キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2

2019年10月20日 日曜日

リチャード・フライシャー監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1984年のアメリカ映画「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2(Conan the Destroyer)」。
映画「コナン・ザ・グレート」の続編。

コナンは盗賊のマラクといる所を兵士達に襲われるが次々と返り討ちにしてしまう。
兵士達の指導者女王タラミスはコナンの力量を測る為に襲わせたが、タラミスはコナンに取引を持ち掛けた。
ジェナ姫だけが触れる事の出来る魔法使いが守っている秘宝を持って来れば、死んでしまったコナンの恋人ヴァレリアを生き返らせると言う。
コナンはマラクとジェナ姫と従者のボンバータ達と共に、魔法使いアキロや女戦士ズーラを仲間にして魔法使いの住む城へと進んだ。

前作「コナン・ザ・グレート」のヒットでの続編だけれど、シリーズがこれで打ち止めになってしまったのも分かる不味い出来。
「コナン・ザ・グレート」は色んなモノがゴチャまぜなヒロイック・ダーク・ファンタジーで中々おもしろかったのに、この続編は仲間が集まって宝物を奪い取り、それを使って更に目的の宝物を見付けるというしょうもないRPGみたいな展開で全然おもしろくない。
初めから女王が姫を生贄にする事やコナンを殺そうとしているという本来なら終盤のどんでん返しを初めからばらしているし、仲間が活躍している様でいらない気もする見た目要員だったりと、とにかく脚本がつまらない。

ただアーノルド・シュワルツェネッガーは流石で、筋肉バッキバキでトンデモない見た目。
一番最後に出て来たコナンが将来キンメリアの王となり、鎧姿で王座に座っている姿が物凄くカッコいい。
本当ならシリーズが続いてコナンがキンメリアを治める所まで行くつもりで、このカッコいいコナン王の活躍も見れたのかもしれなかったのだろうけれど、この映画の出来が悪かったのでシリーズも終了で見る事も無くて残念。
このキンメリアの王コナンの映画が見たかったなぁ…

この映画、展開や設定がぬるいし、話は間延びして退屈だし、下手に全方位向けのファミリー・ファンタジーに舵を切ってしまった事が悪い方向にしか働かなかったとしか思えない。
アーノルド・シュワルツェネッガーはコナン役がはまっているだけにダーク・ファンタジー路線でシリーズを見たかった。

☆★★★★
 
 
関連:コナン・ザ・グレート

« |

Trackback URL

Leave a Reply