Sponsored Link

中邑真輔がスマック・ダウンでデビュー

2017年05月04日 木曜日

最近はWWEは完全惰性でしか見ていなかったけれど、AJスタイルズが出て来たりして少しはおもしろくはなっていたし、今年の「レッスルマニア33」でのザ・ミズの素晴らし過ぎる観客の煽りで久々にWWEで大笑いし、大興奮したんだけれど、それに続き中邑真輔で興奮した。

This Week in WWE」を見ていたら、中邑真輔が今までNXTだったのが、「スマック・ダウン」に登場し一軍昇格の映像が流れた。
これが、入場曲流れると観客は大歓声で入場曲の大合唱。
中邑真輔は変わらずクネクネなんだけれど、まあカッコ良い。
久々に登場で興奮したぁ。
最近の傾向としてNXTで良い試合した選手とか、元々別の団体でスター選手だった人が「ロウ」や「スマック・ダウン」に上がって来れば歓声が凄いというのはあるけれど、どれだけ日本を知っている人がいるのか分からないのにこれだけの歓声って相当受けられているのか。

中邑真輔のWWEからの押しも凄く、「This Week in WWE」でも中邑真輔のエントランスは映像丸々流して、相当な好待遇。
WWEのYouTube公式チャンネルで配信しているこの動画とほぼ同じ尺で流していたし。

それにこの初登場はジョン・シナニッキー・ベラの結婚話を追い出しての登場だし、中邑真輔の抗争相手はドルフ・ジグラーだし、次回PPVの「Backlash」の宣伝でも中邑押しているし、WWEからの期待が凄い。

確かに新日本プロレスでトップを張っていた訳だし、あのクネクネはクセが凄いと言うか、個性が強過ぎると言うかで、見ていてもおもしろくてプロレスラーとしてもギミックの濃いスーパースターとしても抜群だから押すよなぁ。

WWEの日本人スターって、以前は変なギミックを与えられる事が多かったけれど、最近は外部からのWWEした有名選手は結構そのままのギミックだという事もあるけれど、中邑真輔は日本でも元々ヘンテコなギミックで人気が出たからそのままで行けたのか。

この中邑真輔の登場で、これからAJスタイルズとか、フィン・ベイラーとかのプロレス出来る人との試合とか見てみたいし、あの跳ねたザ・ミズもそうだし、急にWWE熱が上がって来た。

…にしても、以前からWWEは人は沢山いるのにスターがいない状態でヤバいだろ…と思っていたけれど、最近のWWE生え抜きが跳ねずに外様の中堅・ベテランの域に入って来たプロレスラーが多くなり、彼らに頼っているWWEって、やっぱりヤバい気が晴れないんだけれど…。

この週の「RAW」のメイン戦は「ケビン・オーエンズ&サモア・ジョー vs セス・ロリンズ&フィン・ベイラー」で最早何処の団体を見ているのか分からん状態。
WWE的には世界中の団体から良い選手を引き抜きまくって、「WWEこそが世界統一団体!!」にしたいんだろうなぁ。

« | »

Trackback URL

Leave a Reply