ジャッジメント・フライ

2019年12月25日 水曜日

ブラッド・オズボーン監督、アンソニー・モンゴメリー制作・主演の2013年のアメリカ映画「ジャッジメント・フライ(Chariot)」。

トラック運転手のコールが目を覚ますと飛行中の旅客機の中だった。
コールは旅客機に乗った覚えも無く不思議に思っていると、他の六人の乗客達も同じ様に旅客機に乗った記憶が無かった。
一人の乗客が携帯電話を見つけニュースを見ると、アメリカの各都市が何らかの大規模な攻撃を受けた事を知る。
七人の乗客達は何故旅客機に乗っているのか?外では何が起こっているのか?を突き止めようとする。

出て来る場所は飛行機の中だけ。
登場する人物も十人程だけという、非常に限定された場所と人数での密室サスペンス。
発想としては今では有り勝ちで、展開もまあまあなんだけれど、中々良く転がして飽きさせないようにしていて、少作としては良く出来ていたと思う。

ただ、展開と真相の為に粗が多くなってしまっているのは結構痛い所で、そりゃあ目的も分からずに急に飛行機に乗っているとなれば問題も起こるだろ…とか、乗客を守る目的なのに操縦室の扉を開けたら問答無用で皆殺しとか意味不明過ぎるし、黒幕は用意周到過ぎるのに根本的にアホとかどうしようもないのはどうにも…。

あと、これまでの映画やドラマで疲れて来たお馴染みの展開もしょっぱさがあり、特に思ったのはこういう飛行機が舞台だと必ずと言っていい程飛行機を運転した事のない人が最終的に着陸を試みるって、これって絶対にやらないといけないんだろうか?

それと映像に関しては、ここ二十年位だと思うけれど特に安い映画やドラマで多用される手持ちカメラで画面を揺らして緊迫感を出すという演出は単純にブレブレで見難いだけだし、ただでさえ狭い飛行機の中なのに登場人物達の顔の寄りばかりで引きの映像が少なくて登場人物の位置関係とかが分かりにくいし、アップばかりで映像的に面白味が無くて見ていても疲れた。

最後のぶった切りに関しては、飛行機の中だけでの話で進めたので最後まで外見を映さないとか、外見を映すとその分お金がかかるので映さないで安く仕上げたという部分で感心してしまった。

この映画、もうちょっと脚本練ったり、映像も工夫すればもっとおもしろくなったんじゃあないかな?と思ってしまう出来。
謎で引っ張るサスペンスって、後から思い返すと色々な部分で間抜けな感じがあってしまうし、決めた話を進める為の都合の良さを感じてしまうので、どうしても見終わった後のいまいち感があるけれど、この映画もその一作。

☆☆★★★

バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー

2019年12月24日 火曜日

W・D・リクター製作・監督、ピーター・ウェラー主演の1984年のアメリカ映画「バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー(The Adventures of Buckaroo Banzai Across the 8th Dimension)」

外科医であり、科学者であり、ロックバンド「香港騎士団」のボーカルでもあるバカルー・バンザイは通常の物質の隙間に存在する8次元に住む異次元人を探し出すために装置を発明し、開発したジェットカーに装着。山を透過している途中で異次元人がいる事を見付けた。
バカルー・バンザイの記者会見をテレビで見ていたエミリオ・リザルドは数十年前の物体透過実験の失敗で頭がおかしくなったが、バカルー・バンザイの物体透過の成功を知って病院を抜け出した。
エミリオ・リザルドは実は第10惑星レクトロイド族の黒族によって8次元に追放された赤族の元支配者が乗り移り?、バカルー・バンザイの装置を取り上げて故郷に帰ろうとしていた。
バカルー・バンザイは第10惑星レクトロイド族の赤族からの電話で地球人に化けて正体を隠している赤族達が見えるようになると、黒族の指導者からエミリオ・リザルドをどうにかしないとアメリカとソ連の戦争を引き起こすと脅される。
バカルー・バンザイは赤族と戦う羽目になってしまった。

この映画、見ていてもずっと「???」

行き成り主人公のバカルー・バンザイが日本人とアメリカ人のハーフで、優秀な外科医で、超音速の自動車を開発して次元を超える装置も作り、バンドもやっているとかから始まり、設定がゴチャゴチャして何のこっちゃ?
多分、B級アクション映画とかコミックスに有り勝ちな設定を詰め込んだ主人公という笑いの部分なんだろうけれど、別におもしろくはない。
しかも、医者としても科学者としてもミュージシャンとしてもその設定を活かした活躍が大して無く、本当に意味の無い無駄設定。

話もずっと何が何だか分からなく、バカルー・バンザイは異次元を見付けて何をしようとしていたの?とか、実験に失敗したエミリオ・リザルドが元支配者としているけれど、赤族の本当の姿が見える様になっても彼は地球人のままなので意識が乗り移ったの?じゃあ、元支配者の本体は8次元に残ったまま?とか、赤族達はバカルー・バンザイの装置がなくても故郷に帰ろうとしているけれど何で?とか、ずっとよく分からない事がよく分からないまま進み、結局あれは何だったの?ばかり。

登場人物が次々とやたらと増えてバカルー・バンザイの仲間が増えて行くけれど、皆人物が立たないままただいるだけになるので誰も印象に残らないまま。
バンドの歌を聴いて自殺しようとした女性も、何で自殺しようとしたのかの理由も出ないままだし、実はバカルー・バンザイの死んだ元妻の双子なんじゃないか?という話もそれを活かす訳でもないまま。
変なカウボーイの格好したジェフ・ゴールドブラムとか、だから何だ?だし。

その割に今見ると出演俳優は、ピーター・ウェラーにジェフ・ゴールドブラムにクリストファー・ロイドと、その後SF映画で有名になる人が多く出ていたりする。
だからと言ってわざわざ見る必要も無い。

この映画、作った人達はおもしろいだろ!の悪ノリで作ったのだろうけれど、別におもしろくない。
その場で考えて継ぎ足し継ぎ足ししていった様な振りも説明もぶん投げた脚本だし、普通につまらない映画だった。

☆★★★★

M-1グランプリ2019

2019年12月23日 月曜日

昨年の「M-1」の微妙さ、特に最終決戦でのつまらなさがあった分だけ今年の「M-1」はおもしろかった。
全組とも面白かったし、最終決戦に行ったぺこぱかまいたちミルクボーイは特におもしろかった。

ぺこぱって話の中で「以前は着物着ていた」と言うので、そう言えば着物着てローラースケートだったコンビだ!と思い出し、キャラクターの迷走から回り回ってツッコミが突っ込まないという地点に達したおもしろさとか、かまいたちのやばい人漫才は一番うけていた様に感じて、かまいたちが優勝だと思ったし、ミルクボーイは一本目が爆発的に面白く、一本目と二本目合わせての優勝で納得。
ミルクボーイはひょど-1グランプリとM-1で二冠か。

にしても、やっぱり「M-1」という番組自体は年々つまらなさを感じてしまう。
一組目の漫才が始まるまでに三十分以上かかり、出場順を選ぶえみくじは出演者側はドキドキなのかもしれないけれど視聴者からすれば本当にどうでもよくて、くじを引くやり取りは毎年早送りだし、年々若手と言いつつも三十代後半の中堅入りしそうな人達が多くなり、以前のM-1の様に優勝しても売れる訳でもない大会で誰が優勝しようが段々とどうでもよくなってしまっている。
それに上沼恵美子はもういい。点数とか話している内容とかじゃなく、あのゴリゴリした大阪のおばはん感が全くおもしろくないし、CDとか和牛批判とか外しまくっていて、和牛批判がうけなかったから怒りに持って行って何か訳分らん事になっていたし。

ゴジラ FINAL WARS

2019年12月18日 水曜日

北村龍平監督、松岡昌宏主演の2004年の映画「ゴジラ FINAL WARS」。
ゴジラシリーズ28作目。

怪獣達と戦う為に地球防衛軍が結成され、ミュータントによる特殊部隊が結成された未来。
南極でゴジラと交戦した地球防衛軍はゴジラを氷の中に閉じ込める事が出来た。
それから数十年後。地球防衛軍の隊員である尾崎真一は国連から派遣された分子生物学者の音無美雪の護衛として新たに発見された怪獣の調査について行く事となった。
それと同時期に世界中で怪獣が次々と出現。
苦戦する地球防衛軍だったが、怪獣達が突如現れた謎の飛行物体によって消失。その飛行物体に乗っていたのはX星人で、怪獣や地球に激突する予定の妖星ゴラスから地球を救う為だと地球人とX星人の友好関係が築かれようとしていた。
だが、X星人は国連や地球防衛軍の要人を誘拐し、彼らにX星人は化けて地球を侵略し、地球人を家畜化しようと狙っていた。
その陰謀を尾崎真一や音無美雪が気付き始めた。

わたしは何作かゴジラの映画を見て来たけれど、やはり一番おもしろかったのは一作目の「ゴジラ」で、その他は人間がマゴマゴしている中で着ぐるみのゴジラが怪獣プロレスするという展開が繰り返されるの大して面白味を感じなかったけれど、この映画はそれとは違う路線だからではなく、もう終始ニヤニヤしっぱなしの配役に展開にで抜群におもしろがってしまった。
映画全編に渡ってしょうもない漫画の様な、頭の悪い子供が考えたかの様なしょっぱ過ぎる展開とか、安っぽい美術やCG。カッコいいつもりなんだろうけれど、そこはかとなくダサいアクションや演出とかが根本にあって、そこでもニヤニヤしてしまうのだけれど、この当時の感じを知っていて今見るとニヤニヤしっぱなし。

初っ端にゴジラと戦うのは厳つい顔の中尾彬。
全ての状況を全部台詞で説明してしまい、そのナレーションは山寺宏一。
次に登場する轟天号の艦長は何故かのドン・フライ。
しかも英語で喋らず、吹き替えは玄田哲章。
玄田哲章が張り切っているし、顔面力で持ってはいるけれど、演技は大根のドン・フライ。
格闘家なのにアクションが大根なドン・フライ。
M機関の教官が船木誠勝。
更にチョイ役でレイ・セフォーとゲーリー・グッドリッジ。
安定して演技が下手糞な菊川怜。
安易に姉妹設定の菊川怜と水野真紀。
足見せ要員の菊川怜と水野真紀。
研究室で話していると何の前振りも無く、後での補足も無くどっかの島からピンポイントで交信して来る小美人。
装備は貧弱で物量も各国の軍隊以下の、まるでどっかの金持ちが個人的に作った組織じゃないのかと思えるお粗末過ぎな地球防衛軍。
サングラスをした伊武雅刀がX星人。
マイケル富岡が司会の番組で、どっちもどっちな大槻義彦、韮澤潤一郎のあの絡みに、また格闘家のチョイ役出演角田信朗とまだシノラー時代の篠原ともえ。
行き成りマント姿で現れて、人殺しをしようとして捕まる危ない役しかしない佐野史郎。
小橋賢児が小橋賢児役で登場。
何の意味も無く登場する谷原章介とさとう珠緒。
「マトリックス」や「インデペンデンス・デイ」を臆面もなくパクっているけれど、しょっぱい劣化版でしかない。
一人で舞台劇をやっているのかと思える位張り切って弾けまくっている北村一輝。
何の振りも無くキングギドラに変身する怪獣。

等々、終盤は少々このニヤニヤが少なくなってはしまったけれど、終始ニヤニヤしまくり。

更にエンド・クレジットまでニヤニヤ出来、長澤まさみと大塚ちひろの名前があって、二人出ていたの?と思ったら、小美人役で本編では気付かず、エンド・クレジットのアップでやっと気付く。
田中要次の名前もあって、こっちも何処に出てたっけ?と思ったら、本編では使われておらず、短いので何で本編に入れなかったのか?の場面で登場。
他にもエンド・クレジットでは本編では使われなかったカットが結構あって、エンド・クレジットで見せるなら本編に入れれば良いじゃん…と思ってしまった。
それにずっと音楽がエマーソン・レイク・アンド・パーマーっぽいなぁと思っていたら、エンド・クレジットで「音楽 キース・エマーソン」と出て、そりゃそうだとなった。

この映画見ていて感心したのは松岡昌宏。
何でジャニーズがゴジラ映画に出演したのかはよく分からないけれど、こんな映画で終始真面目に演技し、ちゃんとアクションまでこなしているのだから偉い。
あと、國村隼もちゃんとこなしていたなぁ。
そう見えたのも菊川怜が準主役のヒロインで、主人公のライバル的同僚がケイン・コスギで、主人公の上司でメインキャスト級のドン・フライと、まあトンデモな役者が揃っている中でだからなぁ。

ゴジラの場面は敵対する怪獣が次々と登場し、次々と一瞬でゴジラが倒して行ったり、ゴジラと言うよりもウルトラマン対怪獣的な戦いっぽい感じではあった部分ではニヤニヤ出来ておもしろくはあったけれど、CGはしょぼいし、CGを中途半端に使っている分セットや特撮がしょぼく見えてしまうしで良くはなかった。

この映画、わたしはゴジラマニアでも特撮マニアでもないのでゴジラや特撮の部分では特に楽しくはなかったけれど、当時の文化風俗とかを知っていたり、体験していたりしていて今見ると、この正に時代な所で終始ニヤニヤ出来てしまい、それに加えてしょっぱい話に、しょっぱい演出。出来ている様でしょっぱいアクション等々が最早楽し過ぎで、これまで見たゴジラ映画の中ではニヤニヤ出来る映画としては抜群におもしろかった。

☆☆☆☆★
 
 
関連:ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版
   モスラ対ゴジラ
   三大怪獣 地球最大の決戦
   怪獣大戦争
   ゴジラ(1984年)
   ゴジラvsキングギドラ
   ゴジラvsメカゴジラ
   ゴジラvsデストロイア
   ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
   ゴジラ×メカゴジラ
   GODZILLA ゴジラ

キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2

2019年10月20日 日曜日

リチャード・フライシャー監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1984年のアメリカ映画「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2(Conan the Destroyer)」。
映画「コナン・ザ・グレート」の続編。

コナンは盗賊のマラクといる所を兵士達に襲われるが次々と返り討ちにしてしまう。
兵士達の指導者女王タラミスはコナンの力量を測る為に襲わせたが、タラミスはコナンに取引を持ち掛けた。
ジェナ姫だけが触れる事の出来る魔法使いが守っている秘宝を持って来れば、死んでしまったコナンの恋人ヴァレリアを生き返らせると言う。
コナンはマラクとジェナ姫と従者のボンバータ達と共に、魔法使いアキロや女戦士ズーラを仲間にして魔法使いの住む城へと進んだ。

前作「コナン・ザ・グレート」のヒットでの続編だけれど、シリーズがこれで打ち止めになってしまったのも分かる不味い出来。
「コナン・ザ・グレート」は色んなモノがゴチャまぜなヒロイック・ダーク・ファンタジーで中々おもしろかったのに、この続編は仲間が集まって宝物を奪い取り、それを使って更に目的の宝物を見付けるというしょうもないRPGみたいな展開で全然おもしろくない。
初めから女王が姫を生贄にする事やコナンを殺そうとしているという本来なら終盤のどんでん返しを初めからばらしているし、仲間が活躍している様でいらない気もする見た目要員だったりと、とにかく脚本がつまらない。

ただアーノルド・シュワルツェネッガーは流石で、筋肉バッキバキでトンデモない見た目。
一番最後に出て来たコナンが将来キンメリアの王となり、鎧姿で王座に座っている姿が物凄くカッコいい。
本当ならシリーズが続いてコナンがキンメリアを治める所まで行くつもりで、このカッコいいコナン王の活躍も見れたのかもしれなかったのだろうけれど、この映画の出来が悪かったのでシリーズも終了で見る事も無くて残念。
このキンメリアの王コナンの映画が見たかったなぁ…

この映画、展開や設定がぬるいし、話は間延びして退屈だし、下手に全方位向けのファミリー・ファンタジーに舵を切ってしまった事が悪い方向にしか働かなかったとしか思えない。
アーノルド・シュワルツェネッガーはコナン役がはまっているだけにダーク・ファンタジー路線でシリーズを見たかった。

☆★★★★
 
 
関連:コナン・ザ・グレート