WrestleMania 36

2020年04月26日 日曜日

今年の「レッスルマニア36」は新型コロナの影響で無観客で、練習場のWWEパフォーマンスセンターで事前に収録されたビデオの放送。
しかも二日に分けての開催と、苦心しての「レッスルマニア」
色々と制限がある中で何とかしてはいるけれど、流石にどの試合も盛り上がらず、しかも一番の見せ場であるはずの王座戦は塩試合。
更にはリング上で試合をせずに編集しまくった映像劇を流して、最早何を見せられていて、何に期待して楽しんだら良いのか分からない、何とも酷い「レッスルマニア」だった。

そもそも「レッスルマニア」って、大きな会場で多くの観客を入れて、観客は盛り上がっているのか、盛り上がる為に盛り上がっているのか分からない位のお祭り騒ぎが「レッスルマニア」の一番の特徴でもあると思うけれど、大勢の観客を呼べないというその特徴が無くなってしまった状況で、しかも普段の「RAW」や「スマックダウン」よりも狭い練習場でとなると、流石に「レッスルマニア」と呼べるモノではなくなってしまっていた。
逆に言えば、どれだけ観客の存在が大事なのかを確認出来たという部分では興味深くはあったけれど、観客がいない。歓声は無い。実況と解説者の声が会場に響く。仕方が無いとは言え、会場は練習場となると最早リハーサルか練習を見ているようで全く盛り上がらず。
この状況下で「レッスルマニア」をやったという部分での評価はあっても、この環境でWWEのスポーツ・エンターテインメントをやってもやっぱりつまらない。
WWEではプロレスと言うよりも、スポーツ・エンターテインメントになったのでプロレスを求めても仕方ないのかもしれないけれど、各試合も大しておもしろくもなかった。
ただ、観客がいないので盛り上がりは一切ない事に対してスーパースター達が自ら結構喋って盛り上げて行く形はおもしろかった。
特にアスカとカイリ・セインが下品に大阪弁で喋っていたのは笑ってしまった。

ゴールドバーグ対ブラウン・ストローマンは、そもそも「レッスルマニア」の盛り上げ役として半引退状態のゴールドバーグを引っ張り出して王座を取らせ、本来ならローマン・レインズとの試合だったのが急遽ローマン・レインズが休場となってブラウン・ストローマンに変わった試合で、まあ塩試合。
試合自体が二分程の攻防で終わってしまう酷い試合だったけれど、本来のローマン・レインズで観客入れての試合でも相当な事故になってた気もする。
逆に、この「レッスルマニア」だからという試合に引っ張り出されて、強引にベルトを任されて、皆からしょっぱいしょっぱいと言われてなくてはいけないゴールドバーグが不憫に思えてしまった。

一日目の締めのメインイベントはAJスタイルズ対ジ・アンダーテイカー。
これも半引退状態のジ・アンダーテイカーを引っ張り出しての何時もの「レッスルマニア」用試合だったけれど、これは最早何を見ているか分からなくなってしまった。
SNSに自撮り写真を載っけて自らジ・アンダーテイカーの神秘性やカリスマ性を無くしてしまっているジ・アンダーテイカーをAJスタイルズは数週前から批判しまくり、このAJスタイルズがコアな古参のプロレスファンの代弁者みたいになっていておもしろい煽りだった。
それがこの状況になったので、試合はリング上での試合ではなく、外でのボーンヤード戦。
時々WWEではリング外のコントみたいな試合もあるけれど、このボーンヤード戦は不気味で神秘的な墓堀人アンダーテイカーだからの墓場(のセット)での試合だと思ったら、アンダーテイカーがバイクに乗ってのかつてのアメリカン・バッド・アスの姿で登場してしまい、この時点で設定がぶれて何これ?状態。
その後の墓場(のセット)での試合はプロレスではなく、おっさんとバイカーのおっさんが殴り合うというアメリカの安いアクション映画の終盤状態が延々と続く。
しかも、殴った時に効果音を足してしまっており、プロレスでもスポーツ・エンターテインメントでもなくなっていたし。
映画・映像劇だとしても、やたらとカットを割り、カメラをわざと動かしてぶれさせたり、ピントをずらしてぼやけさせたりと、ただ見難いだけなのにこれがカッコイイと思っている様なダメな安っぽい演出の悪い部分が満載で萎えまくり。
映画でもこの手の演出が出ると一気に見る気が失せてしまうので、このボーンヤード戦も早い段階から白けてしまっていた。
まあ、この状況だし、何より大分前からアンダーテイカーは膝がボロボロだと言われて試合しても最早名勝負のプロレスは出来ないしでこれになったと思うのだけれど、見たいのはAJスタイルズとアンダーテイカーが正面からぶつかって経験を見せる攻防のプロレスであって、C級低予算アクション映画を見せられてもなぁ…だった。

二日目はリア・リプリー対シャーロット・フレアーの試合から始まったけれど、二日間通しての「レッスルマニア36」で一番おもしろかったのは、この試合。
二人の攻防は魅せていたし、大げさに振りかぶって殴るだけではなく、ちょっと叩く位の細かいやり取りとかもおもしろく見れたし、一番プロレス的におもしろかった。

その後はアンダーテイカーに続き、エッジも怪我や体の事を考えてのリング上での技を出し合う試合ではなくリング外での殴り合いとか、アンダーテイカー以上に何を見せられているんだろう?だったジョン・シナ対ブレイ・ワイアットとか、短時間のしょっぱい塩試合のブロック・レスナー対ドリュー・マッキンタイアとか、盛り下がり感で一杯。

本来なら一番の見所であるはずのWWEの最高位のベルトがかけられたWWE王座戦とWWEユニバーサル王座戦が組み合わせからして塩試合の臭いしかしなかったけれど、実際試合をしたらやっぱり塩試合だったというどうしようもない事になり、話題になるのはプロレスの試合でもない映像劇。
これは緊急事態の状況下だからと言うよりも、近年のWWEの方向性が最早わたしは興味が持てないという事なんだろうなぁと改めて思ってしまった。
 
 
驚いた事と言えば、「レッスルマニア36」のホストがロブ・グロンコウスキーで、WWEと契約していた事はそうなのか…位だったのだけれど、そのグロンコウスキーがこの「レッスルマニア36」の後に現役復帰した事。
しかも、所属チームは本来なら「レッスルマニア36」の開催地だったはずのフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムを本拠地にしているタンパベイ・バッカニアーズ。
それよりも驚きだったのは、NFL史上最高のQB「The GOAT(Greatest of All Time)」と言われているトム・ブレイディがフリーエージェンとなり、20年間在籍したニューイングランド・ペイトリオッツを離れてバッカニアーズと契約していた事。
ブレイディとグロンコウスキーのあのホットラインが復活って熱過ぎ。

R-1ぐらんぷり2020

2020年03月09日 月曜日

毎年見る度に笑いや満足感よりも不満感の方が大分多い「R-1ぐらんぷり」ではあるものの、それは賞レースだと思って見ているわたしが勝手に番組に権威付けしていたからであって、最早「M-1」にしろ「キングオブコント」にしろ結構前から単なる普段テレビで見る事の無い人達の気合の入ったネタを見れるネタ番組にしか思ってないので、今年の「R-1ぐらんぷり2020」は結構おもしろかった。

あの勝ち上がりだとマヂカルラブリー野田クリスタルが優勝なのは分かるけれど、わたしがおもしろかったのはななまがり森下とキラキラ関係ワタリ119。
ななまがり森下の乳首を隠せないというだけで一本のネタの爆発力は凄かったし、ワタリ119のネタって、ハイキングウォーキングの山手線の駅名を言えないというの同じなのかと思いきや、ちゃんと最後までやり切り、しかもあの速さで各ネタがそれなりに出来ているというのは凄かった。

ただ今年の「R-1ぐらんぷり2020」で一番ニヤニヤしてしまったのは、メルヘン須長の応援ビデオのホリの後ろで、河口こうへいジャッキーちゃん沙羅ハリウリサがいたという所。
何時ものホリプロコムものまね軍団だけれど、ハリウリサを見てしまうとニヤニヤが止まらなくなってしまっている。

今年の「R-1ぐらんぷり」の一番の話題は無観客だと思うけれど、これがネタ番組としては見やすくて非常に良かった。
去年のわたしの投稿「R-1ぐらんぷり2019」を見て見たら、「観客はクソ」と文句書いていた事を忘れていたけれど、「THE W」ではどう考えても笑い所でもない場所で観客が笑っていたりとか、「へ~」とか「ヒュ~」とか盛り上がってしまう観客は邪魔で、見る側からしたらスタッフのあれ位の笑いでいいんだけどなぁ。
ただ、無観客にしたのにスタッフ多過ぎじゃない?
観客入れずに、それを心配して笑い屋としてスタッフを多めに呼んで来ていたら何のこっちゃね~だし。
無観客を話題にしていたのだからスタッフは本当に必要最小限にして、芸人が面白くても司会陣と審査員の笑いが薄く聞こえる位で、視聴者が好きに見て感じて下さいにまでしても良かったんじゃあと思ったのだけれど。
あと、スタッフの笑いが多いのに審査員の票が入らないって、そりゃあ審査員は色々言われるだろな。

第54回スーパーボウル

2020年02月04日 火曜日

NFL今シーズンのスーパーボウル「第54回スーパーボウル(Super Bowl LIV)」はカンザスシティ・チーフスサンフランシスコ・49ersの近年では珍しい組み合わせ。
そもれそのはずでチーフスは50年ぶり3度目の出場だし、49ersは7年ぶり7度目の出場。

チーフスはレギュラーシーズンはQBのパトリック・マホームズが途中出られなかった試合もあったけれど結果的に第二シードで、プレーオフもこのスーパーボウルも相手チームに先制されて、2ポゼッション位離されてからの逆転劇というおもしろい展開をしていた。
49ersはレギュラーシーズンから強くて、ディフェンスが良くてプレーオフも結構圧勝。

わたしは別にどっちも特にファンでもないのでおもしろい試合が見れたら良いなぁと思っていたら、今回のスーパーボウルも中々おもしろい試合だった。
ただ失敗したのが、例年通りお酒を飲みながら見ていたら何時の間にか寝落ちしていて、気が付いたらチーフスが逆転していた事。
巻き戻して見たけれど、そこまであった興奮や集中力が途切れてしまって、終盤の一番盛り上がる所で盛り上がりに欠けてしまった。

それにしても、今シーズンのNFLは100年目で、チーフスが50年振りの優勝って何か凄いよなぁ。

試合は中々おもしろかったけれど、今年のハーフタイムショーは全くつまらなかった。
そもそもジェニファー・ロペスとシャキーラを知らず、歌も知らないので興味が無かったし、試合が前半が同点で終わっているから早く後半見たかったのに20分位もあって長過ぎたので早送りしてしまった。
フットボールの試合が見たいのであって、知らないアメリカの有名人のショーって見ないよなぁ。
普通に前半の各プレイの解説したりすればいいのに、もうハーフタイムショーっていらないって思うのだけれど、アメリカの視聴者ってそんなにハーフタイムショーを必要としているのだろうか?

逆に試合が始まる前の100周年記念の「ALL-TIME TEAM」の紹介とかは、まだ本格的にNFL見始めて十年位のわたしでも良かった。
特に最後に紹介されたクォーターバックのダン・マリーノジョー・モンタナジョン・エルウェイトム・ブレイディペイトン・マニングブレット・ファーヴの並びは凄かった。

更にその後、両チームの紹介ビデオでドウェイン・ジョンソンこと、ロック様こと、ザ・ロックが紹介者で登場し、「People’s Champion」「SmackDown on your candy ass」等、お馴染みの台詞が飛び出して笑ってしまった。
確かにドウェイン・ジョンソンのマイクパフォーマンスは抜群。
最後に「If you smell~」レロレロレロレロってするかと思ったけれど、流石にそこまでか。
何でドウェイン・ジョンソンなの?と思ったけれど、出身が会場のマイアミで、今回のスーパーボウルの放送が「スマックダウン」を放送しているFoxだからか。

更にその後の少年がボールを持って走り出すビデオからそのまま現実の試合会場までボールを持って来るという演出はビデオからそのままご本人登場は結構あるのでまあまあだったけれど、その後のフィールドの中央にある「100 NFL」を上から映して、そこに「HERE’S TO THE NEXT 100」という字幕が入り、ボールを持って来た子供達が走り去って行くという演出にはしびれた。
この映像、YouTubeのNFL公式チャンネルでも見れるのだけれど(https://www.youtube.com/watch?v=lbkafMhmvMo)、最後の子供達が走り去って行く所までは無いんだよなぁ。
あの走り去って行く所が良いのに。

今シーズンもパトリック・マホームズやラマー・ジャクソンの若手QBや、ジミー・ガロポロカーク・カズンズの様な新天地で伸びたQBとか、トム・ブレイディやドリュー・ブリーズの様な既に歴史に残るベテランQBが魅せておもしろかった。
既に来シーズンもトム・ブレイディの去就や、若手QB対ベテランQBチームとか、トム・ブレイディとジミー・ガロポロの師弟対決スーパーボウルとか見て見たいなぁと思ってしまって、早く九月来い!状態。

「太川蛭子の旅バラ」終了

2020年01月08日 水曜日

元々「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が大好きで、毎回必ずBD-Rに保存していた位だったのが、2017年1月に第25弾で終了。
…だったのが、2018年から「太川・蛭子のローカル鉄道寄り道の旅」として不定期に放送され、太川陽介と蛭子能収のコンビが復活。
更に2019年4月から、太川陽介と蛭子能収の二人のレギュラー番組「太川蛭子の旅バラ」が開始。
二人の珍道中が毎週見れるので、万歳!と毎週欠かさず、楽しく見ていた。
しかし、その「太川蛭子の旅バラ」も2019年末に九ヵ月程で終了してしまった…

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が終了したのも蛭子さんの年齢による体力の限界だったのが、それなのにレギュラー放送なんだから、わたしもそんなに長期間は続かないだろうなぁ…とは思っていた。
それでも一年も続かず、結局「旅バラ」も蛭子さんの年齢による体力の限界で終了。
まあ、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」好きの人達に対する楽しいおまけになった感じで、「旅バラ」も十分楽しかった。

ただ、この「旅バラ」って変な編成の番組だった。
元々は木曜日放送だったのが9月になって水曜日に移動し、水曜日での放送は4回だけで終了。
しかも、初回放送の4月18日から最終回の12月25日まで37週あったのに、実際の放送は19回だけ。
ほぼ半分しか放送回が無かった。
やっぱり、蛭子さんの体力問題かな?
なのに、「蛭子能収のひとりで行けるかな?」とか「えびつるの勝手に村おこし旅」とか、「太川蛭子の旅バラ」なのに実働は蛭子さんだけで、太川さんはナレーションだけの企画とか、蛭子さんを結構使っているし。

それに、最終回前の放送で「バスvs鉄道乗り継ぎ対決旅」という新企画を出しておきながら、その回の最後に「来週で最終回です~」と行き成りの終了宣言。
色々と試行錯誤し続けたとも言えるけれど、結構その場その場の見切り発車的な事も多かったのだろうか?

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が徐々に路線バスの路線が廃止され、その区間を歩くという部分が過酷さが受けたのかもしれないけれど、その部分で蛭子さんに限界が来て終わったのに、「旅バラ」でも視聴率がいまいちだったのかバス旅を復活させて再び蛭子さんの体力と気力を削ぐ方向に行ってしまえば、そりゃあ終わってしまうよなぁ。
「蛭子能収のひとりで行けるかな?」とか、もっと緩い感じの企画でも太川陽介と蛭子能収のコンビだったら十分おもしろかったし、それだったらもっと長く続いて、もっと楽しめたと思うのに、やっぱり太川蛭子コンビが毎週見れるという気持ちだけでも楽しかった「旅バラ」が終わってしまったのは残念。
 
 
追記

「旅バラ」が終わってから一カ月程経った2020年1月末に、太川さんと鬼軍曹こと村井美樹は引き継いで出演する「バスvs鉄道乗り継ぎ対決旅」の第二弾が放送。
その枠が「水バラ」として、単発的な二時間番組を放送する事に決定。
ただ、毎回太川さんが登場する企画ではないようで、やっぱり変な編成ではあるものの、どちらも企画に乗っ取って燃える太川さんと村井美樹のバス対電車対決の番組は、また新たな展開へと移行して、これはこれで楽しいので、時々太川企画の「水バラ」が出来た事は嬉しい。

ジャッジメント・フライ

2019年12月25日 水曜日

ブラッド・オズボーン監督、アンソニー・モンゴメリー制作・主演の2013年のアメリカ映画「ジャッジメント・フライ(Chariot)」。

トラック運転手のコールが目を覚ますと飛行中の旅客機の中だった。
コールは旅客機に乗った覚えも無く不思議に思っていると、他の六人の乗客達も同じ様に旅客機に乗った記憶が無かった。
一人の乗客が携帯電話を見つけニュースを見ると、アメリカの各都市が何らかの大規模な攻撃を受けた事を知る。
七人の乗客達は何故旅客機に乗っているのか?外では何が起こっているのか?を突き止めようとする。

出て来る場所は飛行機の中だけ。
登場する人物も十人程だけという、非常に限定された場所と人数での密室サスペンス。
発想としては今では有り勝ちで、展開もまあまあなんだけれど、中々良く転がして飽きさせないようにしていて、少作としては良く出来ていたと思う。

ただ、展開と真相の為に粗が多くなってしまっているのは結構痛い所で、そりゃあ目的も分からずに急に飛行機に乗っているとなれば問題も起こるだろ…とか、乗客を守る目的なのに操縦室の扉を開けたら問答無用で皆殺しとか意味不明過ぎるし、黒幕は用意周到過ぎるのに根本的にアホとかどうしようもないのはどうにも…。

あと、これまでの映画やドラマで疲れて来たお馴染みの展開もしょっぱさがあり、特に思ったのはこういう飛行機が舞台だと必ずと言っていい程飛行機を運転した事のない人が最終的に着陸を試みるって、これって絶対にやらないといけないんだろうか?

それと映像に関しては、ここ二十年位だと思うけれど特に安い映画やドラマで多用される手持ちカメラで画面を揺らして緊迫感を出すという演出は単純にブレブレで見難いだけだし、ただでさえ狭い飛行機の中なのに登場人物達の顔の寄りばかりで引きの映像が少なくて登場人物の位置関係とかが分かりにくいし、アップばかりで映像的に面白味が無くて見ていても疲れた。

最後のぶった切りに関しては、飛行機の中だけでの話で進めたので最後まで外見を映さないとか、外見を映すとその分お金がかかるので映さないで安く仕上げたという部分で感心してしまった。

この映画、もうちょっと脚本練ったり、映像も工夫すればもっとおもしろくなったんじゃあないかな?と思ってしまう出来。
謎で引っ張るサスペンスって、後から思い返すと色々な部分で間抜けな感じがあってしまうし、決めた話を進める為の都合の良さを感じてしまうので、どうしても見終わった後のいまいち感があるけれど、この映画もその一作。

☆☆★★★