前期見たドラマは当たり無しな上、遂に「エージェント・オブ・シールド」を見るのを止めた

2018年10月01日 月曜日

2018年7~9月期に見たドラマは、新シーズンが開始されたのを含め、引き続き、

CSI:科学捜査班 シーズン1112
CSI:ニューヨーク シーズン6
ER緊急救命室 シーズン1213

を見た。

「エージェント・オブ・シールド」のシーズン4もDlifeで放送していたけれど、余りのつまらなさに見るのを止めてしまった。
「エージェント・オブ・シールド」はマーベルという事で見始め、シーズン1はおもしろかったのに、シーズン2からつまらなくなり、もうそれ以降は余りのつまらなさにずっと流し見状態になっていた。
シーズン4も序盤の自動車に乗るゴーストライダー辺りまでは見ていたけれど、ゴーストライダーというテコ入れ要員が出て来てもおもしろくはなく、クソつまらないので遂に見るのを止めてしまった。
一応シーズン最後まで録画はしてあるけれど、宣伝を省く為に編集して何となく見た感じでは最後までエイダの話で行くみたいなので見る気はせず。
「エージェント・オブ・シールド」も終わりでいいか…。
 
 
CSI:科学捜査班 11

シーズン終盤でレイモンド・ラングストンと連続殺人犯ハスケルの対決になるのだけれど、これがつまらなかった。
「CSI」ではこれまでもサイコパスな連続殺人犯との連続する対決話はどれもつまらなかったけれど、何で何度もやるんだろう?
今回のハスケルも、シーズン序盤にハスケルを少し出して後は出て来ず、最後に一気にまとめて出すけれど、三話も引っ張って、引っ張り過ぎで飽きていた。
しかも、シーズン最終話でもレイモンド・ラングストンがどうなったかの結末を描かないままで終わって、シーズン12の1話目でもレイモンド・ラングストンは登場しないまま行き成りD・B・ラッセルに交代していて、消化不良ったらない。
アメリカでもシーズン11の視聴者数は1200万~1400万人台だったのに、この最後の3話は1000万~1100万人台と急激に悪くなっており、アメリカ人も興味無しだった様子。
D・B・ラッセルに交代した後にこのレイモンド・ラングストンのいた時期を思い返すと、一体レイモンド・ラングストン期って何だったんだ?と思ってしまう位の繋ぎ感。

18話「ギャンブルラボ」では殺人・事故死・自殺に加えて、自然死の事件があればサイクルヒットだと言い、皆で誰が自然死を担当するかで賭けが始まるという、日本だと「不謹慎だ!」と苦情大好き人間から抗議が来そうな展開。
笑いの回ではあったけれど、ちゃんと複数の事件が二転三転する展開で上手い回でもあった。
検死部に新人が来て、これが適当で強烈な人物だったので、この人物が後々も定着するのかな?と思ったら、最後の最後に自然死を出す為だけに登場させた人物で笑ってしまう。

19話「レディ・ヘザーの治療室」で久々にレディ・ヘザーが登場。
ギル・グリッソムと仲が良過ぎて通じ合っていたレディ・ヘザーだけに、サラ・サイドルが捜査でレディ・ヘザーと会った時にはもっとバチバチ感が出るのかと思ったのに、そうでもなくて肩透かし。
むしろレディ・ヘザーはレイモンド・ラングストンの相談人になり、やっぱりレイモンド・ラングストンはギル・グリッソムの後を負い過ぎな人物になっている。

20話「惨劇へのプロローグ」に久々にソフィア・カーティスが登場。
以前、ほぼレギュラー並みに登場していたのに急に登場しなくなったと思ったら、本部長補佐になっていた。

21話「この世の地獄」にはモーガン・ブロディがロス市警の警官として登場。
実はモーガンはコンラッド・エクリーの娘で、父親とは全然会っていなかったという設定。
「CSI」の人々は家族関係がややこしい人が多いな。
で、このモーガン・ブロディはシーズン12からレギュラーに。
 
 
CSI:科学捜査班 12

シーズン11に引き続き、Dlifeでシーズン12が開始。

シーズン・プレミアから、前シーズンのはっきりとしないままで終わってしまったレイモンド・ラングストンも登場せず、行き成りD・B・ラッセルが主任になっており、コンラッド・エクリーの娘モーガン・ブロディが何かよく分からない理由でラスベガスのCSIにやって来るとか、一話目から急激なテコ入れ展開で結構ついて行けず。

序盤はしっかりと二転三転する展開で「CSI」のおもしろさが十分にあるんだけれど、やたらと重い話ばかりで見ていて楽しくない。
4話「ゲッダの日記」で「CSI」の特徴的ネタであるラスベガスの過去のマフィア話からの因縁で起こる事件をやり、これでこその「CSI」。

5話「娘よ」でモーガン・ブロディがハイジャックされたヘリコプターで人質となる話で、チームが一丸となって証拠から事件と行き先を突き止めて行くのも「CSI」らしさがあっておもしろい回。
以前から思っていたけれど、意外にコンラッド・エクリーが良い役に成長したなぁ。
序盤は昼番の主任で、上昇志向と対抗意識がバリバリの嫌な奴だったのが、副保安官になって世間や上層部と現場を何とか上手くやらせる中間管理職になってから役に深みを増し、今度は娘との問題まで出て来て、ウェンディー・シムズが出て行った後はレギュラーのはずなのに顔を出さない回もある位存在感の薄いデヴィッド・ホッジスよりも全然濃くなっている。

9話「殺人兵器」では死体のない事件現場の捜査から特殊な軍用銃が浮かび、その銃を国外で扱っている軍事企業を捜査しているFBIとの合同捜査になる。
初めはCSIとFBIとの主導権争いかと思ったら、直ぐに協力し合うのは気持ち良い所。
この回の結末は、結局巨大な軍事産業を裁くのは難しい…かと思いきや、11話「キャサリンの運命」、12話「CSI全員招集」でもこの銃と軍事企業の話に繋がる意外性のある展開に発展。
しかも11話「キャサリンの運命」ではキャサリン・ウィロウズが襲撃されて、撃たれて次回に引っ張る展開だし、その結末の12話「CSI全員招集」でキャサリン・ウィロウズがCSIを辞めてFBIに行く退場となり、これまた意外な終わりを見せた。
ただ、このキャサリン・ウィロウズの最後は「CSI」のレギュラー陣を一堂に集めて感謝の意を述べる、非常に「CSI」っぽくないお涙頂戴の見せ場で、結構白けた。
こういうベタベタした、役者の降板の分かり易い終わらせ方が嫌いだから、それが少ないアメリカンドラマ見ているのになぁ。
それにキャサリン・ウィロウズがCSIを辞めた理由も分からない。
これまで別の仕事への誘いがあったりして辞職への振りはあったものの、この回での偽の辞職届を否定して、CSIの仲間を称賛しているにも関わらず、突然のFBIからのお誘い、しかも彼が人事の決定権を持っている訳はないだろ…なまだ若手の捜査官からお誘いに簡単に乗ってしまい、何の葛藤も無くあっさりとCSIを辞めてしまう軽過ぎなキャサリン・ウィロウズに物凄い違和感。
この一連の事件はキャサリン・ウィロウズの見せ場は多く、カッコいい場面も多かったのに、キャサリン・ウィロウズの詳しい心情の変化を見せないまま突然に去るって結構酷い。
「CSI」って、ゲイリー・ドゥーダンが私生活で問題を起こしたのでウォリック・ブラウンも殺しちゃえで降板させたり、鬱的にまで悩んで辞めたのに、特に詳しい理由も無いまま、あっさり戻って来たサラ・サイドルとか、降板や再登板に関しては大分お座なりな感じはあると言えばある。

12話でキャサリン・ウィロウズが退場したと思ったら14話「血の方程式」でジュリー・フィンレイが登場し、そのままレギュラーに。
キャサリンの穴埋めが早過ぎてついて行けず。
しかも新顔のD・B・ラッセルと、彼が連れて来たジュリー・フィンレイがチームの中心みたいになってしまうと、最早このドラマ何だったけ?状態で、ずっと「CSI」を見ていると物凄い違和感。
まだニック・ストークスやサラ・サイドルが昇格して中心になり、若手が次々と入って来て新人を教え込むなら新規視聴者も入り易いのに、新顔二人がでかい顔って、初めからの役者達は何も言わなかったのだろうか?

18話「残酷なワンダーランド」には、今まで話には良く出ていたデヴィッド・ホッジスの母親が登場。
やたらとデヴィッド・ホッジスが「ママ、ママ」と言うマザコン気味で、話では母親も過保護なのでどんな母親かと思ったら、大分若作りでイケイケなママで想像を外して来た。

最終話22話「カルマ」では、夫婦関係の犯罪かと思いきや、そこからウォリック・ブラウンを殺した元副保安官マッキーンが登場し、彼が裏で操っているという意外な展開に。
しかも、この最終話でニック・ストークスが「辞める!」と言い出すし、コンラッド・エクリーは襲撃されるし、D・B・ラッセルの孫が誘拐されるし、ジュリー・フィンレイも狙われるしの、見事に色々詰め込んだ終わりでクリフハンガー。
ニック・ストークスに関してはジョージ・イーズが降板しないの知っているので、アメリカドラマのよくあるシーズンまたぎのどっちに転ぶかは茶番にはなっているけれど。
 
 
CSI:ニューヨーク 6
 
 
CSIフランチャイズでは地上波で「CSI:マイアミ」を一応は最終シーズンまで見て、もう一度Dlifeで見直す気にはならないけれど、「CSI:ニューヨーク」はある程度地上波で見て、その後またシーズン1からDlifeで見始めたけれど、どうにもここら辺に来て段々と飽きて来た。
「調査の結果は…」とか、「聞き込みでは…」とか、それを直接見せずに台詞だけで簡単に済ましてしまう事が多くなり、科学捜査の面白味が少なく、都合良さを感じてしまい、どうにも乗れなくなっている。
それに、マック・テイラーホレイショ・ケインとは違う「大人な俺ってカッコいいでしょ」感を出して来ているのがちょっと鼻につきだして来てしまった事も乗れなくなっている要因。
で、Dlifeの見逃し配信で見ていたけれど、時々時間的に合わなくて何話か見逃してしまう位、ちょっと「CSI:ニューヨーク」を見る気力が落ちてしまっていた。

最終話で長々と引っ張って来たシェーン・ケイシーの結末を描くけれど、この続いて来たシェーン・ケイシーの話が本当につまらなかった。
都合良く簡単に逃げ出すシェーン・ケイシー。
CSIに謎解きをさせる見せ場を作るためだけのシェーン・ケイシーの問題出し。
常にシェーン・ケイシーが先手を取り、常に用意周到。
シェーン・ケイシーは全ての行動を把握しているのに、携帯電話も持っているのにダニー・メッサーとリンジー・モンローにCSIは連絡も取れないという馬鹿馬鹿しさ。
この回の都合の良いだけの脚本の酷さったらなかった。
コンパスキラーもそうだったけれど、この引っ張りの話は犯人の都合の良いだけの展開はつまらないし、引っ張るだけの話の強さも無いし、結末も死んだ風に思えないと思ったらやっぱりシェーン・ケイシーは生きていて、そこから次シーズンへのクリフハンガーで見る気が薄れてしまった。
丁度良いのは、Dlifeでの放送がシーズン6で終わり、シーズン7が直ぐに始まらなかった事。
暫く期間を開ければ、またシーズン7からも見れそう。
 
 
ER緊急救命室 12
 
 
これまでの「ER」で新人から成長し、ERを仕切るまでになったジョン・カーターがシーズン11の最終話で退場してしまい、更にシーズン11でER部長にもなったスーザン・ルイス体制になって、ある程度は安定したはずだったのに、3話目「対立」で台詞だけでスーザン・ルイスがERを辞めた事が告げられて、ERを引っ張って来たもう一人のスーザン・ルイスまでいなくなってしまい、ドラマ内のERの頼りなさもそうだし、ドラマ「ER」としてこれまで中心人物の役者がいなくなった頼りなさったらない。

これまで「ER」を引っ張って来たジョン・カーターの最後は今までのオリジナル・メンバーに比べると感動的な締めでもなかったのに、スーザン・ルイスは特別な終わりも無いままで、気付いたらいなくなっていたとか酷い終わり方。
確かに以前の一回目のスーザン・ルイスの退場の仕方もぶち切れて出て行って本当に出て行ったままだったという、突然辞めてしまうのがスーザン・ルイスでもあるけれど、この終わり方は無い。
この終わり方って、スーザン・ルイス役のシェリー・ストリングフィールドがまだやる気でシーズン11はいたけれどシーズン12になったら何らかの理由で契約更新しなかったのでの急な取り繕い感ばかりを感じてしまう。
シーズン10でのロバート・ロマノにしろ、シーズン11でのエリザベス・コーデイにしろ、ジン・メイ・チェンにしろ、ここ数シーズンの「ER」でのレギュラー陣の終わらせ方のお座なり感は結構酷く、これも視聴者数が落ちて行った大きな原因ではあると思う。

そこでシーズン12の序盤で新たに結構強烈な新登場人物を入れて来た。
新しい看護師イブ・ペイトンやスタッフ・ドクターのビクター・クレメンテといったゴリゴリに主張して来くるけれど仕事は出来るという人物で、この二人は以前のロバート・ロマノの様な、あの感じで良い感じ。
なのに、二人とも定着する事無く、イブ・ペイトンは中盤で行き成りいなくなるし、ビクター・クレメンテもおかしくなって終わりで、物凄く勿体無い。

それ以外にもジョン・カーターが抜けてしまった為のテコ入れは半端ない。
序盤にグレゴリー・プラットの父親役でダニー・グローヴァーが。
7話「誘拐犯」では、まだこの時点ではゲストだったけれどシーズン13からレギュラーになるジョン・ステイモス演じるトニー・ゲイツが。
ビクター・クレメンテ役のジョン・レグイザモと言い、有名俳優を登場させて視聴者を離さない様にはしている。

15話「ダルフール」でジョン・カーターが久々に登場。
ただ、当たり前だけれどアフリカでの話でERの面々との絡みは無く、しかも「現場は物資が足りない。多くの人が酷い目にあっている。現地人は粗暴で残酷。何も出来ずに戸惑うしかない」という、これまでもやって来た事の繰り返しなので、物凄くつまらない。
まだこれやるの?で飽き飽きなネタ。

飽きなのに更に20話「天使のいないところ」ではグレゴリー・プラットのダルフール話も。
以前はERから外に出ると身近な事故や事件に対処するERの人々が描かれて、急にスペクタクルやディザスターモノになっておもしろかったのに、ここ何シーズンかはER外の話はアフリカばっかりで本当につまらなくなってしまった。

21話「悲報再び」でマイケル・ガラントの戦死が描かれるのだけれど、「ER」では劇的な展開を狙い過ぎてレギュラーだった人を殺して退場させる悪癖が続いてしまっている。
殺さずに退場させておけば、スーザン・ルイスやジン・メイ・チェンの様に出戻りをやれて楽しいのに殺し過ぎ。
マイケル・ガラントの場合は死亡フラグを立てまくってはいたけれど、死亡で退場は、もう白けてしまう。

シーズン最終話22話「21発の礼砲」ではマイケル・ガラントの葬儀とERでサマンサ・タガートの元夫スティーブが再び運ばれて来て、サマンサ・タガートを人質にしての銃撃から脱走する盛沢山の展開。
なので話は結構勿体無い散漫さがある。
マイケル・ガラントの葬儀でニーラ・ラスゴートラとグレゴリー・プラットを描くのにERでの銃撃話が大きくなって、しかもジェリー・マーコヴィックが撃たれ、アビー・ロックハートも倒れてしまって「どうなるの?」のクリフハンガーなので、グレゴリー・プラットが「マイケル・ガラントの事を忘れる奴はいない。」と言わせておきながら、この回見終わるとマイケル・ガラントの葬儀の話は興味が減って忘れてしまうという体たらく。
ERでの銃撃も以前もあったERでのパニック話と比べると狙い過ぎた感じがしていまいち。
それにケリー・ウィーヴァーの足の手術で杖無しで歩ける様になった事も大して引っ張る事もないまま、さらっとし過ぎだし、そもそもケリー・ウィーバーの特徴を無くす必要あったの?と思うし。
ケリー・ウィーバーはレギュラーではあるけれど前のシーズン位からERにはほとんど顔を出さなくなり、そもそも出て来ない事も多くなり、存在感が薄くなり過ぎで、それを埋める為に急激な展開を見せているけれど、これがどれも急な話で無理やりねじ込んだ感が否めない。
そう言えば、ジェリー・マーコヴィックって助かったはいいけれど、その後全然出て来なくなってしまったなぁ。
降板の最後の手土産みたいなモノか。
 
 
ER緊急救命室 13
 
 
続けてDlifeで始まったシーズン13。
今まで見て来たシーズンでは前に一度見ていたので覚えていたけれど、このシーズンになってからはトニー・ゲイツの展開とかは覚えていたけれど、他の登場人物の展開は全然覚えておらず、多分この頃に興味が薄れて何時の間にか見なくなってしまったはず。
改めて見てもおもしろい部分はあるけれど、何じゃこりゃ?な展開もあって、やっぱり興味が薄れる部分は多かった。

前のシーズンで下げ止まらない視聴者数を取り戻そうとしたのか、このシーズンからオープニング・クレジットが短縮版に変更。
あの音楽とレギュラー紹介が無くなってしまい、ドラマが始まるという高揚感が無い。
落ち目の番組って、製作側に「何かを変えなくちゃ!!」という強迫的な変更心が生まれるのかもしれないけれど、長年やって来た事を変えても以前からのファンは毛嫌いするし、オープニング・クレジットを変えた所で視聴者が増える様には思えないのだけれど、何で変えたのだろう?

それにシーズン12で救命士としてゲスト出演だったトニー・ゲイツがレギュラーになったけれど、行き成りインターンに変更。この変更の強引な事と言ったらない。
トニー・ゲイツの人物像も自信過剰で独断専行型で調子乗りって、これまでもデイブ・マルッチやグレゴリー・プラットで見て来ただけに物凄い既視感。
だからなのか、その感じはシーズンの序盤位までで鳴りを潜め、亡き友人の妻子の面倒を見つつも母親と寝てしまいながらニーラ・ラスゴートラとの恋愛とかの複雑な関係から、母親が死んでしまって娘の面倒を見る展開になり、トニー・ゲイツ役のジョン・ステイモスのお馴染み「おいたん」ことドラマ「フルハウス」のジェシー・コクランみたいな展開になり、トニー・ゲイツが複雑な人物に変化していておもしろくなった。
ただトニー・ゲイツは「フルハウス」に引っ張られて、「ER」が描くおいたんみたいな感じになっている気がする。
それとトニー・ゲイツに関しては、「フルハウス」でのジェシーおいたんの吹き替えが堀内賢雄でお馴染みだったのに、「ER」ではシーズン11から準レギュラー的に登場しているルシアン・ドゥベンコの吹き替えで堀内賢雄を使ってしまった為に、ジョン・ステイモスなのに堀内賢雄が使えない状態になるという、日本語吹き替え版製作班が避ける事の出来なかった事態になっていたのだけれど、トニー・ゲイツの吹き替えの東地宏樹が大分堀内賢雄っぽくて違和感が無いのが凄い。
何処まで東地宏樹が堀内賢雄を意識したのか、研究したのか分からないけれど、堀内賢雄のジョン・ステイモスに慣れていてもスッと入って来る。
逆に、トニー・ゲイツとルシアン・ドゥベンコが並んで話す場面があったけれど、堀内賢雄のルシアン・ドゥベンコに慣れてしまうとこの場面の物凄く不思議な感じがする事ったらない。

ニーラ・ラスゴートラを中心としたレイ・バーネットとトニー・ゲイツとの三角関係も見所の一つなんだろうけれど、これがちょっと安っぽいメロドラマで、これまでの「ER」での恋愛劇を考えると対象年齢を急に落とした感じ。
最終的に、「私を取り合って喧嘩しないで!」という完全にティーン向けの安っぽい恋愛にしてしまうし、つまらなさ過ぎる。
それにこの展開だとニーラ・ラスゴートラがただの八方美人で優柔不断な尻軽女でしかなく、マイケル・ガラント死後のビッチ化が進んで、見ていてもドンドン嫌いになって行く。
これだけ引っ張りに引っ張った恋愛劇が最終的にレイ・バーネットが行き成り事故にあって両足失って退場で終わりって酷過ぎる。
最終話で事故にあった訳でなく、21話でレイ・バーネットが事故にあっているのでレイ・バーネット役のシェーン・ウェストの降板が大分前に決まっていたのだろうけれど、だったらこんな展開で御終いにせずに、もっとちゃんと見せて欲しかった。
ここ数シーズンのレギュラーの退場って、「何やかんやあったけれど、最後に突然地球が爆発して終わり!」みたいな、馬鹿な脚本家が書いた受け狙いの適当過ぎる終わらせ方と変わらない様な気がしないでもない。
同じ突然の退場でも、以前はよく出来たのになぁ。

1話目「危機脱出」はシーズン12の最終話からの続き。
まあ、当然の様にジェリーは助かるけれど、アビー・ロックハートの子供はどうなるかは引っ張る。
このジェリーの生きるか死ぬかや、アーチー・モリスが製薬会社に行ってERを去るとかのシーズン替わりでのレギュラーや準レギュラーの役者の降板を匂わせる様な展開って、当時に見ていれば「どうなるの?」だけれど、今見てしまうと降板しないのを知っているので、在り来たりの見え透いたやり方になってしまっているので結構白ける。
それにサマンサ・タガートの誘拐の話も、こう長く続いているのでネタが被るのは仕方ないのかもしれないけれど、アビー・ロックハートで誘拐話をしているので結構既視感がある。

アビー・ロックハートの子供の話は2話の「卒業の日」で何とか助かったけれど、「ER」の製作陣って子供が嫌いなんだろうか?と思ってしまう位のこれまでの子供の不幸話の連続。
ジン・メイ・チェンは育てられなくて養子に出すし、ピーター・ベントンの息子リースは難聴で養育権争いに巻き込まれ、ケリー・ウィーバーも流産し、パートナーのサンディ・ロペスが死亡して息子のヘンリーの養育権争いが起こるし、マーク・グリーンの娘レイチェルは父親の死を受け入れられない中で看取ったり、エリザベス・コーデイもマーク・グリーンとの娘エラは死にかけるわ、父親は物心つく前に死んでしまうわ、ルカ・コバッチュの妻子は戦争で亡くしているし、ジョン・カーターは死産だし、サマンサ・タガートの息子アレックスは犯罪者の父親に振り回されるし、レギュラー陣だけでも次から次と子供が不幸になる話ばかり。

2話からシーズン12で急に数話だけ出て来て音沙汰無しだったトニー・ゲイツが再び登場し、救急隊員だったのに行き成りインターンになっている。
アビー・ロックハートの時もそうだったけれど、突然インターンになったりとか実際はそんな事出来るの?展開の都合上のファンタジーなの?
で、このトニー・ゲイツとニーラ・ラスゴートラがシーズン12でもちょっと展開された恋愛話の続きを見せるのだけれど、シーズン12で見せたニーラ・ラスゴートラの尻軽女が爆発。
そもそもシーズン12で夫のマイケル・ガラントの出兵を待っていながら友達としてレイ・バーネットとルームシェアしていて、レイ・バーネットとの関係が発展しそうなのでニーラ・ラスゴートラが出て行く事にした時に、レイ・バーネットとしてはニーラ・ラスゴートラが好きだけれどもマイケル・ガラントがいるの分かっているので非常に言葉を選んでニーラ・ラスゴートラの事を「最高の友達だ!」と言ったらニーラ・ラスゴートラが残念そう、呆れた顔した時点からニーラのビッチ感が急激に増して来たけれど、この2話でマイケル・ガラントが死んだばかりなのに酔っ払ってトニー・ゲイツとキスしてしまうニーラの軽さったらない。

7話「ジグソーパズル」はアーチー・モリスが、あのいい加減男から徐々に医師の使命感に燃え始めるのに、その切っ掛けが多重人格者とか非常に安っぽい。

9話「緊急搬送」は「ERから出ると大惨事」を久々にやっていて、アビー・ロックハートが救急ヘリに同乗するとバスの事故現場に行く事になるんだけれど、これが崖ギリギリにバスが落ちそうな状態で、そのバスの中で身動きが取れない母親を助けようとする子供というベタで狙い過ぎな設定の上、アビー・ロックハートが独断で突っ走り、ギリギリで母親を助け出し、搬送隊員とバスから抜け出すとバスが崖下に落ちるとか、非常に安っぽいアクション映画みたいな展開。
で、この回の終わりはスタッフルームでERのレギュラーと準レギュラーが集まって感謝祭なので皆で食事するという場面。
「ER」ってこんなにベタベタしてたっけ?

12話「傷ついた信頼」で首を言い渡されたケリー・ウィーバーが自分から辞めてしまう。
この突然の退場って「ER」っぽくはあるけれど、もう何シーズンも続くレギュラー陣の印象に残らない辞め方で、シーズン2から出ていたケリー・ウィーバーの終わりがこんな薄い感じで良いの?という感じ。
なのに、13話「不協和音」でもケリー・ウィーバーが出て来て、ERの人々に感謝を言って回るけれど、これはこれでグダグダした蛇足感が一杯。
ケリー・ウィーバーは前の2シーズン位、管理職になったからという事でレギュラーなのに登場しない回も多く、ケリー・ウィーバーの話は取って付けた様な突然の話が多くていまいちだったからなのか、このシーズンでは管理職を降格になり、ERのスタッフに戻ったのにかつての様な「ER」の中心や非常に強い個性も発揮しないままだったし、足の手術をして杖が必要無くなったのに障害とそれが無くなってしまった後に関する話もないままで、何でケリー・ウィーバーの個性を無くす必要あったの?と疑問ばかりの扱い方のままであっさり辞めてしまい、やっぱり「ER」の中盤から増えた、もっと早く辞めておけば良かったような気がするレギュラーの降板劇だった。
あとこの13話「不協和音」は終盤でアビー・ロックハートが気にしていたエディという患者が実は父親だったとか、グレゴリー・プラットが逮捕されたとか、サマンサ・タガートの息子のサムが火遊びから家に火が回ってしまうとか、アビー・ロックハートの家にルカ・コバッチュを訴えた元患者が座っているとか、トニー・ゲイツと一緒に住んでいた友人の奥さんが自殺を図って死にそうとか、急に幾つものクリフハンガーを仕掛けて来たのはなんだろう?
シーズン最終話で次のシーズンまでの引っ張りでやりそうな感じなのに、シーズンの中途半端な所でやっているのは何故?

で、14話「心の雑音」ではアビー・ロックハートの父親の話は元患者の話で一切出て来ず、グレゴリー・プラットの話はまだ続くし、サマンサ・タガートの息子の火事も続行だし、ルカ・コバッチュの元患者もトニー・ゲイツの友人の奥さんも死亡で、解決したのは元患者の話位。
これって、ケリー・ウィーバーの退場で視聴者を集めて、これからの予告としてのクリフハンガーの連続だったのだろうか?
元患者の話は考えさせられる様な話にはなっていたけれど、障害を持って追い詰められても犯罪を犯さない人がほとんどなのだから、何だかんだ泣き言を言い続けたけれど、結局はヤバい奴だったとしか思えず。
結局死んだので問題解決という終わらせ方も都合が良い。

21話「結婚しよう」で遂にアビー・ロックハートとルカ・コバッチュが結婚。
アビー・ロックハートは確かに一回結婚生活を失敗しているので結婚に対して嫌がるのは分かるけれど、それ以上に異常なまでに結婚や結婚式に対する拒絶反応に関して説明が無いので、何でそんなに嫌なの?と結構疑問。
この回でレイ・バーネットとトニー・ゲイツが喧嘩していたけれど、二人がボコボコにするならどうしようもないニーラ・ラスゴートラだろ!と思ってしまった。

22話「変化の大波」で閉鎖されたERが再開されたけれど、ERの室内の壁の塗りなおし位で終わっており、結局ERを急に閉鎖して、それに関してルカ・コバッチュがERの部長を辞めるという話は結局何だったのだろう?

ワイルド・スピード SKY MISSION

2018年09月29日 土曜日

ジェームズ・ワン監督、ヴィン・ディーゼル製作・出演、ポール・ウォーカードウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムカート・ラッセル出演の2015年のアメリカ映画「ワイルド・スピード SKY MISSION(Furious 7)」
ワイルド・スピードシリーズ7作目。

前作でドミニク・トレット達が追っていたオーウェン・ショウの兄のデッカード・ショウが弟の復讐の為にルーク・ホブス捜査官やドミニク・トレット達を襲撃。
するとドミニク・トレットの前に政府の秘密組織のリーダーが現れ、彼らが探しているラムジーというハッカーを取り戻せばラムジーが開発したシステムでデッカード・ショウの行方を追うと言う取引を持ち掛けたので、ドミニク・トレット達はラムジー奪還作戦に乗り出す。

わたしのいけない癖で、映画もドラマもそのシリーズがおもしろくないと思っているのにテレビで放送していたら続けて見てしまうという、ただの時間の無駄を何故か続けてしまっているけれど、このワイルド・スピードシリーズも一作目の時点でおもしろくないと分かったはずなのに、何故か四作目以外見てしまっている。

で、この七作目「ワイルド・スピード SKY MISSION」もおもしろくはなかった。
一時期は改造自動車で走る場面がやたらと少なく、最早何の映画なのか分からなかった所から、ちゃんと自動車で走る場面が多くなってはいるけれど、世界中を巡って、色んな所に潜入して脱出したり、敵を追いかけて見付けて殴り合いしたりと、話や展開は映画のミッション・インポッシブルシリーズと変わらず、そこで最早何の映画なのか分からないし、アクション映画映画としては話や展開は大味過ぎて既視感も一杯。

展開も何だか分からなくしているのは、話の軸は前作の敵の兄の復讐から始まって、逆にその敵を追い詰める事だったのに、序盤でまるでテレビドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」の様な監視カメラやあらゆるデジタルデバイスに侵入し、そこから情報を引き出して特定の人物を探し出すシステムとそのハッカーの話になり、ジェイソン・ステイサムとは全然関係無い話に舵を切ってしまう。
確かにジェイソン・ステイサムの復讐話だけでは展開が乏しいと判断したのだろうけれど、それにしても主軸ではない話をずらして主軸にしてしまうと「あれっ?」とばかり感じて興味は行かない。
しかも、このハッカーを助ける為に協力したのは神出鬼没のジェイソン・ステイサムを探し出す為だったのに、ヴィン・ディーゼル達が行動を起こすと必ずジェイソン・ステイサムがひょっこり現れるので、システムを使って探す必要が全くなくて最早何しているのか分からない展開。
ジェイソン・ステイサムが現れてもヴィン・ディーゼル達はジェイソン・ステイサムを捕まえたり、戦って倒そうともせず、ジェイソン・ステイサムからは逃げ出すだけで、本来の目的が何なのかも分からない状態にしている酷い脚本。

他にもドウェイン・ジョンソンはクレジットは三番目なのに初めと終わりに少しだけ登場するだけだし、カート・ラッセルはあれだけ思わせ振りに登場し、カート・ラッセルという大御所出しておきながら見せ場は一瞬で終わって、その後がどうなったのかも一切描かない尻切れトンボの退場のさせ方だし、ハリウッド映画でやり勝ちの元格闘家をボディーガード役でアクションさせるというのがこれでもあり、わたしはUFCは知らないけれどWWEは見ているので知っているロンダ・ラウジーが登場しミシェル・ロドリゲスと殴り合いになるけれど、これも結局決着を見せないままで終わってしまい、本当に登場人物の扱いがクソ。
そう言えばこのシリーズの主役ってポール・ウォーカーの方だったんじゃないかと思ったのだけれど、ヴィン・ディーゼルが製作に入ってからはヴィン・ディーゼルが主役になってしまい、ポール・ウォーカーも最早一味の一人の脇役になってしまっているし。

それに敵のジェイソン・ステイサムも印象に残らない。
ひょっこり現れるジェイソン・ステイサムは、そこまで復讐に燃えているのに結構あっさり諦めて見逃すし、必ずヴィン・ディーゼル達の前に現れるのにどうやってヴィン・ディーゼル達の行動を把握しているのか一切描かれず、この展開だと仲間に裏切者がいるという裏があるかと思ったら何も無く、ジェイソン・ステイサムの都合良さったらない。
ジェイソン・ステイサムが印象に残らないのは、ジェイソン・ステイサムは格好つけている役が多いけれど格好つけているのに全然格好良く見えなかったり、あのわざとらしく枯らした様な格好つけた喋り方が嫌いとか、わたしが元々ジェイソン・ステイサムを嫌いというのもあるのだろうけれど。
しかし、元々ヴィン・ディーゼルがいて、そこにドウェイン・ジョンソンも出演しているのに、何で同じ様なムキムキのハゲのおっさんのジェイソン・ステイサムを加えて、ムキムキのハゲのおっさん同士の殴り合いを毎回せんといかんのかも謎。
今のアメリカのアクション映画好きって、ムキムキのハゲのおっさん好きばっかりなの?
ただ、この映画の唯一の見せ場はドウェイン・ジョンソンがジェイソン・ステイサムにロックボトムを決める場面。

この映画、何でこんなにシリーズが作られ、しかもヒットしているのかがよく分からない。
最初の二作とそれ以降は別物だし、その後の単なるアクション映画も一作見れば十分だし、自動車が壊れまくっても何がおもしろいのかよく分からないし、あれだけ町を破壊して、描かれてはいないけれど関係無い市民を巻き添えに無数の死者を出しているはずなのに、最終的には「一番大事なのは家族」。でも、自分達以外の家族はどうなろうと知ったこっちゃない…という行動を見せられて、これが正義の主人公だ!と見せられても全く響かないし、何を楽しめば良いのかもよく分からなかった。

☆★★★★
 
 
関連:ワイルド・スピード
   ワイルド・スピードX2
   ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
   ワイルド・スピード MEGA MAX
   ワイルド・スピード EURO MISSION

ワイルド・スピード EURO MISSION

2018年09月28日 金曜日

ジャスティン・リン製作総指揮・監督、ヴィン・ディーゼル製作・出演、ポール・ウォーカードウェイン・ジョンソン出演の2013年のアメリカ映画「ワイルド・スピード EURO MISSION(Fast & Furious 6)」。
ワイルド・スピードシリーズ六作目。

前作で大金を得たドミニク・トレットとブライアン・オコナーは静かに暮らしていたが、そこに前作で彼らを捕まえようとしたルーク・ホブス捜査官が犯人逮捕の協力を申し出て来た。
その相手は以前の潜入捜査で死んだはずのドミニク・トレットの恋人レティ・オルティスだった。
レティ・オルティスは元軍人のオーウェン・ショウの下で働いており、オーウェン・ショウを捕まえる為にドミニク・トレットとブライアン・オコナーは再び仲間を集めた。

このシリーズは以前に1作目から3作目まで見て、どれもつまらなかったのに、何故か5作目「ワイルド・スピード MEGA MAX」を見て、続けてこの6作目を見たけれど、やっぱりつまらない。
5作目の時点で話が続いていた4作目を見ていなかったので、登場人物達が誰でどういう関係性なのかもよく分からないままで置いてけ堀だったけれど、その置いてけ堀だった続編なので興味も無く、「またあの人々が何かしている…」位。
死んだはずの恋人が実は生きていた!となっても、その元を知らないので「う、うん…」と驚きも感慨も無く、ダラッと流れて行くだけ。
しかも、前作はヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカー一味は国際指名手配されている悪党で、更に町を破壊しまくり大金を盗んで罪を重ねているのに、今作では捜査官に協力する正義側に身代わりする手のひら返しで、もう設定の自由さは好き放題で白けまくり。
犯人を確保する為に捜査官が全員出払っていてインターポール本部に誰一人残っていないとか、ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカー一味を捕まえれずにあれだけの大被害出したのに何故かまだ一線で捜査しているドウェイン・ジョンソンとか、都合良く現れる人々と都合良く逃げ出す人々とか、どんだけの長距離滑走路なんだ?とか、脚本家のしたい展開の為に好きな様に展開するので、あちこちが馬鹿みたいだし、真面目に見る気がしなかった。
終盤に行き成り死んでしまったガル・ガドットも意外性も感じず、「ああ、ガル・ガドットはこれでシリーズから離れるのね…」と、アメリカのテレビドラマのシーズン最終話で突然いなくなるシリーズ降板した役者と同じ感じになってしまった。

ただ、前作が自動車での競争とかの見せ場がやたら少なく、ワイルド・スピードシリーズの特徴を削って単なる集団強奪モノ映画になっていた反省なのか、今作では結構自動車で走る場面が多くなっていたのは改善されたのかな?と思ったけれど、戦車対高級車とか、飛行機対高級車とかドンドン馬鹿みたいな事になっていて、このシリーズは自動車好き向け映画から馬鹿アクション映画に舵を切ったのでその馬鹿さ加減を楽しむのが正解なのかとも思うけれど、わたしはもうただ興味が無いので、どう転がしてもつまんない。

この映画、改造自動車で走るのではなく、大勢で悪い奴を倒すという方向性になって特徴の無いハリウッドアクション映画になってしまい、更に興味が無くなってしまった。
と言うか、単にテレビで放送していたから、シリーズを何作か見ていたので何となく見ているだけで、見ていても早送りの連続でつまらないと思っているので、最早何の為に見ているか分からない…

☆★★★★
 
 
関連:ワイルド・スピード
   ワイルド・スピードX2
   ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
   ワイルド・スピード MEGA MAX
   ワイルド・スピード SKY MISSION

ワイルド・スピード MEGA MAX

2018年09月27日 木曜日

ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル製作・出演、ポール・ウォーカードウェイン・ジョンソン出演の2011年のアメリカ映画「ワイルド・スピード MEGA MAX(Fast Five)」。
ワイルド・スピードシリーズ5作目。

ドミニク・トレットは懲役刑を受けたがブライアン・オコナーと恋人のドミニクの妹ミア・トレットによって脱獄し全員国際指名手配された。
三人はブラジルに潜伏していたが、自動車盗難の引き受ける。
その最中に仕事仲間と揉めてしまい、盗み出した自動車を自分達の物にするが、その自動車には犯罪組織のボスの裏金の運搬記録が入ったマイクロチップがあった。
そのマイクロチップの存在を知った三人は仲間を集めて大金を盗み出そうと計画するが、犯罪組織のボスは追手送り、更にはFBIの捜査官も逮捕に動いていた。

このワイルド・スピードシリーズは、わたしは確か何作か見たと思って、このブログを調べてみたら123作を見ていたけれど、その三作ともどれもほとんど覚えが無いと言う位興味が無いシリーズ。
なんだけれど、ロック様ことドウェイン・ジョンソンが出ているという部分が興味の大半で、やたらとシリーズが続いているという部分がほんの少しの興味で見てみた。

…しかし、映画が始まって直ぐに置いてけ堀。
ヴィン・ディーゼルが何で逮捕されたのか?何でポール・ウォーカー達がヴィン・ディーゼルを脱走させなくてはいけなかったのか?とか、説明も無いまま行き成り話が始まってそのまま進むので「ぽかーん…」。
見て行く内に、徐々に過去に見た映画を思い出したのだけれど、確かポール・ウォーカーは警官で何かの潜入捜査でヴィン・ディーゼルと仲良くなったはず。
なのに、犯罪者を脱走させたり、自動車強盗にワクワクしたりと落ちぶれてしまっている説明も無いので、ずっと犯罪者が犯罪者から大金を盗むだけの話にしか思えないのでただ退屈。
これは4作目を見ていないと、さっぱり分かんないのだろう。
それに思い出したのは、ワイルド・スピードシリーズって改造自動車で公道で競争するアホ共の映画だったはずなのに、この映画ではその場面がほぼないので、「ワイルド・スピードシリーズって、こんな有り触れた大金強奪話だったけ?」と思ってしまった。
しかもこの大金を盗む話はこれまでの映画で散々やって来た様な事ばかりで、まあつまらない。

それに馬鹿みたいな事ばかり。
監視カメラがあるのでそれに映らない方法は自動車で早く走り抜けるという頭の悪さ。
結局パトカーなら問題無いとなるけれど、実際の強奪の時には今までの振りは全く関係無く、警官の銃撃の中を自動車で突っ込むだけという更に頭の悪い展開。
しかも大金の入った金庫を自動車二台で引っ張って引きずり出して盗み出すという更に更に頭の悪い展開。
これまでの振りが必要無いので、後から思うと振りを見せられていた時間の無駄な事。
自動車二台で金庫を引っ張るのも普通なら引っ張れないだろ…とか、あれだけ引っ張ったら先に自動車が壊れるだろ…とか、あれだけ町を破壊しているなら多くの関係無い人も死傷しているのに全く触れずに二人は良い人とか馬鹿馬鹿しくて、一番の見せ場も白ける。

演出も大人数で銃を一気に構えて相手が怯むとか、一々有り勝ちな演出の連続で飽き飽きした。
敵にちょっと救われると直ぐに協力しちゃうとかも安っぽいし、速い自動車を手に入れる為に勝負を仕掛けて「いよいよレースか?」と思ったら、次の場面で既に相手の自動車を手に入れてレース場面を全く見せない肩透かしとか、ことごとくはまらない。

この映画、ワイルド・スピードシリーズなので改造車が公道を走る映画かと思ってみたら、これまでも散々作られた単なる大金強奪映画で既視感一杯で退屈。
ドウェイン・ジョンソンも同じハゲのムキムキのヴィン・ディーゼルがいるので似た様な見た目で印象も薄いし、やっぱり何でこのシリーズは続編が作られ続けられているんだろう?とばかり思ってしまった。

★★★★★
 
 
関連:ワイルド・スピード
   ワイルド・スピードX2
   ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
   ワイルド・スピード EURO MISSION
   ワイルド・スピード SKY MISSION

ミッション:インポッシブル3

2018年09月26日 水曜日

J・J・エイブラムス監督・脚本、トム・クルーズ製作・主演の2006年のアメリカ映画「ミッション:インポッシブル3(Mission: Impossible III)」。

IMFの現場諜報員から引退し、教育官になっていたイーサン・ハントはジュリア・ミードと結婚する事になっていた。
そこへIMFからの要請で、イーサン・ハントが育てた諜報員からの連絡が途絶え拉致されたのでイーサン・ハントに救出して欲しいという作戦に出る事となった。
イーサン・ハントは諜報員を救い出すが死亡させてしまい、諜報員を拉致して殺したブラックマーケットの商人デイヴィアンを追う事になった。
デイヴィアンはラビットフットという物を売り出そうとしてバチカン市国に現れる情報を掴み、イーサン・ハントはチームと共にバチカン市国に潜入する。

ミッション:インポッシブルの映画シリーズって、一作目の「ミッション:インポッシブル」の時点で元々のテレビドラマ「スパイ大作戦」の主人公だったジム・フェルプスを悪者にして殺してしまうという時点で最低の映画だったし、内容的にもつまらない映画だったにも関わらず、トム・クルーズがプロデュースした為なのか、その後もシリーズ化され、二作目の「ミッション:インポッシブル2」がほぼトム・クルーズのプロモーション・ビデオと揶揄される様な出来だったにも関わらずのこの三作目が製作。

わたしはこの映画は確か映画館で見た覚えがあるけれど内容をさっぱり覚えておらず、改めて見ても印象に残らない、まさに記憶に残らない映画を作らせたら今や右に並ぶ者無し監督のJ・J・エイブラムス映画だった。

もう、ミッション:インポッシブルの映画シリーズはテレビドラマの「スパイ大作戦」の特徴だった、それぞれ特殊技能を持ったメンバーが悪い奴を騙して罠にかけて事件を解決するというおもしろさや楽しを放棄して単なるトム・クルーズのアクション映画になってしまっているので、「スパイ大作戦」的なモノが無い!と怒るのは違うのだろうけれど、それにしてもこの映画では敵を騙すのは初めだけで、以降は潜入モノでもないアクション映画でしかないのがつまらない。
この映画って、イーサン・ハントのチームが敵を騙す回数より、敵がイーサン・ハント達を騙す、裏をかく回数の方が多くなかったか?

それに展開が同じ事ばかり繰り返しているのもつまらない。
何処かに派手に潜入するか、イーサン・ハントが逃げ出すかの展開ばかり。
時間ギリギリで難を逃れるか逃れないかを何度も繰り返すし、形を変えて同じ事をしているだけ。
一方であれだけ時間をかけて様々な難所を掻い潜ってバチカン市国への潜入を見せているのに、デイヴィアンを連れてバチカン市国から出る所の脱出方法は一切見せないので、潜入が馬鹿みたいに思えて来るし、帰りの省き具合の都合の良さったらない。

加えて流石のJ・J・エイブラムス脚本だけあって、話もよく分からない部分が多数。
デイヴィアンはラビットフットの情報だけを売ろうとしていて現物は他人が持っている?
高い値段で情報を買った人はラビットフットは盗み出さないと手に入らない?
だからイーサン・ハントに盗み出させて手間を省いた?
デイヴィアンがアメリカに到着してから速攻で大規模な略奪作戦をすれば、アメリカのあらゆる組織がデイヴィアンを追うはめになるのに全くそこは気にせず?
イーサン・ハントの目の前で妻を殺した風の嘘はデイヴィアンの悪趣味なだけ?
デイヴィアンが妻を殺さなかった理由は?
なのにその後直ぐにデイヴィアンは妻を殺しに行っているのは?

あと、構成も不味過ぎ。
映画の始まりでイーサン・ハントが捕まっている場面を見せてしまっているので、どれだけイーサン・ハント達が活躍してもデイヴィアンが逃げ出すのは分かった事だし、イーサン・ハントの目の前でジュリア・ミードを殺されて終わりになる訳にはならないので、殺されたと思ったジュリア・ミードが別人なのは分かってしまうし、早めにローレンス・フィッシュバーンが裏切者だと出しておきながら、そっちに話を全然振らずに上司がやたらと協力的な時点で怪しい奴が本当は真面目な奴で一番協力的な奴が本当は裏切者だと分かってしまうという、あらゆるどんでん返しが見え透いてしまっている。

更にJ・J・エイブラムスの映像的特徴であるレンズフレアの多用に加え、アクション場面でもカメラをブレさせたり、細かく動かすので、まあ見難い事この上ない。

この三作目は、Rotten Tomatoesでも評価の低い一作目や二作目よりも興行収入が低く、ミッション:インポッシブルの映画シリーズの中でも最低の興行収入とは知らなかった。
なのに、シリーズは続いたし、何故かJ・J・エイブラムスを更に調子乗らせてしまい、スター・トレックシリーズやスター・ウォーズシリーズを駄作化させて行ったという意味でも業の深い映画だよなぁ。

この映画、以前見た時は結構おもしろかった記憶があるのに、改めて見るとJ・J・エイブラムスの悪い所満載の見た目は派手だけれど中身スッカスカの直ぐに忘れてしまう何時ものJ・J・エイブラムス映画。
駄作とよく言われる「ミッション:インポッシブル2」と並び劣る出来じゃあない?

☆★★★★
 
 
関連:ミッション:インポッシブル
   ミッション:インポッシブル2
   ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル