空の大怪獣ラドン

2019年04月05日 金曜日

本多猪四郎監督、円谷英二特撮監督、佐原健二主演の1956年の日本映画「空の大怪獣ラドン」。

熊本県阿蘇の炭鉱で炭鉱夫達が行方不明になる。
炭鉱夫達の死体が発見され、事故かと思われたが鋭利な刃物による殺害と分かる。
更に被害者が増えたが炭鉱夫達が住む住宅地で巨大なヤゴの様な生物メガヌロンが現れた。
警察や自衛隊が銃で応戦するが炭鉱の奥へと追い返すだけだった。
その後阿蘇で地震が起こり、大規模な崩落が起きた。
その直後に熊本では謎の高速飛行物体が確認され、自衛隊の戦闘機を破壊。
更には家畜を連れ去り、人間まで襲っていた。
その高速飛行物体は崩落で現れた炭鉱の奥にあった洞窟で卵から孵化した古代の翼竜ラドンだった。

1954年の「ゴジラ」。1955年の「ゴジラの逆襲」に続けと作られた東宝の怪獣映画。
特撮は結構おもしろい部分はあるけれど、話がつまらないし水増し感がある。

序盤の炭鉱の部分やメガヌロン登場までが長いし、そもそも「空の大怪獣ラドン」なのに何で地中から出て来た巨大なヤゴを見ているんだろう?と何の映画を見ているのか分からなくなってしまう。
序盤の主人公の炭鉱技師の一連の話は別にいらないし、記憶喪失も何で必要だったか分からない、いらない話。
序盤の主人公だった炭坑技師は中盤以降話の主軸にならず、何時の間にか主人公は博士の方になって、何で炭坑技師がそこにいるの?状態だったから、やっぱり序盤はいらない様な気しかしなかった。
メガヌロンはラドンの餌になっていたけど、外に出て家畜を襲ったりもしているのだからメガヌロンは省いてさっさとラドンを出さなかったのは何なのだろう?
まあ、ラドンを出すと特撮にお金も時間も手間もかかるだろうから、別にいらないメガヌロンで引っ張っていた様な気がしないでもない。

ラドンが出て来てからは戦闘機との空中戦や町の破壊とかの特撮が増えて見場も多いし、特に最後の阿曽山大噴火とか非常に綺麗で特撮史上の中でも有数の名場面かもしれない。
ただ、ラドンと戦闘機との空中戦はどっちがどっち向いて何をしているのかが分かり難かったし、ラドンが空を飛んでいる時はカッコいい感じだったのに、町に降りて立っていると全身が結構ブルブル震えて弱そうだったし、一番最後の二匹のラドンが噴火した阿蘇山から飛び出て来たのに、何だか分からない内に勝手に力尽きて落ちて燃えてしまうとか、結構微妙ではあった。
最後の二匹のラドンの墜落は、吊っていた線が切れてしまって落ちちゃったのをそのまま使ったという話を以前に聞いた事があったので、「これかぁ…」という部分で関心して見ていたけれど、何だか訳も分からず説明も無くラドンが死んでしまう意味不明さがあるし、あれだけ町に被害をもたらし人も結構殺していたラドンが死んで行くのに対して登場人物達が急に感傷的に見つめているのもいまいちピンと来なかった。

あと、ラドンと言う名前は映画内でラドンと付けた説明が出て来ないので不明で、プテラノドンと似ているからラドンなのか分からないけれど、急に博士が「ラドン」と呼んで皆も普通に「ラドン」と呼び始めたのには物凄い置いてけ堀感を感じてしまった。

この映画、特撮部分は結構凄い部分もあるけれど、話がつまらないのでラドンの登場まで集中力が持たない。
メガヌロンとかいらないからラドンに絞って展開すればもっとおもしろかった様な気がしないでもない。

☆☆★★★

ブリッジ・オブ・スパイ

2019年04月04日 木曜日

スティーヴン・スピルバーグ製作・監督、トム・ハンクス主演の2015年のアメリカ映画「ブリッジ・オブ・スパイBridge of Spies)」。
実在の人物ジェームズ・ドノヴァンが関わった事件やジェームズ・ドノヴァンが書いた小説「Strangers on a Bridge」を基に作られた映画。

冷戦の緊張が高まっていた1957年。
保険関連の弁護士だったジェームズ・ドノヴァンはアメリカで逮捕されたソ連のスパイのルドルフ・アベルの弁護を担当する事になった。
初めからルドルフ・アベルの有罪は決まっていた様な物だったが、ジェームズ・ドノヴァンは将来起こり得るかもしれないソ連に捕まったアメリカ人捕虜との交換を指摘し、ルドルフ・アベルの死刑を懲役刑にする事が出来た。
すると間もなく、ジェームズ・ドノヴァンの考えが実際に起こり、ソ連領域を秘密裏に偵察していた飛行機が撃墜されてパイロットはソ連に捉えられた。
ジェームズ・ドノヴァンの元に東ドイツからの手紙が届き、その手紙はソ連がパイロットとルドルフ・アベルの交換を示唆する内容で、ジェームズ・ドノヴァンはCIAと共に捕虜の交換を計画するが、更に東ドイツに留学していたアメリカ人学生がスパイ容疑で逮捕された事を知り、その学生も助けようと奔走し始める。

前半部分のルドルフ・アベルの裁判は少々退屈だったけれど、中盤からのジェームズ・ドノヴァンの交渉が抜群におもしろかった。

ルドルフ・アベルの裁判はここでのジェームズ・ドノヴァンの裁判の進め方やルドルフ・アベルとの会話で、ジェームズ・ドノヴァンがどういった人物で、どうしてルドルフ・アベルにそこまで気持ちが入るのかとかを描くのかと思ったらそうでもなく、人物描写や関係性の描きが結構薄い。
何でここまでこの裁判に入れ込むのかは、自分がアメリカ人で憲法を信じているからなんだろうけれど、これがいまいちピンと来なかった。
ジェームズ・ドノヴァンって法律事務所の共同経営者で、見ていると元々は犯罪訴訟をしていたけれど今は保険関係の大きな企業の訴訟をしているらしい結構なやり手っぽいのに、初めから負ける様な裁判を受け、しかもアメリカ中から非難が起こるであろう事も分かっていたのに何で引き受けたかがよく分からず、見ていても理由はトム・ハンクスだからの良い人だからで押し切ってしまった様な印象。
ルドルフ・アベルとの関係も、二人の面会や裁判に挑む為の準備がそれ程描かれないので、ジェームズ・ドノヴァンの入れ込み様がピンと来ないまま。
なので、何でジェームズ・ドノヴァンは自分の弁護士人生や家族の安全まで犠牲にして頑張っているのかが分からず、いまいち乗り切れず。

ただ、ルドルフ・アベルとの捕虜の交換話になってからは個人の話から対立する国家の下で動く人間達との交渉戦になり、誰が本気なのか、どうすれば二人が帰って来るのかのサスペンスで非常に緊迫感があって見入った。
この東側の人間の思惑と国家の体面の中で右往左往しながらも二人を連れ戻すという信念で動くジェームズ・ドノヴァンが良い。
おもしろいんだけれど、この時のジェームズ・ドノヴァンも何でそこまで学生に拘るのか?は、裁判で助手だった弁護士と同い年だからと理由付けが弱いので、やっぱりジェームズ・ドノヴァンの執念にピンと来ず。
助手だった弁護士って前半で登場したけれど何か重要な役回りでもなく、しかも登場したのはニ三度なのでほぼ存在感無しなので、元々弱い役を活かすような描きもしないで理由にするってどうなの?
やっぱりこのジェームズ・ドノヴァンの執念の理由もトム・ハンクスだからで良い人だからに頼り過ぎな気がした。

中々おもしろく終わったら、最後に字幕で各登場自体達のその後を説明するのだけれど、それが物凄く気になった。
ジェームズ・ドノヴァンはキューバとの交渉で何千人もの捕虜を解放したとか、もうこの映画の続編、「2」じゃん。
ソ連の次はキューバと交渉して成功したとか、本当に映画のヒーローみたいな人。
逆に交換されたアメリカ軍のパイロットがその後ヘリコプターで墜落死って、何か陰謀を感じてしまう。

あと、事実を題材にした映画って、実際との違いや脚色がどうしても気になるので調べてみたら、映画では裁判と同時進行で飛行機での偵察や墜落が描かれ、更にそこに留学生の逮捕も加わって、余りに同時期で上手過ぎると思ったら、実際には裁判は1957年。飛行機の墜落は1960年。留学生の逮捕は1961年。捕虜の交換は1962年と結構時間が空いている。
緊迫して次々とやって来る展開にしないといけないのは分かるけれど、映画を見ていると数日か数週間の出来事にしか見えなかった。
こういう事実を知ってしまうと、結局映画よりもドキュメントの方がおもしろいんじゃないの?と思ってしまう。

この映画、ジェームズ・ドノヴァンとルドルフ・アベルの考えや関係性の描きが足りないので行動原理が見えて来ず、そこが乗っていけなかった。
中盤からの交渉劇がおもしろかっただけに、前半もうちょっとどうにかならんかったのかなぁ…?と思ってしまう映画だった。

☆☆☆★★

アンドロメダ…

2019年04月03日 水曜日

ロバート・ワイズ製作・監督、アーサー・ヒル主演の1971年のアメリカ映画「アンドロメダ…(The Andromeda Strain)」。
マイケル・クライトンの小説「アンドロメダ病原体」が原作。

地球に帰還した人工衛星がニューメキシコの村に落下した。
その人工衛星の回収に向かったアメリカ軍だったが、村人達が全員死亡しており、回収班とも連絡が途絶えてしまった。
緊急事態と悟った政府は科学者と医師四名を招集し、その中のジェレミー・ストーンとマーク・ホールが村の調査と人工衛星の回収へと向かった。
人工衛星を発見し回収するが、村人達は体内の血液が凝固した状態で死亡している事が分かったが、その中で何故か生きていた赤ん坊と死にかけの老人の二人の生存者を発見して研究所へと連れて帰った。
研究所での調査で人工衛星に付着した生命体らしい極小の物質が発見され、空気感染で村人を死亡させた事が分かり、更に調査を続ける中で謎の物質が変化している事も分かり出した。

地球外からの物質によるバイオハザードを描いた映画で、序盤は抜群に緊迫感があって、「何だ何だ?」で謎で引っ張られておもしろいのだけれど、中盤から急に間延びしてしまい、終盤は緊迫感は取り戻すものの、「何じゃそりゃ?」な結末で結構肩透かし。

導入での何が原因なのか分からない村人の全滅から始まり、主人公達が村を完全防護服で歩き回る異様さや、家を除くと同じ画面の別枠で死亡している人を次々と映して行く演出とかで非常に緊迫感があってスリラーとして抜群におもしろいし、謎の惹きつけも非常にある。
この掴みが抜群なんだけれど、話が地下の研究施設に行くと急に退屈になる。
感染防止の為に人間の除菌を何度も繰り返して地下へと潜って行くけれど、これが今までの緊迫した雰囲気とは一変し、冗談みたいなやり過ぎ除菌を何度も見せ、完全に笑かしにかかっているコンピューターと人間のやり取りとかで掴んだ緊迫感が台無し。
一番地下の施設では隔離された部屋に回収物があって、それを別の部屋からロボットアームを操作して調査や作業しているし、人間が部屋に入る時だって防護服をつけているんだから、あんなに除菌する必要ないじゃん…。
あの長い一連の除菌場面で緊迫感が無くなってしまうのも構成としてどうなの?だし。

そこから徐々に謎の物質が何なのかが分かって行くのはおもしろいし、科学者の一人が感染して、その窮地を今までの調査から救ったり、あれだけ振りに振っていた研究所の核自爆装置が起動して、止められるかどうかの緊迫感はあったけれど、速攻で人間の血液を凝固させ死亡させてしまうあの物質は空気感染するので地球はトンデモない事になってしまうのをどう止めるのか!?という部分が「物質が突然変異して問題無くなりました」とか、あれだけの大風呂敷広げておいての上手い結末思いつかなかったので余りに都合の良過ぎる落ちとか、見ていて呆れてしまった。
あれだけ秘密裏に作られて隔離された研究所だったので、結局物質の拡散を止めらずに世界が滅んであの研究所だけが生き残ったとか、序盤では軍や政府関係者が次々と出て来たので、最後は研究者達からそっちに話が移って全世界規模で対策が講じられる展開になるのかと思ったら、物質が勝手に変化してめでたしめでたしとか、本気なの?ふざけているのか?と思った結末。
正直しょっぱい。

この映画、序盤と終盤は緊迫感もあるハードSFとして地味さが非常に良い映画だっただけに、中盤の間延びしてしまった冗談みたいな除菌とどうしようもない落ちが無ければ良い映画だったのになぁ…と思ってしまった。

☆☆★★★

マッドマックス 怒りのデス・ロード

2019年04月02日 火曜日

ジョージ・ミラー製作・監督・脚本、トム・ハーディ主演の2015年のオーストラリアの映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)」。
マッドマックスシリーズ四作目で、三作目「マッドマックス/サンダードーム」から30年経っての公開。

シタデルという砦に捕らわれたマックスは病気の為に輸血しなくてはならないシタデルの戦闘員ウォーボーイズの輸血要員とされてしまう。
シタデルの隊長フュリオサ・ジョ・バッサは取り引きの為に部隊を率いて出掛けるが途中で道を変える。
フュリオサは身籠った女性達を連れて安全な地へと逃亡を図った。
フュリオサの逃亡を知ったシタデルの支配者イモータン・ジョーは女性達を取り戻そうと大部隊を引き連れて出陣。
その中には輸血を続けながら自動車に乗るウォーボーイズがおり、マックスは彼の輸血要員として自動車に貼り付けにされて否応なしにフュリオサ・ジョ・バッサの追跡に駆り出された。
マックスはシタデルの戦闘員から逃げ出し、フュリオサ・ジョ・バッサ達の逃亡を手助けする事になる。

わたしはこれまでの三作を全部見たけれど全然はまらず、言ってしまえばつまらない映画シリーズではあったけれど、この映画が日本でも公開された後はやたらと評判が良かった事を覚えていたので見てみた。
ただ、これまでのシリーズから比べると少しはおもしくはあったけれど、シリーズの他の映画と同じく、やっぱりおもしろくない映画だった。

おもしろくないと思ったのはマックスの弱さと延々と続くカーアクション。

この映画はシリーズ四作目と言うけれど、30年後の続編でマックスがメル・ギブソンでない時点でリブートされた新シリーズ一作目にしか思えず、そう思って見たら主役のはずのマックスの存在感が薄く、話的に主役はシャーリーズ・セロン演じるフュリオサで、何でマックスが中心で活躍しないの?とずっと疑問ばかり。
始まってから行き成りマックスが捕まってしまう場面を見せたのでマックスの反撃が話の主軸になるのかな?と思ったら、シタデルの馬鹿みたい格好をした馬鹿達の内輪揉めが始まって、馬鹿みたいな自動車を乗り回しての殺し合いが続き、やっとマックスが活躍し始めるのが映画が始まって30分位経ってからで、「ずっと何見せられているの?」とこの映画を見ている事の疑問が出て早い段階で興味が失せていた。
フュリオサの過去や行動の理由は結構見せるのに、マックスは過去に誰かを救えなかったという悪夢を見はしているけれど、それがフュリオサ達と行動する理由にはなっていないし、その救えなかった子供に関しては最後まで特に何かが分かったりもせず決着する事もないままで、ただ出しただけの投げっ放しで終わってしまい、マックスがフュリオサの行動に偶然巻き込まれたので付いて行っただけで主人公としての意思や行動原理が見えて来ないので主人公として話を引っ張って行けていない。
これが新シリーズの数作目とか、スピンオフ映画としてなら、これだけ女性を集めてフュリオサを主人公にしてやっているのは分かるけれど、トム・ハーディがマックスになってからの一作目で、これだけマックスが目立たない、脇役の一人位の扱いって何なの?これって「マッドマックス」じゃあないの?と思ってしまった。
それにマックスの声って、演じているトム・ハーディの声質なのか演技なのかは分からないけれど、終始喋る度にアフレコ?と思ってしまう籠り方と言うか響き方に違和感を感じてしまった。

それに、わたしは昔から自動車でのアクション場面になると何でか冷めてしまい、カーチェイスとか自動車がぶつかり合うカーアクションとかおもしろいとは思わないので、この延々と続くカーアクションは見ていても盛り上がらず。

あと、設定も緩いと言うか、これがマッドマックスシリーズなので敵がヘンテコな格好だったり、ヘンテコな自動車しかないというのはそういうモンだ…とは分かるけれど、イモータン・ジョーも見た目が悪そうだというだけで、水を支配しているから飢えて乾いた人々を統制出来るという社会がいまいちピンと来ないし、人々がトンデモなく酷く扱われて強制労働させられているとかの描写がないので最後で一気にフュリオサになびく人々もピンと来ないままだったし、残ったウォーボーイズも谷の岩をどかせば直ぐ砦に戻って来るはずで、それに対抗出来るだけの人員や戦力がフュリオサ側には残ってないのにめでたしめでたし…って、全然納得行かないし。
まあ、製作・監督・脚本をしているジョージ・ミラーの映画って、初めからの「マッドマックス」三作もそうだし、「ハッピー フィート」もつまらなかったし、特に一作目「ベイブ」が結構おもしろかったのにジョージ・ミラーが監督をした二作目の「ベイブ/都会へ行く」がクソみたいな映画になった事を思えば、何時も通りのジョージ・ミラーの映画って事なんだとは思う。

この映画、主人公のマックスを描くよりもフュリオサを描き、ストーリーを描くよりもカーアクションを見せたい!という意図なので、カーアクションが始まると「ふぅ…」とため息をついて盛り下がってしまい、それでは全然はまらず楽しめなかった映画。
「マッドマックス」シリーズにはまらなかったわたしでも知っているマックスの愛車V8インターセプターは出て来はしたけれど、破壊後修理されていたのでてっきりマックスが乗って戦うのかと期待したのに、結局最後までマックスが乗る事なく終わって肩透かしだったのもつまらなかった要員の一つ。
やっぱり「マッドマックス」のスピンオフ映画感がして、トム・ハーディ版マックスの一作目なんだから、真っ直ぐマックスがV8インターセプターに乗って暴れまくる映画で良かったんじゃないの?と強く思ってしまった。

☆☆★★★

関連:マッドマックス
   マッドマックス2
   マッドマックス/サンダードーム

眠狂四郎女妖剣

2019年04月01日 月曜日

池広一夫監督、市川雷蔵主演の1964年の映画「眠狂四郎女妖剣」。
シリーズ四作目。

眠狂四郎は二人の女性の土左衛門が流れ着いたのを見付ける。
その二人は大奥の女中で、大奥の菊姫が阿片を与えて殺していた。
その阿片は密貿易で儲けている豪商備前屋が更なる儲けの為に大奥まで手を伸ばしていた為だった。
眠狂四郎の元に一人の隠れキリシタンがやって来て、浜松にいるキリシタンのびるぜん志摩を救って欲しいと頼まれる。
興味の無かった眠狂四郎だが、びるぜん志摩は眠狂四郎も知らない自分の出生を知っていると言われ、助けを求めた隠れキリシタンは備前屋や菊姫の策略によって殺されたので浜松へと向かった。

このシリーズは何作か見ているけれど、確かに変わらず市川雷蔵はカッコ良いけれど、話は結構微妙。
それぞれの話の繋がりが悪いし、投げっ放しのままで終わってしまう事もあり、脚本がいまいち。

初めに菊姫の悪さを描いて中々菊姫の顔を写さないという展開だから、菊姫が話の主軸になり、最終的な敵が菊姫かと思いきや、菊姫の存在は大していらないという展開に「?」。
話は眠狂四郎の出生に集中するので菊姫の悪逆非道がどっかに行ってしまい、菊姫は結局どうなったのか?とかの話も無いまま、最終的には全く触れられずに存在が忘れられてしまって、何でこの物語に菊姫が必要だったのかがさっぱり分からないまま。

備前屋も、あれだけ追手を送り最大の敵として描き、最後には飛び道具もあると見せておいて帆が落ちて来て一瞬で死んで終わりだし、凄腕の宿敵として振りに振っていた陳孫との最後の戦いは中々白熱したけれど、突然陳孫が海に飛び込んで逃げ出したので、再び眠狂四郎の前に現れて最後に一騎打ちをするのかと思っていたのに、それ以降全く登場しないままで終わってしまって、何じゃこりゃ?
主要人物達の投げっ放しジャーマンったらない。

あと、よく分からない場面も多々。
小鈴に兄を救えると捕まったバテレンと関係を持たせたけれど、それが実は嘘で兄は処刑されるというやり取りは何で小鈴とバテレンにそんな事させたのかが分からない。
眠狂四郎から見ると哀れな小鈴と兄を見ての行動となるのは分かるけれど、役人側からだと「聖職者と言えども、高々そんなもんじゃん。やーいやい!」と言いたかったからだけ?

眠狂四郎が偶然通った村で偶然嫁入り行列に出くわし、それについていた巫女に誘われて行き、その巫女は実は備前屋と繋がっていたけれど、この巫女は元からその村にいた巫女っぽいけれど何で備前屋と繋がっているのか?とか、買収されたのか?嫁入りも偶然ではなく眠狂四郎が来るのを見計らって巫女が仕掛けたのか?とかの説明が無いので物凄くモヤモヤしたまま。
その後も備前屋の手下はやたらと眠狂四郎の先に回って罠を仕掛けているし、何故か菊姫は眠狂四郎の行動を知っているし、備前屋との繋がりがないだろうある藩の手下達は眠狂四郎の行動を知っていて呼びに来ているし、眠狂四郎って体の何処かや着物にGPSの発信機を付けられているのかと思うしかない位行動がバレまくっているのは何?
直ぐ近くに隠れている追手は気付いて切り殺すのに、尾行されている事には無頓着だし。

この時の芸名が城健三朗の若山富三郎が演じている陳孫って眠狂四郎と初めて顔を会わせた時にお互い知り合いなので何で?と思ったら、一作目の「眠狂四郎殺法帖」で登場していたとは知らず。
と言うか、「眠狂四郎殺法帖」の内容をさっぱり覚えていないので、調べてみて初めて知った。
この映画が登場二回目という事は、陳孫のあの締まらないままの海に逃げての退場も次回作以降の映画での再登場を考えての振りだった可能性があるのか。
しかし、その後若山富三郎が干されたらしかったり、大映から東映に移籍した為に眠狂四郎シリーズに出演する事が出来なかったのかもしれず、結局これ以降眠狂四郎シリーズには陳孫は登場しないまま。
その為陳孫って一応は強い宿敵なのに、最終的には逃げ出したまま行方をくらませたしょっぱい奴になってしまったのは勿体ない。

話はいまいちだけれど、映像は流石に綺麗だし上手い。
この映画から眠狂四郎が円月殺法で刀を回すと残像が残るストロボ撮影が使われたそうだけれど、これはおもしろい。
ただ、最後の陳孫との決戦で使うのかと思ったら使わず仕舞いで、後から思い返すと「円月殺法って、そう言えばあったな…」という感想にはなってしまう。
他にも、やたらと奥行きのある大奥の廊下とか、夜のチャンバラ場面の照明の当て方とか、二人の会話場面では二人が画面の左右に離れて座っていたり、二人が立っている真下から見上げる構図や見せ方とか、今見ても斬新だしおもしろい映像が多々。

この映画、眠狂四郎の出生でまとめるなら初めからそこを軸にすればいいのに、結局序盤の登場人物達がお座なりのままで投げっ放したままだし、直ぐにドンデン返る小話が連続するしで、話が何処行くの?でフラフラしていてまとまりが無い。
テレビドラマの1シーズンの総集編みたいになってしまっていて微妙だった。

☆☆★★★
 
 
関連:眠狂四郎殺法帖
   眠狂四郎勝負
   眠狂四郎炎情剣
   眠狂四郎魔性剣
   眠狂四郎無頼剣
   眠狂四郎女地獄