Sponsored Link

R-1ぐらんぷり2017

2017年02月28日 火曜日

R-1ぐらんぷり」って、「キングオブコント」や「M-1グランプリ」と違って、構えて見る必要が無いバラエティ番組位の扱いなので、サラッと見れる。

今年の「R-1ぐらんぷり2017」も全員が全員おもしろかった訳でもなく、サラッと見れた。
まあ、アキラ100%の優勝も他がいまいちだったので、まあそうかという感じだったし。
最高にしょうも無い笑いでおもしろかったけれど、似た様な裸芸人では昨年ハリウッドザコシショウ程の爆発力は無かった。
他の番組で見た時はもっとギリギリで遊ぶ様なネタしていたと思うんだけれどなぁ?流石に生放送の前では行けないのか。
しかし、チンコが見えようが見えまいが、そこで遊ぶって完全にテレビ側のネタだよなぁ。見ている方からしたら男性器が見えようが女性器が見えようが別にどうでもいい話で、テレビの限界に挑む!と言われても、最早色んな部分でインターネットによって矮小化してしまったテレビでチンコがギリギリ見えないって、そんなにおもしろい事でも無くなっていて、アキラ100%の無邪気に馬鹿な事をしているという感じを見るのが楽しいのであって、チンコ見える見えないで話題になるって、未だにそういう感じなの?

他の人でおもしろかったのはマツモトクラブおいでやす小田
流石にその一回の分かり易さが先行してしまう「R-1ぐらんぷり」ではアキラ100%に持って行かれたけれど、二人共上手いし、おもしろいし、もっと取り上げられても良いんじゃない?
最早ハリウッドザコシショウとアキラ100%と対すると同じ大会での対決にしていいのか分からん様な気がして来るし。…と言うか、この二人の優勝で「あらびき団」を見ている感覚になって来ている。

残念だったのは紺野ぶるま
今回の「R-1ぐらんぷり」では女性芸人が多かったけれど、皆が「こんな女いるよね~」とか、「イケてると思っている女をいじったり、毒を吐く」というネタばかりで、おっさんのわたしには鋭くつぼに入らないので笑わず仕舞いという事も多かった中で、同じ様にイケてる女性に毒を吐くネタだった紺野ぶるまは埋もれてしまっていた。
紺野ぶるまと言えば、やっぱり「チンコなぞかけ」の家元であり、後に絶対チンコを出さない人であるアキラ100%がいるのだから、絶対にチンコ出して上手い事言う「チンコなぞかけ」が欲しかった…。
決勝で「チンコなぞかけ」対「絶対見せないde SHOW」の対決なんておもしろ過ぎじゃん。
ゴールデン枠の生放送ではチンコを連発したらいかんのかしらん?

物凄くつぼにはまったのはアイデンティティ田島の野沢雅子ネタ。
「R-1ぐらんぷり」では少ししか喋っていなかったけれど、以前からこの野沢雅子のモノマネがおもしろ過ぎてたまらない。
別にドラゴンボールが好きな訳じゃないけれど、R藤本のベジータネタとか、渡部一丁のピッコロネタとか、BAN BAN BANの山本正剛のフリーザネタとか、そっくりなんで笑ってしまう。
「R-1ぐらんぷり」の決勝がドラゴンボールのモノマネ芸人で溢れたらおもしろいのに。

« | »

Trackback URL

Leave a Reply