ウィンブルドン2016

2016年07月14日 木曜日

毎年、決勝戦だけは見ている「ウィンブルドン選手権」。

今年の「ウィンブルドン」は、二年連続優勝して、全仏オープンでも優勝したノバク・ジョコビッチが早々と負け、決勝には順当とも言えるアンディ・マレーと、準決勝でロジャー・フェデラーに勝って上がって来たミロシュ・ラオニッチとの戦い。

ミロシュ・ラオニッチは近年では珍しいサーブ・アンド・ボレーを多用する選手で、アンディ・マレーとは対照的ではあったけれど、安定して強いアンディ・マレーがやっぱり勝った。

凄いのは「ウィンブルドン」はここ14年間、ロジャー・フェデラー、ノバク・ジョコビッチ、ラファエル・ナダル、アンディ・マレーの、所謂ビッグ4しか優勝していない事。
最強の四人で時代を回していて、今回のミロシュ・ラオニッチの様に若手が上がって来ても中々勝てないというのも「ウィンブルドン」が何か凄い事になっている。

それに、ミロシュ・ラオニッチはジョン・マッケンローをコーチに付けていたし、ノバク・ジョコビッチのコーチがボリス・ベッカーが付いていたりと、かつての名選手が今の名選手を作り出しているとか、漫画の展開みたいな事が起こっているのもしびれる話。

今年は結構あっさり気味な決勝だったけれど、やっぱり見たいのはロジャー・フェデラーの前人未到の「ウィンブルドン」優勝八度という最多優勝記録を塗り替える所。暫く、「来年こそは…!」が続いているけれど、もう34歳なのに、まだ行けそうなのは凄いよな。

« | »

Trackback URL

Leave a Reply