魔性剣
   眠狂四郎無頼剣
   眠狂四郎女地獄

R-1ぐらんぷり2019

2019年03月12日 火曜日

毎年「R-1ぐらんぷり」って微妙な感じだけれど、今年は結構ネタはおもしろかったが観客はクソ。

Aブロックはそれ程だったけれど、Bブロックはおいでやす小田ルシファー吉岡マツモトクラブはやっぱりおもしろかったし、Cブロックも4人ともおもしろかった。
Bブロックはルシファー吉岡が何時「いいか~?」って言うか、ちょっと期待してしまった。
Cブロックの河邑ミクもこういう大阪いじりネタって好き。そこから更に、他人をいじるくせに実はいじられ耐性が結構低い大阪人ネタになったら最高だけれど、松竹芸能の女芸人の悪いネタっておもしろい。

で、この「R-1ぐらんぷり」結果どうこうではなく、「M-1」前からの吉本のゴリゴリした霜降り明星押しで霜降り明星があんまりおもしろく感じなくなっているので、今回の優勝もふ~ん…とだけ。
今回は松本りんすが優勝しそうな感じだったのになぁ…。

それよりも今回の観客が酷く、まだ登場しただけで何もしていないのに笑いが起き、「へ~」とか「ヒュ~」とかネタにノリノリで反応したりと、まあ酷くて、ネタで笑う前に観客の反応が入って来て笑えない事が多かったし、何度もイライラしてしまったので結構早送ってしまった。
まるで「女芸人No.1決定戦 THE W」の第一回目の観客の再来。
これってこういう盛り上げ方を強要している制作側の問題なのか、それともお笑いを根っからこういう反応で見ている人達だけを集めて来ているのか…って後者は有り得ないから、前者ならどの局でもバラエティー番組の制作って…。

第53回スーパーボウル

2019年02月10日 日曜日

ここ何年もシーズンを通して見ているのがNFL

今シーズンもカンザスシティ・チーフスパトリック・マホームズロサンゼルス・ラムズジャレッド・ゴフの様な若手クォーターバックが率いるチームが強かったり、ニューオーリンズ・セインツドリュー・ブリーズロサンゼルス・チャージャーズフィリップ・リバースニューイングランド・ペイトリオッツトム・ブレイディの様なベテランが率いるチームが強かったりと、若手とベテランの構図が盛り上げたし、パトリック・マホームズやドリュー・ブリーズがガンガン投げて次々と記録を更新したり、おもしろいシーズンだった。

プレーオフもAFC・NFCどちらのチャンピオンシップも延長戦で劇的で非常におもしろかったという試合だったし、「スーパーボウル」の対戦は2002年の第36回スーパーボウルでトム・ブレイディがペイトリオッツの正QBとなって勝った対ラムズ戦の再戦という因縁もあって、「スーパーボウル」への盛り上がりが今年は抜群だった。

しかし、録画していた「スーパーボウル」を見たのはほぼ一週間後の日曜日になってしまった。
日本での放送の月曜日は丁度わたしの体調が良くなく、しかも遠い親戚が亡くなって通夜に行ったりと、肉体的にも精神的にも見る気になれなかったので見る気が復活するまで待ってからの観戦になってしまった。
そこまで引っ張っても「スーパーボウル」を楽しめるのは日本だから。
元々ニュースは見ないので「スーパーボウル」のニュースを流しているのかを知らないけれど見る事も無いし、「スーパーボウル」を話題にするのは「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」での太田光位なので、そこさえ気を付ければ結果を知らずに見れる。

で、ニューイングランド・ペイトリオッツ対ロサンゼルス・ラムズの「第53回スーパーボウル」だったけれど、意外な事が多かったし、試合もやっぱりおもしろかった。
まず意外だったのは会場の反応。
ペイトリオッツが入場すると大声援。
ラムズが入場すると大ブーイング。
今までの「スーパーボウル」では勝ち過ぎたりしている事もあってペイトリオッツやトム・ブレイディへのブーイングが多かったので、今年もそうなるんだろ…と思っていたら、まさかの逆。
これ、何なん?
わたしもペイトリオッツが出場する「スーパーボウル」はペイトリオッツが勝とうが負けようがおもしろい試合だったり、トンデモない試合になって来たので、寧ろペイトリオッツが「スーパーボウル」に出て凄い試合が見たい!と思っているので声援は分かるけれど、ラムズへのブーイングは何でだったのだろう?
ラムズも若いQBとヘッドコーチで勝ち続けておもしろいチームになったのに。

それに加えて意外だったのが試合展開。
ペイトリオッツもラムズもどちらかと言えばレギュラーシーズンでは攻撃のチームの感が強かったのに、この「スーパーボウル」では第4クォーターの残り7分まで3対3のロースコアのディフェンス合戦。
またこれが非常にしびれるおもしろいディフェンス戦で、どちらも作戦が当たるし、ギリギリの所で止めたりと、息をのむ、手に汗握る展開で、いちいち「お~…!」とため息交じりの歓声を出してしまう位だった。
結果最後までやっぱりペイトリオッツなガチガチに決めるペイトリオッツでペイトリオッツが勝ったけれど、やっぱりトム・ブレイディとビル・ベリチックのペイトリオッツが「スーパーボウル」に出ると凄い試合見れるよなぁ。
ペイトリオッツの「スーパーボウル」って大体接戦だったり、ニューヨーク・ジャイアンツに負けたけれど、あの「ヘルメット・キャッチ」があったり、リードが入れ替わっての接戦での最後の最後のインターセプトの伝説の「第49回スーパーボウル」だったり、25点差から第4クォーターで追いつき、オーバータイムで逆転した「第49回スーパーボウル」だったりと凄い「スーパーボウル」ばかりで、今年も史上最少得点と魅せる試合が多い。

まだトム・ブレイディはやる気みたいなので、また「スーパーボウル」でのトンデモない試合を期待してしまうし、最早今後50年位で「スーパーボウル」で6勝も出来るQBは出て来ないんじゃないないか?と思うのに更に7勝8勝…として行ったら、その伝説を今として見る事が出来るのだから見てみたいよなぁ。