ドキュメンタリー ~The REAL~ リック・フレアー “Nature Boy”と呼ばれた男の生き様

2021年03月12日 金曜日

録画はしてあったけれど見ていなかった「ドキュメンタリー ~The REAL~ リック・フレアー “Nature Boy”と呼ばれた男の生き様」を見てみた。

最早生きる伝説のプロレスラー、リック・フレアーの人生を自らが語り、関係者達が語るインタビュー・ドキュメンタリー。

わたしはWCWの絶頂期世代だし、WWEも見ているしで、大好きなプロレスラーの五人には必ずリック・フレアーが入り、あの戦い方。魅せる受け身。あの喋りも楽しく、リック・フレアーには非常に魅力を感じてしまう。
そのリック・フレアーの人生を自らが語るのだからおもしろ過ぎたが、後半になるにつれてプロレスラーという幸せと恐ろしさで中々重い内容でもあった。

構成はリック・フレアーの人生をリック・フレアー自身が語り、その内容の写真や映像、それらが無い部分はアニメーションで再現している。

幼少期や少年時代の両親が自分に対して関心を持っていなかった事。

プロレスラーとしての成功。

そのリック・フレアーとしての成功によって、ギミックだったリック・フレアーというプロレスラーが自分自身になってしまい二度の結婚での家庭生活が上手くいかなかった事。

自分を慕ってプロレスラーになった息子リードの死と、姉のアシュリーがシャーロットとして弟の想いを継いでプロレスラーになった事でリック・フレアーは救われた事。

様々な話が語れるのだけれど、リック・フレアーというプロレスラーになりきってリック・フレアーに飲み込まれて行く恐ろしさまで語られる部分はショービジネスの怖さが見れる。
リック・フレアー側だけの意見でなく初めの妻やその子供達や二番目の妻やその子供達(長女アシュリーは後にシャーロットとしてデビュー)にもインタビューしており、皆がプロレスラーとしては素晴らしいかもしれないが夫や父親としては失格だったと答え、特に始めの家族達は余り語りたくない事だったのか余り褒めない内容で、怒りなのか、失望なのか分からない何とも言えない表情をしており、称賛だけではない影の部分まで見せている。

リック・フレアーも養子だった事もあって両親に余り興味を持ってもらえなかったという両親に対する想いと、自身の家族を愛してはいると言うがそれに対する実際の行動のズレという複雑な想い。
息子リードの死から立ち直れず、引退してもまた復帰して、どれだけ歳を取っても完全にレスリング業界からは退かず、リック・フレアーで居続ける事が生きがいであり、人生であり、リック・フレアーでないと生きられないという哀しさもある人生と言う、スターの裏側をも覗くドキュメンタリーになっていて非常におもしろかった。

このドキュメンタリーが2017年製作だけれど、2021年もWWEには登場しているし、やっぱりリック・フレアーはリック・フレアーでないと生きられないんだろうなぁと感心するんだけれど、このドキュメンタリーで家族の問題を描いているのに2018年には五回目の結婚をしているから、もうそこは吹っ切ったというかぶん投げてリック・フレアーに成り切るしかなかったのだろうか?

このドキュメンタリー、リック・フレアーの壮絶な人生とリック・フレアーというプロレスラーの魅力を知るには打ってつけ。
ただ、リック・フレアーという人物のドキュメンタリーなのでプロレスの試合は少なめ。
リック・フレアーの試合が見たかったらDVD買うか、WWEネットワークに加入してねっていう事か。
わたしは結構前にリック・フレアーのプロレスのDVDを買ったはいいけれど見ていないので見なくっちゃになったし、リック・フレアーの自伝も買って読んでいないまましまってあったはずなので読まなくっちゃになった。

R-1グランプリ2021

2021年03月07日 日曜日

R-1」って、番組としてはどうなの?という部分は毎年だったけれど、ネタ自体は面白く、毎年結構笑っていたのに今年の「R-1グランプリ2021」は番組としても酷過ぎたし、ネタでもほとんどクスリともしない史上最低だった。

そもそも今まで芸歴不問だったのに、今年から急に芸歴十年までと規定が変わり、新人大会になった時点で興味が薄れていたというのもあるけれど、そこまでして別の大会にしたのに敗者復活はマツモトクラブ。優勝はゆりやんレトリィバァと何時もの人達で目新しさも少なく、ネタも全員が爆発する事も終わってしまい、まだネタ番組としては面白かった「R-1」が全然面白くなかった。
これって、わたしの体調と精神的な問題なんだろうか?

それに本人達がどうのこうのよりも吉本にゴリゴリに押されているという部分で出て来ると急に冷める霜降り明星が司会だったり、審査員が以前の「R-1」に出ていた人達もいる新鮮な並びで、彼らが何を言うのかが聞きたいのに話を振る事も少なく巻き巻きで進めてしまい、それなのに最後には優勝したゆりやんレトリィバァのネタを再放送するという、まあ全体的に演出が酷い酷い。

芸歴十一年以上の芸人が出場出来る「R-1ぐらんぷりクラシック」も開催されたらしく、調べてみたら出ている人達はこっちの方が面白そうなので見てみようかと思ったら有料配信だったので見る気も起らず。

「M-1」や「キングオブコント」は出る側はまだ優勝したら売れるかもしれないという希望があるけれど、「R-1」は最早売れるとも限らない。寧ろ売れなかった人の方が多いんじゃないの?という大会幻想は消えかかっているし、見る側もそこのワクワク感が無くなってしまったうえ、色んな人達の色んなネタが見れて面白かったのに若手の大会になってしまって「R-1ぐらんぷりクラシック」の方こそテレビで大々的に見たいと思えてしまう内容の低迷に加え、この酷い演出といい、もう「R-1」を見る意味も無くなったかなぁ?
来年も今年とほぼ一緒の番組ならもういいや。

24をシーズン1から見直してみる

2021年02月26日 金曜日

去年は映画もテレビドラマも全く見ず、今年になってAmazon Fire TV Stickを買ったので、Amazonプライムで見れる映画やテレビドラマで何見ようかな?と検索していて、一番に探したスタートレックシリーズは Netflixでの配信なので見れずで、じゃあと思って「24」を探したらあったので見る事にしてみた。

「24」は十年以上前にDVDを借りて来て見続けていて、でも結局どこまで見たのか忘れてしまったまま、その後NHKのBSでシーズン1の放送が始まったので見ていたのは覚えていたので、このブログを検索してみたらシーズン7までは見て、2016年にシーズン1を見ていた事を知る。

改めて、多分三回目となる「24」シーズン1だけれど、見終わったので感想書こうかな?と思って2016年に書いた感想を読み返してみたら、思った感想がほぼ同じなので省略。

24(2016年04月08日)

自分の感想を読み直してみても、実はドレーゼン一家による復讐劇だった事を忘れていたとか、シーズン1は家族の物語だとか、シーズン1からのキムの鬱陶しさとか、やっぱり同じ感想になるのかとそこも興味深かった。

以前に書いていない感想だと、どきどきキャンプの岸学のジャック・バウアー物まねの決め台詞「本当にすまないと思っている」の本家の方はシーズン1で「すまないと思っている」言っていて、どうしても笑ってしまったとか、ドラマ本編の前のジャック・バウアーの説明部分で「裏切者がいる」と言っている部分で映っているのはニーナ・マイヤーズで、実は大分前から最後のネタバレしていたとか、ちょくちょく撮影スタッフが画面の端に映りこんでいるの見つけてしまったとか。
一番笑ってしまったのは、ジョージ・メイソンがニーナ・マイヤーズに対して説教している中でジャック・バウアーとニーナ・マイヤーズが元不倫関係で、その後にニーナ・マイヤーズはトニー・アルメイダと付き合っていて「ここは身内で回り過ぎている」と怒っていたのだけれど、実際にはジョージ・メイソン役のザンダー・バークレーとニーナ・マイヤーズ役のサラ・クラークとシーズン1放送後に結婚した事を知っているので、お前!お前!で後から見るとニヤニヤが止まらなかった。

やっぱり「24」はおもしろく、わたしの中の三大ドラマ(後二つは「ER」と「スタートレック:ディープ・スペース・ナイン」)
シーズン2以降も続けて見て行こうかと思うのだけど、どうしようかと迷うのは「24 JAPAN」。
インターネットでこれまでの放送を配信しているみたいだけれど、評判的に相当アレらしいので、これを見てしまうかどうか…。

第55回スーパーボウル

2021年02月09日 火曜日

異例の中でのNFLのシーズンが始まり、観客がいないとやっぱり試合が盛り上がりに欠けるのはあったけれど、色々と楽しめたレギュラーシーズンも終わって、いよいよの「第55回スーパーボウル」

今回のスーパーボウルは若手最強最高のQBパトリック・マホームズ対「GOAT(Greatest of All Time)」こと最年長QBのトム・ブレイディという対決だけでもワクワク感が止まらなかったし、カンザスシティ・チーフスが勝てば15年無かった連覇だし、タンパベイ・バッカニアーズが勝てば十八年振り二回目で、トム・ブレイディは七回目だし、どっちが勝っても元々凄い試合ではあったけれど、今年もスーパーボウルが終わってみれば「やっぱり、トム・ブレイディは凄い」だった。

シーズン開幕前からフリーエージェントになったトム・ブレイディをニューイングランド・ペイトリオッツが残留させなかった事から驚きで、そのトム・ブレイディはバッカニアーズに移籍した事も驚き。
更に引退してWWEのレッスルマニアのホストしてたはずのロブ・グロンコウスキーが現役復帰し、しかもグロンコウスキーまでバッカニアーズに行くという驚き。
しかも、そのバッカニアーズはレギュラー・シーズンは結構強く、まさかと思ったらプレーオフ進出も驚き。
しかも、プレーオフではレギュラーシリーズで強かったベテランQBのドリュー・ブリーズ率いるニューオーリンズ・セインツを破り、同じくレギュラーシリーズで強かったベテランQBアーロン・ロジャース率いるグリーンベイ・パッカーズを破り、まさかのスーパーボウル進出も驚き。
しかも、これまでのスーパーボウルでは一回も無かった開催地のチームがスーパーボウルに勝ち上がって来て、スーパーボウルの呪いを破っての進出も驚き。
しかも、バッカニアーズが勝って、トム・ブレイディは前人未到のスーパーボウル十回進出で七勝という記録を伸ばしてしまったのも驚き。
やっぱり、トム・ブレイディは凄い。

トム・ブレイディがこれまでの20年間在籍したペイトリオッツでの強さはチームの体制もそうだし、ヘッドコーチのビル・ベリチックもいたからの強さは分かるけれど、バッカニアーズに移籍して一年目でスーパーボウルに勝つとは思わなかった。
特にNFCはパッカーズやセインツが強かったから、ベテランQBのチームが勝つんじゃないか?ブリーズやロジャースのスーパーボウル見たいな…と思っていたら、そこを破って出て来たバッカニアーズのチームの完成度と勢いが上がって行く様は凄かった。
ただ、チーフスはレギュラーシリーズもプレーオフも圧倒的な強さで、わたしは試合前はチーフスが結構圧倒的な感じで点数を取り、バッカニアーズがどれだけ食いついて行くかなんじゃないか?と思っていたら、逆の展開。
バッカニアーズのディフェンスがチーフスのオフェンスに仕事をさせず、バッカニアーズのオフェンスがガンガン攻めて行く展開で、これまでのチーフスは何処に行ってしまったのか状態。

見ていた途中で思い浮かんだのは第50回スーパーボウル。
レギュラーシリーズもプレーオフも圧倒的な強さだったカロライナ・パンサーズの若手QBのキャム・ニュートンは走っても投げても良し。
一方のデンバー・ブロンコスは移籍してきたベテランQBのペイトン・マニングで、この時もパンサーズが勝つんじゃないかと思ったら、ブロンコスのディフェンスが強くてキャム・ニュートンが何も出来ずに終わったのを思い出していた。
ただ、この時のペイトン・マニングは結構ヘロヘロで何とかディフェンスに支えられてやっていた感じだったけれど、今回のトム・ブレイディはキャリア最終盤感が全然無い、まだまだ行ける感全開で、この半端なさは何なんだ。

去年のチーフスのスーパーボウルの勝利で、チーフスとパトリック・マホームズがNFLの中心になっていたと思ったら、それでもトム・ブレイディが中心に戻し取って行くってトンデモないよなぁ。
トム・ブレイディは若い時に2001年、2003年、2004年シーズンとスーパーボウルに勝った時も凄いけれど、37歳を過ぎてからの2014年、2016年、2018年、2020年シーズンと一年おきに勝っているのって凄過ぎる。
そう、今回もしかしてのもしかしてでバッカニアーズが勝つかもしれないと思ったのはこのブレイディの一年おきのジンクスと言うか、事実。
トム・ブレイディはまだ現役を続けるみたいだから、これなら2022年シーズンも勝って、そこで引退?と思ってみたり。

それにしても、このこれからずっと語られる、皆が喋りたいであろう伝説を同時期に見られるのって最高。
今回のスーパーボウルも楽しかった。

今年は映画もテレビドラマも全く見なかった

2020年12月31日 木曜日

毎年年末にはその年に見た映画やテレビドラマで一番おもしろかったのを決めていたりしたんだけれど、気が付けば今年は一つも映画もテレビドラマも見なかった。

一番大きかったのは録画機が壊れてしまって録画して見る事が出来なくなり、そもそもテレビが部屋に無いので録画以外では携帯電話でDlifeのアプリでドラマを見ていたけれど、Dlifeのアプリでの番組配信は去年に終了し、しかもDlifeのチャンネル自体が終了と言う、中々珍しい事になってテレビドラマを見る方法も無くなってしまいで、結局全く見なくなってしまった。

一時期はほぼ毎日、一日一作映画を見ていた時期もあったのに興味が無くなってしまったと言うか、見るのが面倒臭くなってしまったと言うかで見なくなったけれど、まあ見なくても何ともないし、見ようとする気力の興し方の面倒臭さを思うとYouTubeとかを見ている方が簡単で楽しくなってしまった。
映画やテレビドラマの替わりがYouTubeのゲーム動画やその他動画で、それをラジオ替わりにゲームしたりしていた。