Sponsored Link

Comic Jumper

2017年03月29日 水曜日

何時の Games with Goldで無料でダウンロードしたか忘れたけれど、ダウンロードしたけれどそのままで何もしていないゲームをしようと思い、「Comic Jumper」を選んだ。

この「Comic Jumper」、これまでも Games with Goldで無料だった、「The Maw」や「Splosion Man」といったゲームを作った Twisted Pixel Gamesという会社のゲームなんだけれど、他のゲームと同じくこの「Comic Jumper」も Twisted Pixel Gamesらしい、発想や設定はおもしろいけれどゲームは非常につまらないという同じ轍を踏んでいる。
ただ、ゲーム以外の部分はアメコミ好きだと結構おもしろいので、やっぱり Twisted Pixel Gamesのゲーム会社としての駄目さばかりが目立ってしまう。

ゲームとしては、横スクロール・アクションシューティングになるのかな?
キャラクターが銃を撃って現れる敵を倒しながら先に進み、所々で銃を使用せずに殴る蹴るで戦ったり、画面奥に敵がいて画面前の主人公が銃を撃つ奥行シューティングになったりと飽きが来ない様に作られてはいるものの、結構早い段階から飽きるし退屈した。

このゲームのほとんどが横スクロールで銃を撃っての戦いで、一応各ステージ毎に全然雰囲気が違い敵も違うけれど、基本的にはどの敵も地面を一直線に走って来る。上から現れ、一カ所に留まり弾を撃って来る位しかの種類しかなく、しかも「Splosion Man」でもそうだった Twisted Pixel Gamesのゲームの特徴でもある、妙に一面一面が長く単調で、やっている途中で直ぐに飽きてしまう。
調子良くさっさと敵を倒して次々と進めればまだ続けて行けるのに、敵は数発当てないと倒せないし、弾が当たっても敵は気にせず前進するし弾を撃つしで、敵や弾を避ける為に常に後退しながら進んで行かないと直ぐ死んでしまうので、全然進める調子が良くない。
それに、主人公は敵の攻撃が当たると一瞬銃が撃てなくなり、無敵状態にはなるものの、その時間は短いので、敵や敵の弾に囲まれて攻撃を受けると敵を攻撃出来ず固まった状態で直ぐに攻撃を受けて敵を攻撃出来ずまた攻撃を受ける…という逃げ場無しの状態になってしまったりもする。
なので、結構序盤から難しく、何度も死んでわ敵の登場位置や攻撃方法を理解して慎重に倒して行かないといけないけれど、ゲームがつまらないので何度もやる気が起きては来ない。多分、一気にやれば数時間で終わるはずだけれども、わたしは何とか一面越したらゲーム止めて、数日経ってから続きをして…で、全て終わるまでに数週間かかってしまった。

ゲームとして展開に減り張りを付ける為に所々で出て来る銃を使用せず殴る蹴るの場面は銃を使う部分よりも更に単調で退屈。
前面にパンチか、前後両方に攻撃かの二種類の攻撃しかなく、「スパルタンX」状態。まだ「スパルタンX」は上下攻撃があったはずで、それだとやりがいもあるけれど、このゲームは上下攻撃もなく、前から敵が現れたらXボタン。後ろからも敵が来たらAボタンを押すだけでゲーム性がほとんどない。

奥行シューティング場面でも銃の照準が遅くイライラするし、突然クイック・タイム・イベントが出て来るけれど、どれもA・B・X・Yのボタンをどれも一回ずつ押すだけというプレイヤーを馬鹿にしたかの様な必要も無い場面があったりと、本当につまらない。

あと、各面で稼いだお金で主人公をパワーアップさせる事も出来るのだけれど、攻撃を最高まで上げても敵を倒し易くなった実感が無いし、その他の項目も上げてもどれだけ効果が出ているのかの実感が全然無い。
もしかするとこのパワーアップは、そういうパワーアップがあるゲームを皮肉った嘘項目なんだろうか?

また、稼いだお金で購入し、購入する事によって次からクリア時にもらえるお金に何%の上乗せがあるボーナスアイテムがあるのだけれど、これがゲームを有利に進める為ではなく、Twisted Pixel Gamesからプレイヤーへの嫌がらせ。
ボーナスは、コンセプトアートとか、ゲーム内のサウンドトラックとか、ゲーマーアイコンやアバターアイテムもあるのだけれど、これの数がやたら多く、全部解除するとなると単調な「購入しますか?」でボタンを押しての繰り返しを30分以上かけて何百回と繰り返さなくてはならず、何でここまで数があるのかが分からない。
解除した所で、これだけあると全部を見る気も起こらないし、本来は自分達の仕事を見て欲しいからの公開じゃないの?
この数の多さで Twisted Pixel Gamesって本気で馬鹿じゃないの?と思ったし。
これはほっとけばいい話なんだけれど、これが実績になっているからなぁ。
他にも「暴力が全てを解決する」という実績は合計12万5千回発砲しないといけないのだけれど、これってストーリー以外にある「チャレンジ」で遊んでもらう為の実績なんだろうけれど、ストーリーを終えた時には8万回位だった。だから「チャレンジ」もしてみたけれど、こちらは一回でも敵の攻撃を受けると終了という非常に厳しいモノで、しかも敵が次々と湧いて来るので全然こっちの方が難しい。なので「チャレンジ」は直ぐに止めてしまった。実績はトリガー固定で解除。

まあ、ゲームとしてはつまらないけれど、ただそれ以外の部分に興味が行った。
ゲームの設定が、コミックスの世界の住人であるキャプテン・スマイリーが様々なコミックスを渡り歩くだけあって、あちらこちらにアメコミのパロディが仕込まれている。

キャプテン・スマイリーは自身のオンゴーイング・シリーズがつまらないので人気が落ち、売上も落ちて打ち切りになってしまい、そこを Twisted Pixel Gamesが救い、問題の起きている他のシリーズで問題を解決する事によって Twisted Pixel Gamesからお金をもらって再び自身のシリーズを復刊させるのが目的で、ヒーローモノのアメコミでありそうな事をメタフィクションでパロディにしている。
主人公のキャプテン・スマイリー自体、顔は「ウォッチメン」でも効果的に使われたスマイリーフェイス(スマイルマーク)で、これとは別人格のスターが胸に付いていて、顔(本体?)は喋るとアホ。スターはやたら毒舌で批判的という二重人格の様なキャラクター。
このキャプテン・スマイリーがシリーズを飛び越えて別のシリーズに行くんだから、デッドプールのパロディ・キャラクター。

デッドプールでも有名映画のポスターやコミックスのカバーのパロディをしていたけれど、「Comic Jumper」でもアンロックアイテムの中にコミックスがあり、それの表紙が「バットマン:ダークナイト・リターンズ」や「シン・シティ」、「パワーパフガールズ」等のパロディをしている。

各面自体も、始めは「ナノック・ザ・オブリビエイター」のコミックス。
これ古代の面で見ても直ぐ分かるし、英語だと「Nanoc the Obliviator」で分かるけれど「コナン・ザ・バーバリアン(Conan the Barbarian)」のパロディ。「Nanoc」を後ろからにすると「Conan」とそのまま。
ご丁寧に「ナノック・ザ・オブリビエイター」の表紙はマーベル・コミックス時代のパロディで、ちゃんと表紙左上に四角く囲って「MANVILLE STORIES」というパロディまで。

次の面は「インプロバブル・ペイパー・パルス(Improbable Paper Pals)」と言うコミックスで、具体的に何のコミックスのパロディなのか分からないけれど、ゲーム内でもシルバーエイジと言っていた様に1970年代のコミックスのパロディになっていて、キャプテン・スマイリーも70年代風ヒーローに変身。
この作風がジャック・カービーそのもの。宇宙の背景とかジャック・カービーっぽくて笑ってしまった。
この面では「Comic Obscenity Commission」という自主規制団体の規制によって、汚い言葉を吐きまくるスターの発言が次々と規制されまくってしまう。これは当時のアメコミに実際あったコミックス倫理規定委員会(Comics Code Authority)による「コミックス・コード」のパロディなんだけれど、「コミックス・コード」を知らないと何のこっちゃ?になるんじゃないだろうか。
しかも、キャプテン・スマイリーとスターの会話ってムービー場面よりもゲーム中の方が多く、しかも日本語版ではムービーでの字幕はあるけれどゲーム内での字幕が無く、ゲーム中は操作に必死なのでこの二人が何会話しているかが分からないので、気付くとスターの発言が「ブー」と規制されていて、この発言が全然楽しめなかった。

その次の面は「キューティー・キッド・キューピッズCutie Cutie Kid Cupids」で、これはゲーム内では少女漫画と言っていた。
確かに可愛らしい日本漫画的な二頭身の天使?とか、何の生き物なのか分からない不可思議なマスコット的生物とか、全てが白黒でトーンとか集中線のある漫画の世界を作ってはいるものの、乗りは完全にアメリカのコメディ・カトゥーンだし、このコミックスの発行年が1997年とか1998年とかで丁度アメリカで日本の漫画ブームが来て、アメリカでも日本式の漫画形式で描かれた「OELマンガ」が盛り上がった時期で、正に「OELマンガ」っぽさ満開。
キャプテン・スマイリーの「何言ってんだ、こいつら?」とか、「理解出来ない」とか日本の漫画(みたいなモノ)をいじりまくりなんだけれど、一番可笑しかったのは登場した高校の名前が「Hent High」だった事。これは「Hentai」だよね。

ただ、この面は非常にやり辛く、めんどくさかった。
白黒の漫画風世界を作ったのは分かるけれど、全てが白黒なので見辛い事この上ない。
強制スクロール的流れて行く白黒の背景に白黒の敵が現れて白黒の弾を発射し、白黒の主人公が白黒の弾を発射するのだから、敵が何処にいて自機が何処にて何処に向けて撃っているのかも分かりゃあしない。何時の間にか自機が敵に当たっているし、弾も当たっているし、見にく過ぎて何度も心が折れた。

コミックスのパロディだけでなくゲームや映画のパロディも。
キャプテン・スマイリーの体力が無くなってはじけ飛ぶ所は「ロックマン」と同じだし、キャプテン・スマイリーが他のコミックスにジャンプする時に乗る謎の乗り物はジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の映画「タイムコップ」のタイムマシンだし、最終面の途中に出て来るボスはキャプテン・スマイリーが思い浮かべた者が出て来るという映画「ゴーストバスターズ」でお馴染みの展開から出て来たのが「Splosion Man」のボスのミーテンシュタインだったりと、色んな所から引っ張って来ていて、ここら辺は非常に楽しかった。

このゲーム、やっぱり Twisted Pixel Gamesっぽさ満開で、ゲームとしては一歩も二歩も、三歩も四歩も足りない、数面したら飽きて続けてするのが面倒臭くなるという例のアレで、ただゲーム以外の部分が楽しいので、Twisted Pixel Gamesは必要も無いボーナスに力入れずにゲームをもっとおもしろくせいよ…とばかり思ってしまうゲームでした。

IRC METROに交換

2017年03月20日 月曜日

昨年、2016年の年末に自転車のタイヤをIRCの「METRO」に交換して、三ヶ月程乗ってみたので感想を。

わたしのクロスバイク SCOTT SUB 30 CLASSICは元々付いていたタイヤ「Maxxis Colombiere」から、パナレーサーの「パセラ ブラックス」に変えてもいまいちで、シュワルベの「マラソン」が対パンク性と耐久力が良くて、ここ五・六年ずっと使い続けていた。
ただ、「マラソン」も飽きて来たし、マラソンでも摩擦による擦り減りでパンクも出て来たので、何か別のタイヤが欲しくなってインターネットで探してみた。

わたしが求めているのは「対パンク性・耐久力・値段」。
それで検索してみていたら、IRCの「METRO」というタイヤがその条件に合うみたいだし、評判もそこそこ良いのでこれに決定。
装備して、三ヶ月程走ってみたが、これは良いかもしれない。

一番の優先事項は対パンク性だけれど、三ヶ月間でタイヤを何かが貫いてのパンクは無し。
一回パンクはあったのだけれど、それはパンクをしたのでチューブを出して調べてみたら、使っていたのは既に何度もパンクを直したチューブで、その修理したパッチの脇からシューシューと空気が漏れており、タイヤには割れて何かが刺さっていなかったのでパッチを剥がして見たら、2・3cm程パックリとチューブが裂けていた。
多分道路脇の排水溝の無意味で邪魔で迷惑なだけな下手糞な工事による段差でドンッとタイヤが衝撃を受けた時にそれまであった小さな裂け目が一気に開いて空気がパッチでは持たなかったからのパンクだと思われる。
なので、今の所、対パンク性は問題無し。

耐久力や持ちに関しても、まだタイヤ中心部分にある、プラモデルで言う所のバリのゴムが少し出ている線がまだ前輪後輪共に残っているので結構持つはず。
このブログを調べてみたら、「マラソン」が2~3年は持ったのでそれ位持つかな?どうだろう?

値段も、この性能にしては非常に安い。
「マラソン」から乗り換えた理由も、自転車屋さんにタイヤを見に行ったら、「マラソン」の値段が以前買った時よりも一・二割程上がっているはずで、それで結構躊躇してしまったからもあるけれど、「METRO」は700Cだと2000円台だと思うので、「マラソン」なら前輪後輪二回買ったのと「METRO」を三回買ったのが同じ位になるし。

あと、「マラソン」から「METRO」に変えて気付いたのは音。
「マラソン」は斜めに溝のパターンが入っているので、走ると意外と音が「シャー」とする。
「METRO」も溝のパターンはあるものの、浅いし、走行時の接地部分には無いのでほとんど音がしない。
それに「マラソン」の場合、段々と摩耗して行くとこの溝の部分から割れが生じて、そこに何かを挟んでパンク…という事も多かったので、その部分でも「METRO」の方が良いかもしれない。

走り心地に関しては、「マラソン」の公式重量は使っていた700×28Cで560g。「METRO」は700×28Cで470gなので90gは軽くなっているのだけれど、わたしはこの違いはさっぱり分からない。
軽くなったはずなのでそう思えばその様な気もするけれど、その日の体調によってやたら軽いと思う時もあれば重いと思う時もあるし、背負っている鞄の中身次第で180gなんて直ぐに変わるしで、走り心地はさっぱり分からない。

今の所「METRO」で問題無いので、このまま二年位持てば、また「METRO」を買う事に決めた。

妄想の中で走る

2017年03月16日 木曜日

自転車での帰り道、家電量販店に寄ろうとして、本来なら高速道路の通る大通りが一番早いので通るのだけれど、交通量が多く、路肩走るにしても自動車の圧迫感が嫌なので、その道路の二・三本西側の交通量の少ない道を走る事にした。
暫く進んだので道を曲がって店方面に行こうとしたけれど、何故か高速道路が見えて来ない。
「おかしいな…?」と思ったけれどそのまま直進すれば着くはずなので直進していたら、全く逆方向の駅前に出てしまった。
「こりゃ、いかん」と言う事で、また道を曲がって店方面目指して暫く走ったら、何故か同じ駅前に出てしまった…。
確か右に二回曲がっただけなので絶対に駅前に戻るはずないのに。
まるで「世にも奇妙な物語」状態。
しかも、ずっと線路の南側を走っていたはずなのに、駅に来て気付いたのは線路の北側にいた。
そこまで方向音痴じゃないはずなのに、この迷いっぷりは何?
しかも、走っている途中に「ここの線路脇の少し上り坂の道、走った事あるな…?」と思ったら、数年前に見た夢の景色だった事をハッと思い出した。
もう、自分の妄想の中を走っている感じがして、ただただゾッとしただけ。

Mutant Storm Empire

2017年03月01日 水曜日

去年からXbox Liveのゴールドが切れており、特にマルチプレイをする気のゲームも無いので、以前にGames with Goldで無料でダウンロードして、その時に少しやったけれど難しくてつまらなかったのでほったらかしにしておいた「Mutant Storm Empire」を消化しようと思い、何とかクリアした。

360度方向への全方位シューティングゲームで、左スティックで自機を動かし、右スティックで弾発射と弾道を決め、トリガーでスーパーウェポンを発射するという非常に単純な構造のゲーム。

…なんだけれど、これが難しい。
わたしが元々シューティングゲームをして来なかったというのもあるにしろ、全方位から敵が迫り、弾を撃ち込まれて、敵を倒す前に弾を避けるので必死。
まだ、縦・横スクロールのシューティングゲームだと自機の前に弾が出ているので自機の動きと敵の弾を見てれば行けるのに、このゲームだと自機を動かして、敵と弾を避けて、更に敵目掛けてこちらの攻撃も操作しなくてはならないので、まあ面倒臭い。
ステージが進むにつれて敵も弾も多くなって、一番優しい難易度「白帯」でも何度もやり直してやっとクリア出来るのに、このゲームの実績では最高難易度の「黒帯」で全ステージをクリアしないといけないモノがあって、まあ敵は馬鹿みたいに弾撃って来て難し過ぎるし、面倒臭いしでつまんないし。
マルチプレイヤーでも実績はあるけれどゴールドでもないし、人もいないだろうからシングルでも取れる実績を全て取ったら終わりにしようと思っていたけれど、非常に難し過ぎるので何度も何度もやり直してやっと実績は取ったけれど、非常に苦痛でしかなかったし、途中で「何でこんなクソつまらないゲームしてんだろ…?」と自問自答期に入ってしまった。
実績の良し悪し。

「黒帯」での全ステージクリアの攻略の鍵は忍耐。
何度もやりなおして敵の動きを理解し、何処で限られたスーパーウェポンをどれだけ使うかを考え、自機のHPを残しながら奥へと進むという普通の事をやるしかない。

で、最後のボスを倒した時は「やった~!この苦行から解放される!」という喜びを得られた、非常に貴重な経験をしたゲームでした。

R-1ぐらんぷり2017

2017年02月28日 火曜日

R-1ぐらんぷり」って、「キングオブコント」や「M-1グランプリ」と違って、構えて見る必要が無いバラエティ番組位の扱いなので、サラッと見れる。

今年の「R-1ぐらんぷり2017」も全員が全員おもしろかった訳でもなく、サラッと見れた。
まあ、アキラ100%の優勝も他がいまいちだったので、まあそうかという感じだったし。
最高にしょうも無い笑いでおもしろかったけれど、似た様な裸芸人では昨年ハリウッドザコシショウ程の爆発力は無かった。
他の番組で見た時はもっとギリギリで遊ぶ様なネタしていたと思うんだけれどなぁ?流石に生放送の前では行けないのか。
しかし、チンコが見えようが見えまいが、そこで遊ぶって完全にテレビ側のネタだよなぁ。見ている方からしたら男性器が見えようが女性器が見えようが別にどうでもいい話で、テレビの限界に挑む!と言われても、最早色んな部分でインターネットによって矮小化してしまったテレビでチンコがギリギリ見えないって、そんなにおもしろい事でも無くなっていて、アキラ100%の無邪気に馬鹿な事をしているという感じを見るのが楽しいのであって、チンコ見える見えないで話題になるって、未だにそういう感じなの?

他の人でおもしろかったのはマツモトクラブおいでやす小田
流石にその一回の分かり易さが先行してしまう「R-1ぐらんぷり」ではアキラ100%に持って行かれたけれど、二人共上手いし、おもしろいし、もっと取り上げられても良いんじゃない?
最早ハリウッドザコシショウとアキラ100%と対すると同じ大会での対決にしていいのか分からん様な気がして来るし。…と言うか、この二人の優勝で「あらびき団」を見ている感覚になって来ている。

残念だったのは紺野ぶるま
今回の「R-1ぐらんぷり」では女性芸人が多かったけれど、皆が「こんな女いるよね~」とか、「イケてると思っている女をいじったり、毒を吐く」というネタばかりで、おっさんのわたしには鋭くつぼに入らないので笑わず仕舞いという事も多かった中で、同じ様にイケてる女性に毒を吐くネタだった紺野ぶるまは埋もれてしまっていた。
紺野ぶるまと言えば、やっぱり「チンコなぞかけ」の家元であり、後に絶対チンコを出さない人であるアキラ100%がいるのだから、絶対にチンコ出して上手い事言う「チンコなぞかけ」が欲しかった…。
決勝で「チンコなぞかけ」対「絶対見せないde SHOW」の対決なんておもしろ過ぎじゃん。
ゴールデン枠の生放送ではチンコを連発したらいかんのかしらん?

物凄くつぼにはまったのはアイデンティティ田島の野沢雅子ネタ。
「R-1ぐらんぷり」では少ししか喋っていなかったけれど、以前からこの野沢雅子のモノマネがおもしろ過ぎてたまらない。
別にドラゴンボールが好きな訳じゃないけれど、R藤本のベジータネタとか、渡部一丁のピッコロネタとか、BAN BAN BANの山本正剛のフリーザネタとか、そっくりなんで笑ってしまう。
「R-1ぐらんぷり」の決勝がドラゴンボールのモノマネ芸人で溢れたらおもしろいのに。